ぼやかせていただいております。

きっと感動するんじゃ?

2009年06月09日 09時41分01秒 | Weblog
野口裕之の安全保障読本



永世中立国の輸出国
 兵器輸出を「悪」とするなら「良い国」を探すことは難しい。永世中立国オーストリアの武器輸出額は、独裁国家の北朝鮮やリビアよりも数倍から十数倍。同じく永世中立国スイスも武器輸出国である。人権にはことのほかうるさいフランスもドイツも、EU(欧州連合)が89年の天安門事件を契機に実施している対中武器禁輸政策を解禁したくてウズウズしている。
 そしてお隣の韓国。昨年の軍事関連輸出が初めて10億ドルを突破、一昨年に比べ22%も増えた。中でも、契約競争でドイツを破り、トルコに技術提供した戦車「黒ヒョウ」の存在はひと際注目された。戦車の技術輸出は初めてのことだ。今年の輸出対象国は、伝統的に強かった中東・北米から中南米・アフリカへと拡大、2007年の46カ国から昨年は58カ国へと増えている。
 特に、李明博政権では、軍需産業を経済成長の新たな原動力と位置づける力の入れようだ。実際、黒ヒョウには4万2000人の雇用創出が期待されている。



んんんん。
やっぱ、日本の平和市民ネットとか、なんとか、という団体は抗議する標的を間違えている。
少なくとも、朝鮮や韓国、中国、ロシアなどの大使館前に行って、平和主義を唱えるべきだろう。でなければ意味ないでしょ。もちろん、日本の自衛隊のあり方などのにもにご不満はあるでしょうが、日本には少なくとも世界に誇る9条があり、その縛りで、平和を守っている。同じようなことも他国、就中、隣国もやってくれないと平和は守れません。
 なんなら、右翼のバスでも安く買って、白く塗り替えて、ガンガンやってもいただきたい。

 韓国に観光などいっていないで、できれば、直接、該当国に行って、デモでもやりに行ったらもっといい。

「9条、キュージョー」とか叫べば、きっと感動するんじゃいかな?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よお、わからんです。 | トップ | エジプト体操 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事