ぼやかせていただいております。

自由党も前原消費増税にくっつくわけ?

2017年09月25日 21時11分16秒 | Weblog



前原、小沢両氏は小池百合子東京都知事側近らが26日にも旗揚げする新党などを加えた野党再編を探るとみられる。前原氏は24日の講演で「どう受け皿をつくるかが重要だ。(与野党の)一対一に持ち込めるか、形になるような努力をしたい」と述べた。

 連合の神津里季生会長は日本経済新聞の取材に、自由党などとの野党再編に関し「理念政策が一致した野党は1つの固まりで戦わなければならない」と指摘。前原氏にもそうした考えを伝えていると明かした。「小選挙区で与野党による一対一の対決構図にしないといけない」とも語った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Xiaomi apologises for joke ... | トップ | やめなくてもいい人がやめる... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (こんにちは)
2017-09-26 01:24:36
民進党が今回の選挙に勝つのは簡単で「増税しない」と言えば良いだけなのですが、そんな簡単なことが出来ないのですよね。固定観念にとらわれることの恐ろしさを感じます。
「政府純債務」=「民間純貯蓄」のゼロサムゲームですから、「財政再建」をすると恐慌が起きる。近代国家が出来て以来、洋の東西を問わず、何度も繰り返してきたことで、恐慌と戦争を経て最後に人類がたどりついた答えが「管理通貨制度」という、いくらでもお札が刷れる制度で、政府純債務がどれだけ増えても良いようにして、この矛盾を解決したわけです。金本位制を止めて管理通貨制度にした理由を学校で教えないから「財政再建」などと言い続けるのですよね。財務省はいまだにリカードの財政学を信奉しているようですが、リカードって江戸時代の人で金本位制、重商主義、植民地主義の世界での財政学なんですよね。
Unknown (空)
2017-09-26 01:34:30
ありがとうございます。
>民進党が今回の選挙に勝つのは簡単で「増税しない」と言えば良い

→私もそう思いますね。
財源が必要だ、ということであれば、まず、消費税以外のところからひっぱってこないと、庶民は納得いかないんじゃないですかね?

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事