こんな気持ちでいられたら

生き方、世の中、家族、医療。
日々あれこれ考えたことを書いています。

時間に抗うとは

2020年10月26日 | こんきも
10月も最終週に入ってしまった。ちょっと油断していると時間がどんどん過ぎていく。そしているうちに、私に残された時間は減り、できることも減る。どう頑張っても時の流れに棹差すことはかなわず、生きるということは何なのかと考える。何のために生きるているのか、目的がなくても生きなくてはならないものなのか。
いったん生を受けたなら、精一杯生きなくてはならない。虫も花もみな命をつなぐことのために生きる。命をつなぐとは、遺伝子を存続させることで、それはあたかも時間に抗っているかのようだ。
時間が限られている、というのは生き物にとってであり、この世を包む時間は永遠に前に進み続け、巻き戻せはしない。私たちの体を構成する細胞それぞれの命には限りがあり、役割を果たすと消えていく。細胞の命は老化するしかなく若返ることはない。そしてそれは細胞の集合体である私たちの体も同じこと。生き物だけでなく、すべてのものはやがて朽ちて消え果てる運命にある。
などということを秋が深まるにつれしみじみと感じるが、それは実は仕事から逃げたいだけだからだ。良いアイディアも湧いてこないし、一体どうしようと途方に暮れているだけ。ほんと、いよいよ追い詰められてきた。
さっさとやれ

ブログランキング・にほんブログ村へお願いします



コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日も一日秋晴れで大船フラ... | トップ | 日本学術会議の任命拒否問題... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。