ぼやかせていただいております。

「実習生は奴隷ですか」

2018年04月23日 11時24分58秒 | Weblog




引き金は賃金トラブルだった。失踪する前月、頭痛や発熱などの体調不良で2日間欠勤したら、社長に激しい口調でなじられた。「あと1日休んだらベトナムに帰れ」。約2年間で一度も欠勤したことがない。しかも除染作業への不安を押し殺してずっと耐えてきた。「なのに、風邪で休むことも許されないの?」

 この月の給与が振り込まれた翌11月20日、怒りは臨界点に達した。休んだ2日分の給与計約1万3000円が差し引かれていた。「年間10日の有給休暇があったはず。なのにどうして」。実習先の企業を指導・支援する監理団体に理由を尋ねてみたが、返事は会社と同じだった。「文句があるならベトナムに帰れ」-
-。


過酷な労働 失踪者3倍増
 法務省によると、外国人技能実習生の失踪者は2016年は5058人で、統計が残る11年(1534人)の3倍以上に増えた。

 その背景には外国人技能実習生の過酷な労働環境がある。

 厚生労働省によると、2016年に全国各地の労働基準監督署などが監督指導した実習先は5672カ所。このうち約7割の4004カ所で、賃金不払いや「過労死ライン」(直近1カ月で100時間)を超える長時間残業などの労働関係法令違反が確認された。実習生の労災事故も相次いでおり、群馬労働局によると、県内では14~16年に42人が被害に遭った。


実習生制度について問題を指摘されてから何年経っただろうか?

国会議員とか何やってんだろうね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Englishman in Thailand --ca... | トップ | Why I think motoko rich(N... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事