日本共産党相模原市議会議員(緑区)田所健太郎のタドケン通信

こんにちは!相模原市議会議員(緑区)・日本共産党の田所健太郎です。
活動の様子、話題などをお伝えします!

「さがみはら39(サンキュー)キャッシュバックキャンペーン」をご利用ください!!

2020-10-23 16:47:20 | 相模原のこと

 相模原市民のみなさん、「さがみはら39(サンキュー)キャッシュバックキャンペーン」はご存知でしょうか?

 このキャンペーンは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、営業を自粛した市内事業者の皆さんや外出を控えた市民の皆さんへの感謝(サンキュー)と地域経済の活性化を目的に実施されているものです
 10月1日時点で相模原市に住所登録がある市民が、市内のキャンペーン参加事業者で15,000円以上(複数事業者の合算可)の買い物をすると、市から3,900円がキャッシュバックされるというものです。

 キャンペーンは10月1日からスタートしており、最大39日間で11月8日まで。
 予算総額3.9億円(先着10万人)に達した場合には、その時点で終了となります。
 10月22日時点での申請者数は約33,700人ですので、まだ余裕があります。

 今日、このキャンペーンに参加している事業者さんのお話を伺いましたが、「キャンペーンをお客さんに宣伝したら、ボトルを入れてくれた」(飲食業)、「創業以来の忙しさ」(小売業)との声がありました。

 例えば4人家族のお宅が、参加事業者で7万円のテレビを購入したとします。
 すると、家族4人で応募できます(領収書は1枚でも、申請書は人数分必要)ので、市から15,600円のキャッシュバックを受け取れることになります。

 キャンペーンの詳細や申請方法、参加事業者店舗一覧は、市ホームページ内「さがみはら39(サンキュー)キャッシュバックキャンペーン」に掲載されていますので、ぜひご覧ください。

★新型コロナに関する市民アンケート実施中!ぜひ、ご協力ください★
アンケート回答は、こちら
-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!
┏━━━━ご意見・ご相談、お気軽に━━━━┓
  日本共産党 相模原市議会議員(緑区)
        田所 健太郎
  メール:kentaro.tadokoro@gmail.com
  携 帯:070-5432-7613
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

今年も、法政大学社会学部「社会を変えるための実践論」でお話しさせていただきました!

2020-10-19 20:00:56 | 日々の活動

 今日は、法政大学社会学部の「社会を変えるための実践論」という科目でお話をさせていただきました。
 私はこの科目ができた2011年度の初年度の受講生。
 議員になった後、2016年度から毎年お招きいただき、「市議会議員のしごととは?」というお話をさせていただいています。今年でもう5回目になります。

 新型コロナの影響で、大学はzoomでのオンライン講義となっていますので、私は自宅から参加。
 受講生は約60人。オンライン講義になっているため、実家から授業を受けている方も多く、茨城、福井、新潟などなど、全国各地で私の講義を見ているとのことで、ちょっと驚きましたし、韓国から来ていた留学生は韓国に戻っているとのことで、私の講義を韓国から見ているということで本当にびっくりでした!

 100分の授業時間のうち、私が約40分間、「市議会議員のしごととは」というテーマで話すとともに、今年の特別テーマとして、「新型コロナから政治の役割を考える」と題して、「新型コロナ危機から、日本の政治と社会の脆さ、弱さが明るみになったのでは」、「市場原理に任せ、『自己責任』を押し付ける『新自由主義』が破たんしたことの表れではないか」という話をさせていただきました。

 残り時間は、グループに分かれてのバズセッション。
 「私(たち)にとって、政治って何だろう?」、「普段のくらし(住んでいる市区町村、駅、大学等)で困っている、気になっている、より良くしたいことは?」という2つのテーマについてバズセッションをしてもらいました。

「私(たち)にとって、政治って何だろう?」
 ◆遠い存在
 ◆政治は、マイナスイメージしかない
 ◆ドロドロしたイメージ
 ◆派閥争い
 ◆得体のしれないもの
 ◆政治への女性進出が少ない
 ◆政治って男性がやるもの?

「普段のくらし(住んでいる市区町村、駅、大学等)で困っている、気になっている、より良くしたいことは?」
 ◆大学に向かうとき、めじろ台駅でバスが満員で乗れないことがある
 ◆路上喫煙禁止を厳しくしてほしい
 ◆喫煙できる場所を作ってほしい
 ◆夜の治安が悪い
 ◆夜道が暗い
 ◆高齢者が暮らしにくい

 すべてを書くことはできませんが、各グループ活発な議論が繰り広げられていて、とてもうれしく思いました。

 私は講義の最後に、こう伝えました。


 私の話を聞いて、少しでも政治を身近に感じてもらえて、政治に関心を持ってもらえたらうれしいなと思いました。

★新型コロナに関する市民アンケート実施中!ぜひ、ご協力ください★
アンケート回答は、こちら
-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!
┏━━━━ご意見・ご相談、お気軽に━━━━┓
  日本共産党 相模原市議会議員(緑区)
        田所 健太郎
  メール:kentaro.tadokoro@gmail.com
  携 帯:070-5432-7613
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

世田谷区で、介護職員へのPCR検査始まる ―― 相模原市でも実施するよう一般質問で求めました

2020-10-15 18:15:41 | 気になったこと

 きょう10月15日付けの「しんぶん赤旗」14面に、世田谷区で始まった介護職員へのPCR検査に関する記事が載っていました。

 記事によると、11日までに14施設の268人の検査が終わり、陽性者が2人確認されたということです。

 この検査の実施について、区当局が「早期に無症状者の陽性者の発見や濃厚接触者の特定をおこない、速やかに福祉施設の事業継続や感染拡大防止対応に取り組むことができ、無症状者の感染状況把握の重要性を認識した」と答弁していることも大変重要です。

 私は、9月25日の一般質問で、入所者・働く人・家族を守り、安心して働けるようにするために、相模原市でも、医療、介護、保育、教育、消防等で働くエッセンシャルワーカーへのPCR検査を実施するよう求めました。

 私の質問に対する市長の答弁は、「医療機関や検査機関、保健所などに負荷がかかるほか、公費負担の増大などの課題があることから、引き続き、国の動向や他市の状況とを注視したい」というもので、「どうすれば実施できるか」という視点がなく、課題ばかりを羅列する残念な答弁でした。
 相模原市は初期段階で、全国のPCR検査の10分の1を実施している積極的な自治体でしたが、今では、相模原市の上を行く自治体が出てきています。

 日本共産党市議団がおこなっている市民アンケートでは、エッセンシャルワーカーの方々から、自らの感染リスクについての不安の声や、「入所者等に感染を広がてしまうのではないか」、「家族を感染させてしまうのではないか」という声が寄せられています。

 先進的な取り組みをおこなっている自治体を参考に、本市でもエッセンシャルワーカーへの検査を実施するよう、引き続き求めていきたいと思います。

★新型コロナに関する市民アンケート実施中!ぜひ、ご協力ください★
アンケート回答は、こちら
-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!
┏━━━━ご意見・ご相談、お気軽に━━━━┓
  日本共産党 相模原市議会議員(緑区)
        田所 健太郎
  メール:kentaro.tadokoro@gmail.com
  携 帯:070-5432-7613
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

在日米軍との共同使用区域内にオープンする「相模原スポーツ・レクリエーションパーク」の内覧へ

2020-10-14 18:18:31 | 日々の活動
 今日は、相模原駅北口の在日米軍相模総合補給廠の共同使用区域にオープンする市の都市公園「相模原スポーツ・レクリエーションパーク」の内覧会が開催され、参加しました。

 相模総合補給廠は約15haが返還され、その返還地に隣接する35haは米軍との共同使用区域になっています。
 その共同使用区域のうち、約10haを「相模原スポーツ・レクリエーションパーク」として市が整備しています。

 計画では、軟式野球場(人工芝)、芝生広場、ボール遊び広場、遊具広場、人工芝グラウンドを整備する予定で、今年の11月14日に、芝生広場と遊具広場、暫定駐車場が供用開始となります。
 今後、令和3年度に人工芝グラウンド、令和4年度にボール遊び広場、令和5年度に軟式野球場、令和6年度に駐車場と管理棟が供用開始される予定となっています。


 今回供用開始になる芝生広場は1.4ha。非常に広々としていて、開放的です。


 遊具は、3~6歳エリアと6~12歳エリアに分かれていて、車いすのまま遊べる砂場などバリアフリーに配慮した遊具や、アスレチックが楽しめる遊具が設置されました。



 足つぼや背伸ばしができる大人向けの健康遊具も設置されました。



 相模原駅からすぐそばで、駐車場もあり、アクセスしやすい施設となっています。
 11月14日に一部オープンですが、多くのみなさんに利用していただきたいと思います。

★新型コロナに関する市民アンケート実施中!ぜひ、ご協力ください★
アンケート回答は、こちら
-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!
┏━━━━ご意見・ご相談、お気軽に━━━━┓
  日本共産党 相模原市議会議員(緑区)
        田所 健太郎
  メール:kentaro.tadokoro@gmail.com
  携 帯:070-5432-7613
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

相模原市でも甚大な被害が発生した台風19号からちょうど1年 ―― 緑区の被災現場を回りました

2020-10-12 18:51:57 | 日々の活動

 相模原市でも、緑区を中心に甚大な被害が発生した台風19号の上陸から今日でちょうど1年となりました。

 相模原市内の被害をあらためて振り返ると、以下の通りです(3月31日現在)。
 ●人的被害:死者8人、負傷者3人
 ●住家被害:199棟(全壊:23棟、半壊:48棟、一部損壊128棟)
 ●非住家被害:157棟(全壊:87棟、半壊70棟)
 ●施設被害額(公共土木、公立文教施設等):78億1500万円
 ●産業被害額(林産、観光被害等):35億5600万円
 ●建物被害額(住家、非住家被害):24億2500万円

 あらためて、お亡くなりになった8人のご冥福を心からお祈り申し上げます。また、台風被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

 今日は午後から、甚大な被害が発生した緑区の被災現場を数か所回りました。そして、犠牲者が発生した場所では手を合わせ、犠牲になった方のご冥福をお祈りしました。





 災害復旧工事は今も続いていて、写真にもある通り、被災住家の解体は現在もおこなわれています。

 道路や建物の復旧も急がれますが、被災した方々の暮らし、生業の復興も急がれます。
 誰一人として取り残されることのないよう、復興に引き続き取り組むとともに、頻発する大規模災害への備え、減災の取り組みの強化にも取り組んでいきます。

★新型コロナに関する市民アンケート実施中!ぜひ、ご協力ください★
アンケート回答は、こちら
-----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ 今日も「タドケン通信」をご覧いただき、ありがとうございます!ぜひ、応援のクリックをお願いします!!
┏━━━━ご意見・ご相談、お気軽に━━━━┓
  日本共産党 相模原市議会議員(緑区)
        田所 健太郎
  メール:kentaro.tadokoro@gmail.com
  携 帯:070-5432-7613
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛