ぼやかせていただいております。

Korean sex "slaves" are like Irish "slaves". NYT is like a Japanese nationalist

2018年03月18日 04時21分54秒 | Weblog





NYTの記事で、表面的にみると日本の右翼が慰安婦について言っていることをアイルランド人について言っている。




Fact vs. Fiction
The Irish slave narrative is based on the misinterpretation of the history of indentured servitude, which is how many poor Europeans migrated to North America and the Caribbean in the early colonial period, historians said.

Without a doubt, life was bad for indentured servants. They were often treated brutally. Not all of them entered servitude willingly. Some were political prisoners. Some were children.



“I’m not saying it was pleasant or anything — it was the opposite — but it was a completely different category from slavery,” said Liam Hogan, a research librarian in Ireland who has spearheaded the debunking effort. “It was a transitory state.”

The legal differences between indentured servitude and chattel slavery were profound, according to Matthew Reilly, an archaeologist who studies Barbados. Unlike slaves, servants were considered legally human. Their servitude was based on a contract that limited their service to a finite period of time, usually about seven years, in exchange for passage to the colonies. They did not pass their unfree status on to descendants.

Contemporary accounts in Ireland sometimes referred to these people as slaves, Mr. Hogan said. That was true in the sense that any form of coerced labor can be described as slavery, from Ancient Rome to modern-day human trafficking. But in colonial America and the Caribbean, the word “slavery” had a specific legal meaning. Europeans, by definition, were not included in it.

“An indenture implies two people have entered into a contract with each other but slavery is not a contract,” said Leslie Harris, a professor of African-American history at Northwestern University. “It is often about being a prisoner of war or being bought or sold bodily as part of a trade. That is a critical distinction.”


奴隷は黒人だけじゃない、アイルランド人の奴隷もいたのに、彼らは文句一つ言っていない、と右翼が宣伝しているが、正確ではない、と。

アイルランド人の場合は奴隷ではなく年季奉公だったのだ、と。たしかに、暮らしもひどく、残酷な待遇だった場合も多かったし、すすんで奉公した場合ばかりではなかったし、子供もいたが、法的には彼らは人間であり、一定期間の契約に基づいており、その子孫が、親の契約に縛れることもなかった。

ローマの奴隷から、現代の人身売買の場合まで、強制労働という意味で、奴隷とよばれることはあるが、しかし、植民地アメリカやカリブの文脈では、奴隷は特殊な意味でしか使われず、欧州人は、定義により、その中に入っていない、と。

ーーーこれはずるでしょう。

奴隷という言葉を、白人ナショナリズムのために使うか、半島ナショナリズムのために使うか、どっちにせよ、政治的意味合いが強いわけですが、やるなら統一しろよ、と私はいいたい。



日本軍慰安婦が性奴隷なら、米軍慰安婦も韓国軍慰安婦も、性奴隷。アメリカは歴史を直視せよ、と。

ここらへん、アメリカのリベラルのとても狡いところ。

認識してもらいたいのは、アメリカのリベラルってのは、しばしば、リベラルナショナリストなんですよ。
NYTが進歩的だと勘違いしている人がいますが、とんでもない話じゃないんですか?



米軍慰安婦の訴えを前にして、ガン無視した英米系記者たちの名前を僕はわすれません。


長生きして過去に伝えていく義務があるーーーああ、生きがいができてよかったなああーーーそのためにも君たちより長生きしないと。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ナマケモノが怠けているのは? | トップ | やっぱ、政治家からの圧力? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事