日本共産党相模原市議会議員(緑区)田所健太郎のタドケン通信

こんにちは!相模原市議会議員(緑区)・日本共産党の田所健太郎です。
活動の様子、話題などをお伝えします!

リニア談合問題で、大成の元常務・鹿島の部長を逮捕 ―― 同じ日に国交省は工事実施計画(その2)を認可

2018-03-03 09:09:49 | リニアについて

 すでに報道されていますが、リニア談合問題に関して、独占禁止法違反の疑いで、大成建設の元常務と鹿島建設の部長が逮捕されました。今朝の新聞では、各紙が1面で伝えています。
 この問題では、大林組と清水建設は談合への関与を認めていて、大成建設と鹿島建設は認めていません。今回、談合を認めていない2社の幹部が逮捕されたことになります。

 これだけの大問題に発展しているにもかかわらず、JR東海は工事を計画通りに進めようとしていますが、工事は今すぐ中止すべきです。

 3月1日の日本共産党相模原市議団の代表質問では、山下伸一郎議員がこの問題を取り上げ、市長の見解を問いましたが、「現時点では、市内におけるリニア中央新幹線工事への大きな影響はないものと認識しております」、「今後も動向を注視してまいりたい」という答弁でした。

 相模原市は、リニア駅設置や相模総合補給廠の一部返還等を契機に「広域交流拠点整備」(駅前の大開発)を進めようとしていますが、リニアがこれだけ大問題になっているにも関わらず、リニアに頼ったまちづくりを引き続き進めようとするならば、市の姿勢が大きく問われてくると思います。

 大成と鹿島の幹部らが逮捕された昨日、国土交通省はJR東海が昨年9月25日に申請していた「工事実施計画(その2)」を認可しました。
 偶然のタイミングなのでしょうか。。。

 日本共産党市議団の代表質問では、リニア工事によるマンション立ち退き問題(記事が今朝の神奈川新聞に載っています)や、残土問題についても取り上げました。このことは、近日中にブログで取り上げたいと思います。

 自然環境、生活破壊のリニア。そもそも、必要性がないリニア。そして、談合疑惑まで明らかになり逮捕者まで出たリニア。
 いますぐ中止すべきです。

-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!
┏━━━━ご意見・ご相談、お気軽に━━━━┓
  日本共産党 相模原市議会議員(緑区)
        田所 健太郎
  メール:kentaro.tadokoro@gmail.com
  携 帯:070-5432-7613
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛