こんな気持ちでいられたら

後期中年病理医が日々思うこと。
いろんなことがあるけど、ポジティブに笑顔で楽しく誠実に生きていこう!

台風のような嵐の後で

2017年04月19日 | こんきも

昨日の嵐の余韻の強風がまだ吹いている。

あちこちに、まだぬかるみが残っているけれど、すぐに乾いてしまうであろう強い日差しが差している。

昨日は、早くも各地で夏日となったようで、いよいよ春の短さが際立ってきた。

そのうち、桜が散ったら次は夏、のようになってしまうのかもしれない。

そうなると、冬の寒さが実はとても大切だということになる。今冬のように11月に降りはしたものの、ドカ雪はなかったというような塩梅だと、助かる。

だが、その冬の寒さもどれほど頑張ってくれるかよくわからない。

この暖かさが、人間の活動の結果であるのかどうかわからないという人もいれば、そうだという人もいる。

実感としては、これだけ地球を温めて、森林を減らしていたら、二酸化炭素は溢れかえって、そのうち窒息してしまうのではないかと思ったりする。

  もうすぐゴールデンウィーク

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横須賀線は大丈夫でも | トップ | スターのご推薦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

こんきも」カテゴリの最新記事