ぼやかせていただいております。

安倍”主導”のトランプ、北朝鮮交渉ー経済支援に、非核化後回し

2018年06月04日 21時26分35秒 | Weblog
H.S. Kim


@xcvbnm67890

フォローする @xcvbnm67890をフォローします
その他
北朝鮮と交渉した米国外交官の一人の談話「我々はCVIDを受け入れさせようと圧力をかけたがホワイトハウス(トランプ)がそれに反対した」 トランプは中間選挙に向けてそして国内スキャンダルから目をそらさせるため何らかの交渉成立が必要で、北が難色を示したCVIDより実のない象徴的成果を選択した。



JUNE 4, 2018 / 6:51 AM / UPDATED 2 HOURS AGO
North Korea shakes up top military brass ahead of Trump summit - U.S. official
Josh Smith, John Walcott
6 MIN READ





Kim Jong Un is also likely expecting to receive more international economic aid and investment soon as part of the ongoing talks and he wants to prevent corruption that plagued some past projects, Madden said.

All of the newly promoted officials are younger than their predecessors, including 63-year-old Ri Yong Gil, who is 21 years younger than Ri Myong Su.

“This points to two things: the consolidation of Kim Jong Un’s power as the sole leader of North Korea and strengthened cooperation between the North’s party and military as the country works towards further economic development,” said Yang Moo-jin, professor at the University of North Korean Studies in Seoul.

“They’re all young but capable people,” Yang said.

Lower-level U.S.-North Korean talks to prepare for the summit are continuing but have made only “halting progress”, according to a second U.S. official briefed on the discussions.

That official said U.S. negotiators’ efforts to press for definitions of immediate, comprehensive, verifiable and irreversible denuclearization by North Korea had run into opposition from the White House.

In a remarkable shift in tone eight days after cancelling the summit, citing Pyongyang’s “open hostility”, Trump welcomed North Korea’s former intelligence chief, Kim Yong Chol, to the White House on Friday, exchanging smiles and handshakes.



経済支援も受ける、だろう、というところが気になるね。

安倍親衛隊の評論家たちが言ってたよね、トランプさんの北朝鮮交渉というのは安倍ちゃんが陰で主導しているとか、なんとか・・・その結果がこのざまなのけ?

コメント

N.Korea will be the place of pilgrimage for dictators & terrorists, thanks to goofy Trump

2018年06月04日 20時57分35秒 | Weblog
Syrian President to meet Kim Jong Un in North Korea, report says
By Sheena McKenzie and Sandi Sidhu, CNN

Updated 0936 GMT (1736 HKT) June 3, 2018


The report quoted Assad as saying: "The world welcomes the remarkable events in the Korean peninsula brought about recently by the outstanding political caliber and wise leadership of HE (His Excellency) Kim Jong Un."
"I am sure that he will achieve the final victory and realize the reunification of Korea without fail," it added.
The report referred to the close ties between the two countries, and quoted Assad as saying Syria would "fully support all policies and measures" of the North Korean leadership.



buveryさんがリツイート

宮本悟(Satoru Miyamoto)



@satoru_miyamoto
31分31分前
その他
朝鮮中央通信を読んで見たら、ただの外交辞令にしか思えなかったが…

シリア大統領、北朝鮮訪問の意向 金正恩氏と会談へ https://www.cnn.co.jp/world/35120187.html … @cnn_co_jpより
コメント

Japan must be doing something right : N.Korea pleads with Japan not to put maximum pressure

2018年06月04日 20時30分08秒 | Weblog
「日本は疎外、孤立」「拉致解決済み」…北が牽制、韓国も「北を疑うな」

Japan Should Make Right Choice under New Situation: KCNA Commentary
Date: 04/06/2018 | Source: KCNA.kp (En) |



Japan must be doing something right : N.Korea is "pleading with Japan" not to "ask other countries to "cooperate in putting maximum pressure" on the DPRK


こんなに嫌がっているんだから、圧力は効いているんだろ。どんどんやるべき。

TPPのときのように、アメリカなしで、圧力の輪を拡げていくべきだ。
コメント

N.Korea should ratify the NPT, allow for intrusive IAEA inspections of nuclear-related sites

2018年06月04日 20時26分32秒 | Weblog
菅 義偉

北の具体的行動まで「制裁維持」の方針、米大統領も発言=官房長官
【ロイター通信 2018/6/4 12:13】

菅義偉官房長官は4日午前の会見で、トランプ米大統領が北朝鮮に対する「最大限の圧力」という言葉は使いたくないと発言したことについて、北朝鮮が行動するまで制裁は解除せず最大限の圧力は続くことになるとの発言も確認しており、その方針は維持されているとの認識を示した。その上で「日本としては、米朝首脳会談に向けた米国の努力は歓迎している」とした。

また、トランプ大統領は日本や中国、韓国などが北朝鮮への経済支援を負担するだろうと発言したが、「日本としては日朝ピョンヤン宣言にあるように、拉致・核ミサイル問題が解決しない限り、国交正常化も経済援助もあり得ない」との認識を示した。

米国の安全保障を理由とした高関税に対しG7各国から批判が相次いだことに関連し「こうした措置は世界経済を混乱させる。いかなる貿易上の措置も、世界貿易機関(WTO)ルールと整合的であるべき」と述べた。日本に対する鉄鋼・アルミ製品への高関税適用についても、再三の説明にもかかわらず適用除外とせず極めて遺憾だと指摘。欧州など関係国と連携し、引き続き米国と粘り強く交渉していきたいと述べた。


具体的行動ってなによ、ってところだな。

このまえの、インチキ 爆破のようなものでは駄目で、国際機関の査察が必須であろう。
コメント

Anna Fifield says she has no words: perhaps she just does not understand what she is reading

2018年06月04日 15時26分47秒 | Weblog

「泣いてもいいよ!」14県賛同=育児支援で知事同盟-仙台


赤ちゃんを暖かく見守るという主旨はいいが、わかりにくい標語ではある。

赤ちゃんが泣いてもいいのはあたりまえ。

しかし、赤ちゃんの泣き声はかわいいものだが、となりのうちの寝息が聞こえるようなアパートに住んだことがあれば、迷惑になることもあるのはすぐにピンとくるはず。

すべてのアパートに防音装置でもつけてくれるのだろうか?



Anna Fifield


認証済みアカウント

@annafifield
フォローする @annafifieldをフォローします
その他
I have no words:
14 Japanese Governors Join Movement to Allow Babies to Cry https://buff.ly/2ssJnBZ #womenomics



The project was launched in 2016 by online service provider Excite Japan Co. <3754>. Since then, it has so far won support from 160 companies along with more than 20,000 individuals. To promote the movement, the organizer is giving out stickers saying, "It's OK to cry!"

With the governors pledging their backing to the project, 100 such stickers will be distributed to each of the prefectures.

"Japanese society still tends to make mothers and fathers feel sorry for people nearby when their babies start crying," Mie Governor Eikei Suzuki told the meeting. "We'll do change such a social atmosphere."


しかし、このニュースを読んで、「言葉がない」という反応もわからんな。





BBC

Eviction threat over complaints about crying baby
By Sean Coughlan
BBC News education and family corresponde




Daily telegraph

Neighbours have a right to complain about crying babies
Shelly Horton, The Daily Telegraph
October 29, 2014 9:00pm

I THINK crying babies are a form of noise pollution. Well THAT got your attention.

It’s a topic that has come up because a Queensland couple got a note from a neighbour complaining about their crying baby.


New York Times
A Crying Baby Next Door
Image
CreditFederica Del Proposto
By Ronda Kaysen
June 24, 2017



Q. I moved into a rental in Murray Hill last November. Unbeknown to me, there is a baby next door who shares a wall with my apartment. I understand that new parents deal with crying babies, but it seems like these parents have decided to let the baby “cry it out,” and don’t try to make the baby stop. The baby cries a lot in the morning and at night when I’m trying to sleep. If I had known about this, I would never have rented the apartment. Is there any action I can take?



PJ media

Should You Call in a Noise Complaint on a Family With a Crying Baby?
BY ARNOLD CARREIRO OCTOBER 25, 2017



赤ちゃんの泣き声が騒音になりうるのは日本独自の問題でもない。


上記記事はすべて、赤ちゃんの泣き声に関する意見、ないし相談なのだが、ジャーナリストとして、no words では困るだろう。


自国の歴史や現実を知らない外国人による日本評価などあまりあてにできるものでもない。

Is Anna Fifield a sophisticated racist ? この記者は怪しい?



Anna Fifield, for some reason, indirectly supports North Korean illegal activism.



Did Anna Fifield sell her soul to the devil ?


Does Anna Fifield ‏(wapo) support Korean "diplomatic efforts" in violation of U.N. sanctions?



Anna Fifield is wrong about % of rape victim filing a report with police in Japan


コメント

日本政府も、「最大限の圧力」という表現を避ける

2018年06月04日 14時20分15秒 | Weblog

No reference to max pressure in 3-nation statement
JIJI -- JUN 04


Japan, the United States and South Korea stopped short of referring to maximum pressure on North Korea in a joint statement released after a meeting of their defense ministers Sunday.
In the statement, Japanese Defense Minister Itsunori Onodera and his U.S. and South Korean counterparts, James Mattis and Song Young-moo, confirmed that their common goal is North Korea's complete, verifiable and irreversible denuclearization.
But the statement made no mention of maximum pressure on North Korea, which was included in a joint statement released at the time of the trio's previous meeting in October last year.


圧力」避け「連携」を強調 日米韓の防衛大臣会談6/3 11:46

ツイート
 日本・アメリカ・韓国の防衛大臣が会談を行いましたが、米朝首脳会談を前に北朝鮮への対応で思惑の違いが表面化してきています。シンガポールから報告です。 (政治部・中丸徹記者報告) 会談の冒頭、小野寺防衛大臣は北朝鮮に対する「圧力」という言葉は避けて、日米韓の「連携」を強調しました。



アメリカの言う通りにする安倍ちゃん、安倍ちゃんの言う通りにする安倍右翼。


安倍ちゃんのやることはなんでも反対するが、反対するだけの野党


ーーー国や国民が抜けておるーーー日本はよくならんわなあ。
コメント

Trump is a liar

2018年06月04日 14時11分51秒 | Weblog
Michael C. Bender

認証済みアカウント



April 30: Trump says success for the Kim Jong Un summit will be measured by whether or not North Korea gets rid of its nukes

June 1: Trump says summit will be a “getting to know you” meeting


4月30日は、首脳会談が成功するかどうかは、北朝鮮が、原爆を除去するかどうかによる、と言っていたのに、6月1日には、首脳会談は相互理解のための交流会談だ、と。


この男コロコロ変わるから、周囲がさわげばまだ、変わるかもしれんのに・・・・なんで、日本から声を出さない?
コメント

China’s repression of the Uighurs is a massive abuse of human rights

2018年06月04日 13時42分44秒 | Weblog
The Economist
9時間前 ·
Even without high-tech surveillance, Xinjiang’s police state is formidable. With it, it becomes terrifying

ECONOMIST.COM
China’s repression of the Uighurs is a massive abuse of human rights
A police state like no other




Apartheid with Chinese characteristics
China has turned Xinjiang into a police state like no other
Totalitarian determination and modern technology have produced a massive abuse of human rights


May 31st 2018 | HOTAN, XINJIANG PROVINCE





But on top of that it is the home of the Uighurs, the largest Muslim group in the country, and ethnically quite distinct from the Han Chinese. A recent history of Uighur unrest—in particular bloody inter-ethnic violence in Urumqi in 2009 that followed the murder of Uighurs elsewhere in China—and subsequent terrorism have sent the government’s repressive tendencies into overdrive. Under a new party boss, Chen Quanguo, appointed in 2016, the provincial government has vastly increased the money and effort it puts into controlling the activities and patrolling the beliefs of the Uighur population. Its regime is racist, uncaring and totalitarian, in the sense of aiming to affect every aspect of people’s lives. It has created a fully-fledged police state. And it is committing some of the most extensive, and neglected, human-rights violations in the world.

The not-quite-Gulag archipelago

The government is building hundreds or thousands of unacknowledged re-education camps to which Uighurs can be sent for any reason or for none. In some of them day-to-day conditions do not appear to be physically abusive as much as creepy. One released prisoner has said he was not permitted to eat until he had thanked Xi Jinping, the Chinese president, and the Communist Party. But there have been reports of torture at others. In January, 82-year-old Muhammad Salih Hajim, a respected religious scholar, died in detention in Urumqi.

Kashgar, the largest Uighur city, has four camps, of which the largest is in Number 5 Middle School. A local security chief said in 2017 that “approximately 120,000” people were being held in the city. In Korla, in the middle of the province, a security official recently said the camps are so full that officials in them are begging the police to stop bringing people.



A significant chunk of the total Uighur population is interned in this way. If the rate of detention in Kashgar applied to the province as a whole, 5% of the Uighur population of 10m would be detained. Other evidence suggests that this is quite possible. In February Radio Free Asia (RFA), a broadcaster financed by an independent agency of the American government, cold-called 11 families at random in Araltobe, in the north of the province, far from the Uighurs’ heartland. Six said family members had been sent to camps. In a village later visited by Agence France Presse in Qaraqash county, near Hotan, a fifth of adults had been detained over four months.

Maya Wang of Human Rights Watch, an advocacy group, reckons the overall number detained may be 800,000. Timothy Grose, a professor at Rose-Hulman University in Indiana, puts the total between 500,000 and 1m, which would imply that something like a sixth to a third of young and middle-aged Uighur men are being detained, or have been at some point in the past year.



Because the government sees what it calls “web cleansing” as necessary to prevent access to terrorist information, everyone in Xinjiang is supposed to have a spywear app on their mobile phone. Failing to install the app, which can identify people called, track online activity and record social-media use, is an offence. “Wi-Fi sniffers” in public places keep an eye, or nose, on all networked devices in range.

Next, the records associated with identity cards can contain biometric data including fingerprints, blood type and DNA information as well as the subject’s detention record and “reliability status”.


A system called the Integrated Joint Operations Platform (IJOP), first revealed by Human Rights Watch, uses machine-learning systems, information from cameras, smartphones, financial and family-planning records and even unusual electricity use to generate lists of suspects for detention. One official WeChat report said that verifying IJOP’s lists was one of the main responsibilities of the local security committee. Even without high-tech surveillance, Xinjiang’s police state is formidable. With it, it becomes terrifying.



In theory, the security system in Xinjiang applies to everyone equally. In practice it is as race-based as apartheid in South Africa was. The security apparatus is deployed in greatest force in the south-west, where around 80% of Uighurs live (see map). In a city like Shihezi, which is 95% Han, there are far fewer street checkpoints, if any, and a normal level of policing. Where there are checkpoints, Han Chinese are routinely waved through. Uighurs are always stopped



Islam is a special target. In Hotan, the neighbourhood mosques have been closed, leaving a handful of large places of worship. Worshippers must register with the police before attending. At the entrance to the largest mosque in Kashgar, the Idh Kha—a famous place of pilgrimage—two policemen sit underneath a banner saying “Love the party, love the country”. Inside, a member of the mosque’s staff holds classes for local traders on how to be a good communist. In Urumqi the remaining mosques have had their minarets knocked down and their Islamic crescents torn off.

Some 29 Islamic names may no longer be given to children. In schools, Uighur-language instruction is vanishing—another of the trends which have markedly accelerated under Mr Chen. Dancing after prayers and specific Uighur wedding ceremonies and funerary rites are prohibited.


The Uighur reaction is harder to judge; open criticism or talking to outsiders can land you in jail. The crackdown has been effective inasmuch as there have been no (known) Uighur protests or attacks since early 2017. It seems likely that many people are bowing before the storm. As Sultan, a student in Kashgar, says with a shrug: “There’s nothing we can do about it.”

But there are reasons for thinking resentment is building up below the surface. According to anthropological work by Mr Byler and Joanne Smith Finley of Newcastle University in Britain, a religious revival had been under way before the imposition of today’s harsh control. Mosques were becoming more crowded, religious schools attracting more pupils. Now the schools and mosques are largely empty, even for Friday prayers. It is hard to believe that religious feeling has vanished. More likely a fair bit has gone underground.




 中国によるウイグル族の弾圧、恐怖政治、ローテク、ハイテク監視社会、全体主義


 70年以上も前の植民地支配や、侵略など歴史問題について、いまだにゴタゴタ言われている日本。

 右翼の戦い方が間違っている。

 過去の過ちは素直に認めて、中韓米の歴史問題、および現在の人権侵害についてどんどん、説教して、よりよい世界を構築していくべき。

 
 

コメント

科研費で、観光

2018年06月04日 11時38分28秒 | Weblog
2018.6.4 01:00
【政界徒然草】
科研費の使途追及が学問の自由への介入? 本質的な議論避ける国会 


そもそも「日本がすべて悪かった」という前提で、「強制連行」といった根拠が不明確な徴用工や慰安婦問題などについて、国からお金をもらって研究することは適切なのだろうか。逆も然りで「日本は全く悪くなかった」との前提で行う研究も同様に不適切ではないだろうか。


論者たちは、そういう前提はない、というだろう。結果として、日本の悪いことを指摘しているだけ、と。ただ、それだけの話し。

 科研費のあり方そのものについても看過できない事態が発生している。昨年2月、ある大学の教授が科研費を使った出張で研究と関係のない観光をしていたことが明らかになった。昨年発覚した文科省の天下り斡旋(あっせん)問題でも、「共済組合運営の病院に優秀な医師を集めるには科研費の申請機関となることが必要だ」と考えた元文科審議官が、科研費事務に精通した人物の情報提供を文科省人事課に依頼していたことが判明した。

 こうした問題は氷山の一角だとみられるが、なぜか大きな問題にはならない


こちらが問題にされるべき。

学者たちのなかで、費用の透明化について、反対するなかには、こうしたやましい使い方があるやからがいるはず。

研究内容には一切ふれず、そっちを大きな問題にすべき。

費用に関する透明化について反対する人はいまい。

コメント

核兵器は持ったもの勝ち/収容所で苦しむ朝鮮人に思いを寄せられない東京新聞

2018年06月04日 11時25分10秒 | Weblog
筆洗
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年6月3日




 六月の花嫁は幸せになる。そう伝わる「ジューンブライド」の頃合いに、詩人吉野弘さんの「祝婚歌」を思い出す方もいるだろう▼<二人が睦(むつ)まじくいるためには/愚かでいるほうがいい/立派すぎないほうがいい>。吉野さんの知り合いの弁護士さんは、離婚したいと相談してくる二人にまず、この詩を読ませていたそうだ▼相手が完璧であることを求めなさんな、という詩である。<完璧をめざさないほうがいい/完璧なんて不自然なことだとうそぶいているほうがいい>。完璧を目指し、それがかなわなければ、相手の欠点を非難し、自分だけが正しいとばかり主張していれば、関係は長続きしないだろう。息もつまる▼六月十二日の歴史的な「式」がやっと決定したようである。このカップルにも「祝婚歌」が必要かもしれぬ。トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の二人である。意見対立で一時は開催が危ぶまれたが、二人がテーブルに着くところまでこぎつけた▼これを門出に二人がともに目指す非核化という道は長く険しい。お互いの意見が完璧に通ることなどあるまい。腹も立とうが、「破局」となれば非核化、平和の道筋は再び消え去る▼<互いに非難することがあっても/非難できる資格が自分にあったかどうか/あとで/疑わしくなるほうがいい>。実りある会談と両首脳の末永き関係を願う。


おれからするとほとんど狂気だね。

ナチの収容所よりもひどいといわれる強制収容所をもつ政権の独裁者に捧げる言葉か?

核兵器というのは、物理的に巨大な破壊力をもつが、しかし、それは保持しただけで、周辺諸国の人間の精神を麻痺、破壊させてしまうほどの威力があるらしい。

核兵器が完成したーーすべては許される!

コメント

"完全な非核化がなければ日本が負担する理由はない" 

2018年06月04日 11時23分38秒 | Weblog
buvery


@buvery
フォローする @buveryをフォローします
その他
完全な非核化がなければ日本が負担する理由はないから、水面下で断るだけでしょう。RT @YoJungChen: 「北朝鮮と戦争になれば、戦費は日韓が負担。平和になれば、北朝鮮への経済援助も日中韓が負担」とトランプさんが(一方的に?)決めつけたので


ただし、北朝鮮を武力攻撃するのなら、資金を出してもよい。本来なら、国民を拉致され、核兵器によるジェノサイドで脅迫されている日本が軍事行動を起こしてもよいようなものだが、現状その能力がないので、戦費で代替しても良い。値段次第だね。

18:29 - 2018年6月3日


これはまったくその通りで、非核化ないなら、平和に役立っておらず、払う理由はまったくない。

他方、米軍によって地域の安定をはかる、というのが、共産党以外の左右の合意事項であり、北朝鮮の核開発施設への武力攻撃は、核兵器廃絶に役立ち、地域の安全にも役立つから、支払わざる得ない。


コメント

舛添氏 ”韓国人とかわらない”

2018年06月04日 07時36分51秒 | Weblog

打越 さく良

12分前 ·
‪舛添氏は政治資金の公私混同問題はともかく、韓国人学校への土地貸与では、現都知事とは異なる良識がおありと信頼していましたが…。なぜこう韓国人disりにつなげるのでしょうか。唖然。‬

日大アメフト部、その監督、コーチ、さらには理事長と、日大全体を憎しみと嫉妬と攻撃の対象とする下劣なバッシングの嵐。先王殺しまで行う韓国人とあまり変わらなくなった日本人。卑劣な集中攻撃を匿名のSNSが拡散する。その間に日本は国際政治の流れに取り残され、滅亡への道を歩んでいく。


記事
舛添要一2018年06月03日 14:55日大全体を憎しみと嫉妬と攻撃の対象とする下劣なバッシングの嵐。 - 6月3日のツイート


日大アメフト部、その監督、コーチ、さらには理事長と、日大全体を憎しみと嫉妬と攻撃の対象とする下劣なバッシングの嵐。先王殺しまで行う韓国人とあまり変わらなくなった日本人。卑劣な集中攻撃を匿名のSNSが拡散する。その間に日本は国際政治の流れに取り残され、滅亡への道を歩んでいく。



悪いと指摘する行為を(間違った一般化をした)韓国人に喩えて、批判しているーーーこれはアウトだろうね。


コメント

Japan can no longer rely on U.S. to protect it. Japan must take its destiny in its own hands

2018年06月04日 01時22分13秒 | Weblog
Merkel: Europe can no longer rely on US protection
BY JORDAN FABIAN AND MORGAN GSTALTER - 05/10/18 09:38 AM EDT



German Chancellor Angela Merkel said Thursday that Europe can no longer count on the United States to protect it, urging the continent to “take destiny into its own hands.”

It is no longer such that the United States simply protects us, but Europe must take its destiny in its own hands. That's the task of the future," she said during a speech honoring French President Emmanuel Macron, according to Agence France-Presse.

Her sharp comments came days after President Trump pulled the U.S. out of the Iran nuclear deal, angering European allies who are parties to the 2015 pact.


Macron echoed Merkel, saying European nations should not allow "other major powers, including allies" to "put themselves in a situation to decide our diplomacy [and] security for us."



イラン核合意からアメリカが離脱を発表したとき、ドイツのメルケルさんは、
単純にアメリカが欧州を守ってくれるとはもはや、限らない。自分たちの運命は自分たちに委ねなければならない
と語ったわけですね。
で、フランスのマクロンさんも共鳴。


ナショナリストの安倍ちゃんにおかれまして、


防衛でアメリカを頼っていればいい時代は終わった。日本の運命は日本人が決すべきだ


とか、そのくらい言えないのかね。

コメント

G7 expresses ‘unanimous concern and disappointment’ with U.S.

2018年06月04日 01時14分30秒 | Weblog

G7 expresses ‘unanimous concern and disappointment’ with U.S. over tariffs
BILL CURRY PARLIAMENTARY REPORTER
WHISTLER, B.C.
PUBLISHED JUNE 2, 2018
UPDATED 58 MINUTES AGO




櫻田 淳

·
  前のエントリーと関連するけれども、何れの国々であれ、それぞれの「国柄」に照らし合せて似合わぬ政策対応が早晩、破綻するのだとすれば、こういうトランプの政策対応の先々も怪しいということにならないのであろうか。
  もう一年半も経てば、既に次の大統領予備選挙が始まっているのである。同盟諸国との摩擦を引き起こした貿易政策は、トランプ支持層、特に「ラスト・ベルト白人労働者」層の生活向上に結び付いているのか。そういう噺は余り聞かないのだが…。
  日本を含めて、トランプに振り回される他の自由世界諸国は、向こう二年半をどのように乗り切るかを考えた方がいいかもしれない。


「考えた方がいいかもしれない」というのは国際政治学者としては他人事、無責任ではないかな。

他国は、

1)不快感の表明をする。

2)報復措置


などの対応をしている。

それでも駄目な場合に備えて、

3)アメリカなしでやっていけるような体制作りをする




安倍べったり、アメリカべったりではそのくらいの発想もできなくなるのか?


G7、貿易巡り亀裂鮮明 財務相会議「米に懸念・失望」
トランプ政権 経済 ヨーロッパ 北米
2018/6/3 21:08


 日本は悩ましい立場に立たされる。北朝鮮の非核化や日本人拉致問題の解決、アジアで覇権を強める中国への対抗のためには米国との連携が必要で、関係に亀裂が入る事態は避けたいところだ。


拉致問題ではアメリカはほとんど役にたつまい。

北朝鮮の非核化は結局、すべて失敗、そして、今回のざまである。

中国との対抗のために、アメリカがどれだけ頼りになるか未知数である。北朝鮮の核武装化を座視し、南シナ海の軍事拠点化もアメリカはなす術がなかった。


戦後朝日、毎日など、左翼、リベラル新聞をふくめて、アメリカ主導の安全保障に依存してきた。しかし、それには



1)アメリカの戦略的行動は正義である
2)有事にアメリカは日本の防衛してくれる


という大きな前提があった。

ところが、1)も2)も揺らいでいるのだ。


即刻日米同盟破棄とはいわない。

しかし、アメリカから距離をおいても、ある程度踏ん張れる軍事力をもつべきだ。










コメント

Kim Jong un should get the Nobel Peace Prize ?

2018年06月04日 00時58分05秒 | Weblog
Trump, Moon and Kim may declare end to Korean War in Singapore, source says
June 03,2018



シンガポールで南北米3者終戦宣言はあるか


[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] comment12Tweetshareこのエントリーをはてなブックマークに追加mixi
6・12米朝首脳会談が表面化しているなかで、米朝間のシンガポール会談直後に南北米首脳が会って終戦宣言が行われるかもしれないという可能性が提起されている。


金正恩にノーベル平和賞を!とでもいいかねないほどのお祭り騒ぎだね。



コメント