ぼやかせていただいております。

”韓国”で満ち溢れる職場でのいじめ文化

2018年05月05日 20時43分19秒 | Weblog


SEOUL, May 4 (Yonhap) -- Four out of five part-time workers in South Korea have experience of being bullied by their employers or customers, a poll showed Friday, amid public uproar over the unruly behavior of a former senior executive of South Korea's largest air carrier, Korean Air Lines Co.

According to job search portal operator JobKorea Corp., 81 percent of the 1,106 respondents said they have been exposed to abuse of power, better known as "gapjil" in Korean.

The most common type of mistreatment was verbal abuse, such as being talked down to, with 57.1 percent of the respondents saying they have experienced it.

Receiving unfair instructions or unreasonable requests followed with 47.7 percent, and being subject to arbitrary angry outbursts came third with 47.2 percent. The survey allowed multiple answers.


韓国の職場ではいじめが満ち溢れており、五人のうち四人が雇用主ないし客からのいじめを経験したことがある、と。

ーーーまあ、しかし、それは日本も似たようものじゃない、と思うけれど、それを、テキトーに民族論、文化論まで一般化し、それをあたかも韓国独自か、韓国は特にひどい、と報道するとしたらひどくね?ーー民族差別の匂いがしなくね?

そして、そうした海外からの報道を、「やっぱ、韓国サイテー、韓国死ね!韓国人は信じられない!」と喜んでいる韓国人がいたら、やっぱおかしくね?ーー自虐マゾの変態っぽくね?

日本について報道する外国特派員と日本の出羽守ってそんなもんよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

問題があれば、なくなるような制度作りが必要。

2018年05月05日 20時04分30秒 | Weblog


どこの国の人間でも信用できる人もいれば疑わし人もいる。

問題があれば、なくなるような制度作りが必要。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外国人搾取する"朝日奨学生"

2018年05月05日 19時57分58秒 | Weblog


ブラック企業だな、こりゃ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すでに聞いていたのかも?

2018年05月05日 10時28分46秒 | Weblog
トランプ氏、日米会談で在韓米軍削減に言及
2018年05月05日 06時33分T
 トランプ米大統領が安倍首相と4月に会談した際、在韓米軍の削減や撤退の可能性に言及していたことが分かった。




阿比留さんは、首相から聞いていたのかも知れませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

A macho culture is hard to eradicate. American exceptionalism is a manifestation of it.

2018年05月05日 03時44分35秒 | Weblog
machismo  a strong sense of masculine pride : an exaggerated masculinity


macho1
ADJECTIVE
Masculine in an overly assertive or aggressive way.







Recently, I was in Andalusia for a talk. Until not long ago, this southern region was one of the poorest and more macho-oriented in my country. Today it is prosperous and modern and a woman leads its regional government.

But a macho culture is hard to eradicate. At the hotel where I was supposed to stay I encountered a true macho, Manolo.


日本でも男らしさや、男の強さ、支配力を強調、崇拝するマッチョ文化があるのは確か。

しかし、アイドルなんか、なよっとした中性的な男性が人気があり、一概にはいえない。

欧州中心主義やアメリカ例外主義そのものも、国際社会における欧米のマッチョ文化のあらわれのように思うんだな、おれなんかは。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女性問題を国家をまたがる共通の問題として取り上げられない女性記者たちの罪は重い。

2018年05月05日 03時32分01秒 | Weblog
おれは出羽守ではなく、どっちかというの「でもの守」で人間どこでも似たようなもんだ、という発想だから、外国特派員のように、日本特殊論に走るやつらは嫌いなんだよねえ。

あいつら自分たちの国は罪は見ないか、軽くするために、捏造してまで、自分たちは偉い、みたいなことをやる。

CNN & AFP are wrong about % of rape victim filing a report with police in Japan

セクハラや性被害などの女性問題を国家をまたがる共通の問題として取り上げられない女性記者たちの罪は重い、と思うのであります。

韓国の民族主義や欧米の優越主義の道具に使っている。
それはそれとして、



日本では被害者がバッシング受けるから、被害者が表に出てこれない、という意見がある。
たしかに、それは正しいが、それは、アメリカでも同じこと。





1. The victim was asking for it.



2. Men get these biological urges to rape, they just can’t help themselves.



3. The victim might have made it up.


4. The victim is ruining the life of the rapist; the rapist had so many prospects.



5. The victim should not have been in that situation/known that person/lived in that neighborhood/walked down that street/gone to that bar, etc., etc.



6. People of certain races/ages/classes/backgrounds are just more prone to violent behavior.



7. The victim didn’t say no.



8. In cases of underage perpetrators: The rapist is only a child him/herself.



9. The victim should have known what he/she was getting him/herself into.



10. The victim’s parents should have taught him/her warning signs. 



被害者のほうが望んでいたんだ、被害者の捏造だ、など、被害者のほうが悪いんだ、と責め立てられる。




で、そうした女性被害者を責める女性がいるものだが、それは、




英米でも同じこと。

因みに、なんで、被害者を責めてしまうか、というと、



According to University of Massachusetts psychologist Ronnie Janoff-Bulman (link is external), we’re able to so easily believe in our personal invulnerability because of what she calls our “positive assumptive worldview.” On some level, most of us believe that that the world is basically good, that good things happen to good people, and that we, fortunately, are good people. In other words, we believe the world is generally a just and fair place.





“There’s just this really powerful urge for people to want to think good things happen to good people and where the misperception comes in is that there’s this implied opposite: if something bad has happened to you, you must have done something bad to deserve that bad thing,” says Sherry Hamby, a professor of psychology at Sewanee University.


世界は公平で、いいことは善い人に、あるいは、いいことをしたひとに、悪いことは、悪いことをした人に、あるいは、悪い人に起きるんだ、と信じる傾向があるからだ、と。

被害にあったのは、あんたも悪いことをしたからじゃないの?というわけですね。

被害者を非難することなどないように、こうした偏見は自覚しておく必要がある、と。

いずれにせよ、社会的に非難されるものだから、その結果、日本でも、




英米でも


Unreported rapes: the silent shame


Nina Lakhani Monday 12 March 2012 00:00 GMT


The devastating scale of sexual violence against women in Britain is exposed today by new research which indicates that the vast majority of victims do not report perpetrators to the police.

One in 10 women has been raped, and more than a third subjected to sexual assault, according to a major survey, which also highlights just how frightened women are of not being believed. More than 80 per cent of the 1,600 respondents said they did not report their assault to the police, while 29 per cent said they told nobody – not even a friend or family member – of their ordeal.




Negative social attitudes to rape and sexual assault victims play a big part in the reluctance of women to come forward, the survey by Mumsnet suggests. Nearly three-quarters (70 per cent) of respondents feel the media is unsympathetic to women who report rape, while more than half say the same is true of the legal system and society in general.


警察への通報率というのは、かなり低い



Study: Sexual assaults greatly underreported
Tony Gonzalez, The Tennessean Published 11:41 p.m. ET Nov. 19, 2013 | Updated 11:42 p.m. ET Nov. 19, 2013


The research council, noting that some 80 percent of sexual assaults go unreported to law enforcement, recommends the National Crime Victimization Survey adopt new approaches to interviews, including changing the wording of questions



Reporting Sexual Assault: Why
Survivors Often Don’t

It is believed that only 15.8 to 35 percent of all sexual assaults are reported to the police.
U.S. Bureau of Justice Statistics, M. Planty and L. Langton, “Female Victims of Sexual Violence, 1994-2010,” 2013; Wolitzky-Taylor et al, “Is
Reporting of Rape on the Rise? A Comparison of Women with Reported Versus Unreported Rape Experiences in the National Women’s StudyReplication,”
2010


Survivors cite the following reasons for not reporting a sexual assault:
• Fear of reprisal
• Personal matter
• Reported to a different official
• Not important enough to respondent
• Belief that the police would not do anything to help
• Belief that the police could not do anything to help
• Did not want to get offender in trouble with law
• Did not want family to know
• Did not want others to know
• Not enough proof
• Fear of the justice system
• Did not know how
• Feel the crime was not “serious enough”
• Fear of lack of evidence
• Unsure about perpetrator’s intent


メデイアが冷たい、仕返しがこわかったり、警察があてにならないかも、など、どこでも似たような理由で通報しないようである。

そうした、被害者を非難するのはいかに不合理かについて、強姦を強盗に置き換えた場合のコメディが以下。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かっちょいい、ばあちゃん

2018年05月05日 03時00分39秒 | Weblog





じいさんになって、これやりたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”Americans” are increasingly anchored to hatred of the outparty

2018年05月05日 01時43分14秒 | Weblog
Kazuto Suzuki


@KS_1013


アメリカ社会は二極化し、党派性が強まっているが、それはイデオロギーへのコミットメントが強まっているからではなく、反対派の人たちに負けないようにより態度を硬化させた結果だ、という研究が出ているとのこと。 http://www.theamericanconservative.com/articles/americas-polarization-has-nothing-to-do-with-ideology/ … @amconmagさんから



イデオロギーによる価値判断ではなく、単なる意地の張り合いで党派制が強まっているというのは、なんとなくわかる気もする。理屈がメチャクチャでも、嘘をついて誤魔化してもトランプ支持が減らないのは、トランプを支持しているというよりもリベラルに負けたくないからなのかもしれない。




いやあ、これはおもしろい記事だったなあ。




The number of consistent liberals and conservatives in the electorate remains very small. The Bible-thumping, pro-war, free-market purist is a rare creature. So is the gun-grabbing, abortion-loving, socialist atheist. Perfect conservative and liberal stereotypes are hard to find in the real world.


Especially on economic issues, Americans exhibit a remarkable consensus, for better or for worse. Across the partisan divide, most people endorse a form of welfare capitalism—we just disagree on the minutia of tax policy, regulation, and the strength of the social safety net.

This claim, that polarization is not occurring, seems at odds with our everyday experiences. People are angry about politics, and strongly dislike their political opponents even when they substantively agree with them on many policy questions.



Part of the apparent paradox may be explained by the nature of partisanship. Rather than the result of a rational analysis of various policy positions, it may be better to think of party allegiance as an element of personal identity. This is a point that many conservatives who decry “identity politics” often miss. Party politics itself can be a form of identity politics, even if our party identifications are downstream from other elements of identity, such as race, religion, and class.


In short, partisans have different motives for identifying with their parties, and these sometimes conflict. Because party identification is an important part of personal identity, we want to be good and loyal partisans and we feel good when our team wins. On the other hand, we like to imagine ourselves as rational beings, forming political opinions and loyalties according to our analysis of what is happening in the world.


From a purely rational perspective, when our party disappoints us, we should reevaluate our support for that party, becoming independent or even joining the other side. If our party identification is a crucial part of our identity, however, this is easier said than done. Party allegiance is not fixed, but it’s also not something most of us abandon easily.


According to Groenendyk, we can resolve the tension between our party identifications and our frustration with our parties by increasing our antipathy toward our parties’ opponents. In other words, we can justify our vote choice if we believe the opposing party is worse. This allows us to acknowledge our disgust with our parties without jumping ship.



Groenendyk suggested that his hypothesis could explain other curious political developments. If out-group hostility is more important to party identification than support for particular policies or ideologies, we may not actually place very many ideological demands on our parties.


“If partisans’ identities are increasingly anchored to hatred of the outparty than affection for their inparty, electoral dynamics are likely much more fluid than many accounts suggest. Thus, insurgent candidates with questionable ideological credentials (e.g., Donald Trump) may be more appealing than one might expect in the age of ideologically sorted parties.”


 純粋なキリスト教原理主義者、純粋な戦争やれやれ派も、純粋な自由市場崇拝信者、純粋な無神論社会主義者も現実にはほとんどいないのであって、アメリカ人は、例えば、経済問題では、資本主義を堅持しながら福祉も重視するという点ではおおまかに一致しているんだ、と。

 一致点が多いのに、現実の社会では2極化、対立が起きているのはなぜか?

 そこで党派性 partisanship がでてくるわけだね。

 本来、政策によって理性的に支持政党を選択すべきのように思えるが、党派というのは、自分が誰かを規定する重要な要素だから、自分の所属する党が勝つと、自分も嬉しいわけだね。自分と党は一体みたいな。

  で、米系の保守の人たちは、民族や人種などにおける弱者を代弁するアイデンティティ政治を咎める人たちがいるが、アイデンティティー政治は、実は、政党政治の一部なわけですね。

 ただ、党派性の強い人でも自分の党の政策に不満を持つことが多い。それでも、対抗する党に対する敵愾心を燃やすと、自分の党に対する政策的不満は重要でなくなってくるんだ、と。

 だから、思想的、政策的には怪しいトランプ氏みたいな人が敵愾心を煽って、大統領にもなれたのかもしれんですね。

 ーーーで、例えば、右翼なんて、経済的には共産党を支持したほうがよほどいい人達がいると私なんかは思うんだけど、そっちにいかない人の多い。フェミや左翼の人たちでも、自分たちの身内の男のしたセクハラはあまり騒がない。

 これも党派性。

 右翼なら左翼が、日本を貶めるひどい奴らだという意識、左翼なら、韓国人や在日など弱者をいじめるひどい奴らに負けたくない、みたい意識にささえられているのかもしれない。

 さらに、英米人は、個人主義で、原理・原則にしたがう、日本人・アジア人は集団主義で党派的、という区別もまやかしで、いずれにせよ、グループへの所属意識

partisanship. out-group hostility  hatred of the outparty, affection for their inparty
というのが重要な役割を演じる。

それと、外者に対する憎しみ というのは、政策や原理・原則に対する目を眩ませ、所属グループへの愛着・結束を高めるにはかなり友好な手段なのかもしれませんね。

(Individualism group thinking)









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麻生ちゃんーだめだこりゃ

2018年05月05日 01時19分10秒 | Weblog


<社説>福田氏セクハラ認定 麻生財務相は辞任せよ
2018年5月1日


セクハラの防止に関する人事院規則は「各省庁の長は防止や排除に努めるとともに、問題が生じた場合には必要な措置を迅速かつ適切に講じなければならない」と規定している。運用指針はセクハラについて「信用失墜行為、国民全体の奉仕者たるにふさわしくない非行などに該当し、懲戒処分に付されることがある」としている。
 財務省幹部らの対応は人事院規則や運用指針の精神からは程遠い。顧問弁護士に調査を依頼したことも中立性に欠けると批判を受けた。さらに矢野康治官房長は被害女性に「(被害を名乗り出るのが)そんなに苦痛なことなのか」と言い放った。
 麻生太郎財務相は「はめられ訴えられているんじゃないかとか意見がある」と語り、被害女性に悪意があったと言わんばかりだ。



懲戒処分の指針について
(平成12年3月31日職職―68)
(人事院事務総長発)


(13) セクシュアル・ハラスメント(他の者を不快にさせる職場における性的な言動及び他の職員を不快にさせる職場外における性的な言動)
   ア 暴行若しくは脅迫を用いてわいせつな行為をし、又は職場における上司・部下等の関係に基づく影響力を用いることにより強いて性的関係を結び若しくはわいせつな行為をした職員は、免職又は停職とする。
   イ 相手の意に反することを認識の上で、わいせつな言辞、性的な内容の電話、性的な内容の手紙・電子メールの送付、身体的接触、つきまとい等の性的な言動(以下「わいせつな言辞等の性的な言動」という。)を繰り返した職員は、停職又は減給とする。この場合においてわいせつな言辞等の性的な言動を執拗に繰り返したことにより相手が強度の心的ストレスの重積による精神疾患に罹患したときは、当該職員は免職又は停職とする。
   ウ 相手の意に反することを認識の上で、わいせつな言辞等の性的な言動を行った職員は、減給又は戒告とする。
  (注)処分を行うに際しては、具体的な行為の態様、悪質性等も情状として考慮の上判断するものとする。


人事院規則、懲戒処分の指針は読んだのか?参考にできなかったのか?







安倍ちゃんはお友達にもり立ててもらうタイプなのかもしれないが、しかし、お友達を庇いすぎて、自分の地位まで危うくするタイプでもある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加