こんな気持ちでいられたら

後期中年病理医が日々思うこと。
いろんなことがあるけど、ポジティブに笑顔で楽しく誠実に生きていこう!

休みをとって教えを請いに

2018年06月11日 | 病理のこと、医療のこと、仕事のこと

有給休暇を取る理由というのは様々ある。私の考えとしてはもしもの怪我や事故に備えてとっておくものなので、元気でいるかぎりはそうそう取ることもできず結局余らせてしまう。”休むために休む”というのを上手にするのは難しい。2年目に入って、前年の繰越分を消化しないと丸々消えてしまうからとなると、さすがに少しは消化しようという気になる。

病理学会の講演の準備は遅々として進まず、というか行き詰まってきていたので、その有給をとって、その分野の先輩のところに相談しに行くことにした。

(中略)

そんなわけで、今日は疲れた。

持つべきものは良き先輩。おかげでこの間からひどく続いてきたプレッシャーから、少し抜けることができそうだ。

有給休暇をとって、わざわざ勉強しにいったなどとうそぶいてみても、結局は自分への投資だった。それもとてもいい投資で、リターンは十分ありそうだ。

普段の仕事より疲れた

ブログランキング・にほんブログ村へ←いいね!のかわりに→

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎌倉アジサイ巡り | トップ | 真実の愛なんてないけれど、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

病理のこと、医療のこと、仕事のこと」カテゴリの最新記事