日本共産党相模原市議会議員(緑区)田所健太郎のタドケン通信

こんにちは!相模原市議会議員(緑区)・日本共産党の田所健太郎です。
活動の様子、話題などをお伝えします!

1年間、大変お世話になりました。

2014-12-31 16:52:17 | 趣味、その他もろもろ
 こんばんは、田所健太郎です。

 きょうは12月31日、大みそか。2014年も残すところ数時間となりました。

 このブログを開設してから121日。毎日、150~200人の方にアクセスいただいています。たくさんの方に訪問していただき、うれしい限りです。

 今年は激動の年でした。初めての事ばかりで戸惑うこともありましたが、なんとか2014年を終えることができました。突然の師走の選挙もありましたが、皆さんの大きなご支援により大躍進を勝ち取ることができ、「いい正月」を迎えられそうです。そして、さらに気を引き締めているところです。

 来年2015年は、私にとって「勝負の年」です。決意は明日、このブログで表明したいと思いますが、さらなる躍進を勝ち取るために全力で奮闘する決意です。

 

 この写真は、11月1~3日におこなわれた「赤旗まつり」の一場面です。「青年議員・候補者、サポーター大集合!」という企画で、全国の仲間が集まり、集合写真を撮りました。右側の写真は、神奈川の仲間と撮った写真です。同じ志を持つ全国の同世代の仲間と、そして神奈川の仲間といっしょに、全力で頑張ります。

 今年1年、大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!

全国高校サッカー選手権大会1回戦(遠野vs草津東)を観戦しました!

2014-12-31 16:36:35 | 相模原のこと
 こんにちは、田所健太郎です。

 きょう12月31日、相模原ギオンスタジアムで、全国高校サッカー選手権大会の1回戦・遠野(岩手県代表)vs草津東(滋賀県代表)がおこなわれ、観戦しました!私は、野球はよく見に行くのですが、サッカーをスタジアムで観戦するのは人生初。いや~、興奮しました。

 

 県立遠野高校(岩手県代表)は、24回目の出場。県立草津東高校(滋賀県代表)は、8回目の出場でした。昨日、遠野高校のサッカー部員(準レギュラー)ら46人が乗ったバスが都内で炎上するという災難に遭いましたが、けが人はなく、今日はスタンドから大きな声で声援を送っており、一安心しました。
★Yahoo!ニュース「遠野高サッカー部バス、突然炎上!選手権開会式に向かう途中」(スポーツ報知)

 試合は、3-1で草津東が勝利し、2回戦に進出。2回戦では、高校総体の覇者・東福岡高校と対戦するということです。

 プロのサッカーは、前後半45分ハーフですが、選手権大会の全国大会では、準々決勝までは前後半40分ハーフの計80分で、前後半終了時に同点の場合は即PK戦で決着をつけるということ。いろいろ、発見がありました。面白かったです。

 相模原ギオンスタジアムでは、1月2日にも試合がおこなわれます。

●1月2日
 2回戦 第1試合(12:05) 宇治山田商(三重)vs開志JSC(新潟)
 2回戦 第2試合(14:10) 静岡学園(静岡)vs佐賀東(佐賀)

 相模原で全国高校サッカー選手権大会の試合がおこなわれるのは初めてではないでしょうか?そして、相模原でおこなわれることをご存知でない方も多いのではないでしょうか。

 いい機会です!お時間のある方は是非、スタジアムで声援を送ってください!!

★日本テレビホームページ「第93回全国高校サッカー選手権大会」

-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!

2015年新春の相模原市内イベント情報

2014-12-30 20:54:26 | 相模原のこと
 こんばんは、田所健太郎です。

 今年も残すところ1日となりました。みなさん、大掃除や新年を迎える準備はお済みでしょうか?

 今日はこのブログで、2015年新春の市内でのイベント情報をお知らせします。イベント名をクリックすると、観光協会ページにリンクします。

●1月1日(木・祝)「寒中水泳大会」
 【時間】受付:12時~、開会式:12時半~(予定)、開始:13時~(概ね30分程)
 【会場】相模川 高田橋(下流)付近

●1月1日(木・祝)「さがみはら元旦マラソン」
 【時間】受付:8時~8時30分、開会式:8時45分~
 【会場】相模原ギオンスタジアム内及び外周道路
 ※詳細は、相模原市体育協会ホームページもご覧ください。

●1月6日(火)「田名八幡宮の的祭」
 【時間】12時30分~
 【会場】田名八幡宮

●1月11日(日)「上溝だるま市」
 【時間】11時~17時
 【会場】上溝商店街中央駐車場、大鷲神社
 ※詳細は、上溝商店街振興組合ホームページもご覧ください。

●1月12日(月・祝)「新春祝賀祭 相模大野のお正月」
 【時間】11時~15時
 【会場】相模大野駅北口コリドー通りほか
 ※詳細は、相模大野駅周辺商店会連合会ホームページもご覧ください。

 今回、観光協会のホームページに掲載されているイベントをご紹介しましたが、これ以外にも、各地域や神社などで新春の行事がおこなわれると思います。ぜひ、お出かけください!

-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!

防音防災フードを設置せず、リニア見物が可能に!?早速始まった、環境アセスメントとの矛盾

2014-12-29 18:44:49 | リニアについて
 こんばんは、田所健太郎です。

 今日の読売新聞に「『リニア見物』19区間可能に JR東海 防音フード設置せず」という記事が掲載されました。


 記事には、以下のことが書かれています。
 「2027年に名古屋―東京(品川)間で開業を目指すリニア中央新幹線(285.6キロ)で、リニア車両を見物できる地上走行区間が、岐阜、長野、山梨、神奈川4県12市町村の少なくとも19区間に上ることがわかった」
 「最高時速500キロで走るリニアは、風切り音による騒音被害が懸念され、JR東海は地上走行区間39キロは、線路全体をコンクリート製の防音フードですっぽり覆う方針にしてきた」
 「沿線自治体の一部からは『リニアを見ることができるようにしてほしい』との要望も出ていた。同社は人家が少ない地区では防音壁を設置するにとどめ、走行する車両が見えるようにすることを決めた」

★読売新聞ホームページ「『リニア見物』19区間可能に…防音フードなし」

●神奈川県内は、相模川橋梁(緑区小倉)
 記事によると神奈川県も含まれており、県内で地上部分を走行するのは相模原市内の2か所(相模川橋梁と道志川橋梁)のみですから、この記事で言われているのは間違いなく相模原市内の2か所です。
 さらに、道志川橋梁は山の中で、JR東海の担当者も「川で釣りに行く人しか入っていかない場所」と述べていましたので、防音防災フードを設置せずに、リニアが見物できるようにするところが、相模川橋梁(緑区小倉)であるということがわかります。

●環境アセスメントでは、「防音防災フードを設置する」
 これまでJR東海は相模川橋梁について、「騒音対策として、防音防災フードを設置する」と説明をしてきました。防音防災フードを設置することは、環境影響評価書第8章内の「騒音」のページに記載されています。

 読売新聞の記事では、JR東海が「人家が少ない地区では防音壁を設置するにとどめ、走行する車両が見えるようにすることを決めた」と書かれていますが、緑区小倉は人家が少ない地区ではなく、騒音被害が懸念される地域です。すでに、「圏央道の騒音が気になっている」という声も耳にします。JR東海の「人家が少ない」という判断基準は何なのでしょうか?

 これまで、環境影響評価(環境アセスメント)がおこなわれてきて、神奈川県では県の環境影響評価審査会でも何度も審査・議論がおこなわれてきました(JR東海は最初から最後まで「逃げ」の姿勢でしたが)。さらに、環境省、国土交通省でも議論がされてきました。環境省からは厳しい意見が付けられました。
 住民が騒音被害などを不安視し、JR東海は「防音防災フードを設置するから心配ない」と説明してきたのに、今度は「リニアが見えるようにするために、防音防災フードを設置しない」という方針転換。まったく理解できません。

 いま、事業説明会がおこなわれている最中です。JR東海はこれまで説明してきたことと方針を変えるのならば、環境影響評価をやり直し、そのデータを提示し、再度、住民に説明すべきです。年明けにでも、JR東海に問い合わせ、この場で報告したいと思います。

★JR東海ホームページ「中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価書(平成26年8月)(神奈川県)」

-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!

年末年始に相模原市内で急病になったときは・・・

2014-12-28 22:41:13 | 相模原のこと
 こんばんは、田所健太郎です。

 今日は、年末年始期間に、相模原市内で急病になったときの医療機関受診の方法についてお知らせします。


 急病になったときは、以下にお問い合わせください。

●医科
 相模原救急医療情報センター 電話 042-756-9000
 12月28日(日)~1月4日(日)は、24時間体制
 ※診療可能な医療機関を案内しますので、メモの準備をしてからお問い合わせください。
 ※医療相談・歯科案内はできません
 ※生命に関わる重症のときは、躊躇なく、119番通報で救急車を!

●歯科
 休日急患歯科診療所 電話 042-756-1501
 受付時間:8時45分~11時30分、13時15分~16時30分

●ねんざ、打撲、脱臼などのとき
 休日当番柔道整復施療所案内 フリーダイヤル0120-19-4199
 12月28日(日)~1月4日(日) 9時~17時

●子供の体調のことで判断に迷ったとき
 ・電話相談 かながわ小児救急ダイヤル 電話045-722-8000
  受付時間:18時~24時
  ※市外局番が042以外のプッシュ回線、携帯電話の場合は♯8000
 ・ホームページでの案内 日本小児科学会ホームページ「こどもの救急」

 以下のサイトもご覧ください。
★相模原市ホームページ「年末・年始に急病になったとき」

-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!

山下芳生・党書記局長らと対談!1月3日の紙面をお楽しみに~

2014-12-27 23:47:49 | しんぶん赤旗
 こんばんは、田所健太郎です。

 今日、「しんぶん赤旗」の新春企画で、山下芳生党書記局長・参院議員、きのせ明子さん(滋賀県大津市議、県政に挑戦予定)、宮城県塩釜市政に挑戦する小高洋さんと対談しました。

 対談では、日本共産党との出会い、党の魅力、総選挙での街の反応、いっせい地方選挙への決意などを楽しく、ワイワイと話しました。

 新年1月3日の「しんぶん赤旗」に掲載されるということなので、詳しい内容や写真は、紙面で!お楽しみに。

 みなさん、ぜひこの機会に、「しんぶん赤旗」をご購読ください!

★「しんぶん赤旗」のホームページは、こちら
★「しんぶん赤旗」の見本紙を希望される方は、こちらからお申し込みください!
★「しんぶん赤旗」の購読を希望される方は、こちらからお申し込みください!

-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!

政党助成金制度廃止の運動を!

2014-12-26 22:23:02 | 共産党のこと
 こんばんは、田所健太郎です。

 今日、無所属で、東京選挙区で当選した山本太郎参院議員が、小沢一郎氏が代表を務める「生活の党」に入党したというニュースを聞き、驚いたとともに、「やはり」とも思いました。

 「やはり」というのは、「政党助成金目当て」ということです。政党助成金は、5人以上の議員または直近の国政選挙で2%以上の得票を得ていると政党要件を満たし、受け取ることができます。1月1日が基準日で算定されるので、年末にこういう動きが出てくるのです。

 生活の党は、14日におこなわれた衆議院総選挙で2人しか当選できず、衆参合わせて4人という状況になりました。また、2%以上の得票を得ることもできず、政党要件を失いました。しかし、今回、山本氏が入党したことにより、議員が衆参合わせて5人となり、政党要件を満たし、政党助成金を受け取れることになりました。なお、党名を「生活の党と山本太郎となかまたち」にするとか。お遊戯会の演目みたいな名前です。

 政党助成金制度の目的について、総務省のホームページでは、「政党助成制度は、国が政党に対し政党交付金による助成を行うことにより、政党の政治活動の健全な発達の促進及びその公明と公正の確保を図り、もって民主政治の健全な発展に寄与することを目的とした制度です」と解説されています。しかし、企業団体献金はなくなりません。「政治とカネ」の問題も無くなりません。「民主政治の健全な発展に寄与」していないのではないでしょうか。

 国民1人あたり250円で計算される政党助成金は、政党を支持するかしないか、どの政党を支持するかといった考慮は一切なく、国民が「強制献金」させられるもので、日本共産党は「思想良心の自由に反し、憲法違反である」として、制度創設当時から受け取りを拒否しています。

 1995年に制度が創設されてから、政党に支給された総額は6311億2459億円にもなります。これまでに受け取ったのは35党。そのうち、27党は離合集散を繰り返して、解散や消滅しています。これまでに自民党や民主党が受け取った総額を見ると、驚きます。

 

 国会議員の定数を削減する「身を切る改革」を盛んに主張している政党がありますが、「身を切る改革」=「国民の民意の切り捨て」です。政党助成金制度を無くせば、320億円を別のことに使うことができます。国会議員の定数を削減しても320億円にはなりません。まずは、政党助成金制度をなくすべきです。

 今回の総選挙で日本共産党は、日本政治の5つの転換に加え、政党助成金の廃止も訴えてきました。このことについて、12月24日に山下芳生書記局長が記者会見で述べています。ぜひ、ご覧下さい。



【参考】
★しんぶん赤旗ホームページ「政党助成金制度廃止の国民運動を展開する 山下書記局長が会見」
★しんぶん赤旗ホームページ「税金山分け73億円 政党助成金今年最終分 共産党除く7党」
★しんぶん赤旗ホームページ「自民 政党助成金過去最高172億円 15年分 支持票超える“強制献金”」
★しんぶん赤旗ホームページ「政党助成金 政党堕落させ20年間6311億円 山分け目当て 離合集散加速」
★総務省ホームページ「なるほど!政治資金 政党助成制度」

-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!

相模原市内でリニアのボーリング調査 ―― すでに住民の理解は得られたのか!?

2014-12-25 21:57:49 | リニアについて
 こんばんは、田所健太郎です。

 今日、県立相原高校(相模原市緑区橋本2丁目)の敷地内と、相模原市緑区橋本台3丁目の2か所で、リニア関係のボーリング(地質)調査がおこなわれているのを確認しました。

●県立相原高校敷地内
 

●緑区橋本台3丁目
 

 県立相原高校敷地内では、今年の4月下旬にもおこなわれていましたので、私が知っているだけで2回目です。そのことについては、10月2日のブログをご覧ください。
★10月2日ブログ「着工同然!?橋本駅南口でまたもや、リニア関連のボーリング調査!」

 相原高校は県立高校ですので、リニア推進の神奈川県が調査の許可を出しているのでしょうが、生徒たちが学んでいる教育の場で、工事のための調査をやっていることが理解できません。

 緑区橋本台3丁目の調査場所については、道路の拡張工事の現場で、歩道の建設部分でボーリング調査がおこなわれています。

 国土交通大臣から建設着工の認可がされて、「着工」となっていますが、現在は地元住民に対する事業説明会がおこなわれているところです。「地元の皆さんに丁寧に説明して、理解が得られるように努力する」ということをJR東海は繰り返し述べていますが、それならば、既成事実のように工事の準備を着々と進めるのを止めるべきではないでしょうか。12月17日には、品川と名古屋で「安全祈願式」もおこなわれ、鍬入れもおこなわれたとか。JR東海の姿勢はまったく理解できません。

 いま、おこなわれている事業説明会でも、JR東海の相変わらずの横暴ぶり、そして、住民の切実な声に耳を傾けない姿勢があきらかで、説明会に参加した方から怒りの声が寄せられています。「丁寧に説明する」「理解してもらいたい」という姿勢がまったく見られません。

 環境破壊だけでなく、必要性すら疑問視されているリニア中央新幹線。一旦、計画をストップし、リニア中央新幹線の必要性を国会の場で再議論すべきです。今なら間に合います。まだ、南アルプスに穴は開けられていません。豊かな自然も壊されていません。間に合います。

 相原高校では、今日も動物たちがのんびり生活していました。この自然豊かな環境を壊してほしくない。私の願いです。

 


-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!

全国高校サッカー選手権大会の1・2回戦が相模原で!

2014-12-24 19:05:09 | 相模原のこと
 こんばんは、田所健太郎です。

 12月30日に開幕する第93回全国高校サッカー選手権大会の1回戦と2回戦が、相模原ギオンフィールドでおこなわれます。相模原が会場になるのは、初めてではないでしょうか。

画像をクリックすると、大会サイトに移動します

 12月31日(水)は、1回戦・遠野(岩手)vs草津東(滋賀)の1試合がおこなわれます。1月2日(金)には、2回戦・宇治山田商(三重)vs開志JSC(新潟)、静岡学園(静岡)vs佐賀東(佐賀)の2試合がおこなわれます。

 私はこれまで、サッカーの試合を生で見たことがありません。今回、高校サッカーの試合が地元・相模原でおこなわれるということで、時間をつくって、試合を観に行きたいと思います!

-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!

「だから、共産党で闘う」 ―― AERA最新号より

2014-12-23 20:30:41 | 共産党のこと
 こんばんは、田所健太郎です。

 週刊誌・AERAの最新号(2014.12.29-2015.1.5)で、日本共産党の躍進について、若者に焦点を当てて紹介しています。


 タイトルは、「だから、共産党で闘う」です。「衆院選で野党が精彩を欠く中、唯一目立ったのは、あの政党の躍進だった。共産党――もはや進むのは、この道しかない。そう思う若者たちが増えている。」と紹介されています。ぜひ、お買い求めの上、ご覧下さい。

 記事の中では、ブラック企業で苦しむ若者、原発再稼働に一貫して反対する姿勢に共感した入党した男子大学生、研修で行った沖縄で、集団自決があったガマを訪ねたことが入党を後押しした看護師の女性などが紹介されています。

 若者を使い潰す/使い捨てるブラック企業・ブラックバイトの問題、「海外で戦争する国づくり」/若い世代を戦場に送る集団的自衛権行使容認の問題、奨学金の問題、原発再稼働、特定秘密保護法の問題など、率先して取り組んできたのが日本共産党で、同じ思いを持つ皆さんとの「共同」を広げて、取り組んできたのも日本共産党です。

 ブラック企業問題では、参院にブラック企業規制法案を提出したところ、法案を提出しただけで厚労省が規制に動くなど、政治が動きました。

 私たち若い世代が声をあげれば、政治は変わる。「おかしい」ことを「おかしい」と声をあげるのは、「当たり前」のこと。しかし、それができない/できにくい社会になっているのも事実。だけど、声をあげなければ、何も変わらない。

 私も同級生の酷い労働環境の話をいくつも聞いてきました。労働関係の法律違反にとどまらず、暴力行為がおこなわれている職場もありました。学生のアルバイトでも、「閉店1時間後の22時にタイムカードを切らされて、そのあと、店の後片付けをしている」という話も聞きました。いずれも、「おかしい」状況です。

 これからの日本をつくっていくのは、私たち若い世代です。声をあげて、私たちの声が反映された日本を一緒に作っていこうではありませんか。そして、私たちの声を無視する政治には、厳しい審判を下そうではありませんか。

 若い世代の皆さん、お困りの事、ぜひ、その声を寄せてください。ご一緒に、変えていきましょう。そして、新しい日本をつくりましょう。

 この記事の隣のページでは、「オール沖縄」の勝利を伝えています。写真は、カチャーシーを踊る赤嶺政賢衆院議員。いい写真です。

-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!