ぼやかせていただいております。

”ことし・来年と好景気は続くだろうが、その先はどうなるかわからない”

2018年09月20日 00時40分16秒 | Weblog



「アメリカはご承知のとおり景気がいいが、景気のいい中で大減税をやって、政府の支出も増やそうとしている。景気が悪いときに財政出動が普通だが、今は、アン・オーソドックス(普通じゃない)というか…。その結果、FED(アメリカ金融当局)はインフレを抑えるために金利を上げなくちゃいけない。財政は拡大気味で、金融は引き締め気味っていう方向になっている。そういう意味では、これ以上、景気拡大が続くかどうかは、わからない。今のところ、ことし・来年と好景気は続くだろうが、その先はどうなるかわからない」



「トランプ大統領は、リーマンショックや、途上国との貿易で被害を受けた人たちが支持基盤になっている。貿易は一般的には利益があるんだけど、利益の方は薄く広くで、コスト(被害・負担)の方は一部の人たちや地域に集中する傾向がある。その結果、中国やメキシコなどとの貿易で、職を失ったり賃金が下がったりした人がいる。その人たちの利益を代表するのが彼の立場でそれはたぶん動かない。トランプ政権はたしかに極端なんだけど、極端なりに理由がない訳じゃない。だから『あれは、すぐにやめちゃう』と思わない方がいい」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本防衛のために、アメリカ... | トップ | 安倍やめろ!と叫んでも代わ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事