こんな気持ちでいられたら

後期中年病理医が日々思うこと。
いろんなことがあるけど、ポジティブに笑顔で楽しく誠実に生きていこう!

真実の愛なんてないけれど、結婚には愛情が必要

2018年06月12日 | コロ健の恋愛、女性、ジェンダー論

その方が書かれた本を読んでいないし、あまり(目の前に置いてあれば読むかもしれないが、無ければ)読む気もしないので、知ったようなことは言えないけど、”紀州のドンファン”と呼ばれていた資産家の男性は、四千人もの女性と交際したという。交際といっても、大人なので、それなりの関係のことを指すのだろう。目についた女性を次々と陥落させていったというのは凄い。四千人なんて、私なんぞは男女合わせてもそんなに多くの人ときちんと話したことなどはない。このブログだって、そんなに多くの人の目に触れてなんていないだろう。

男性の多くは大なり小なりハーレム願望はあるが、件のドンファン氏は日々せっせと猟色し、その人数をカウントしていたようだ。でもこうしてそのことを文字にしてみると、なんだか少し滑稽で物悲しくもなる。私の旧い知り合いで、百人を目標に頑張っている男がいた。今ではそれなりの家庭を持っているようだが、顔を見るとその昔 、せっせと頑張っていた頃のことを思い出してしまい、なんだか付き合うのが面倒になり、だんだん連絡を取らなくなった。あちらもこっちがその頃のことを知っているのが嫌だったのかもしれず、嫌だったのかもしれない。

”真実の愛”なんていうものがあるとは思っていないが、四千人の異性と出会っても添い遂げられるような人とはなかなか出会えなかったというのは、一般の夫婦関係を維持することがいかに難しいことかということを示しているようだ。恋愛と結婚は別というが、それには無理がある。どのような形にしても、結婚生活には愛情が不可欠だ。結婚制度というものの是非を論じるのは難しい。一個の社会単位を作らせることで、生産性を上げさせようという、統治者の思惑もあるかもしれないが、基本的には人間関係の整理のためのシステムだろう。

お前とお前は二人仲良く暮らし、その他にはちょっかいを出すな。としておけば、丸く収まる。

そういう、社会的合意、というかルールが結婚だが、それには愛情が必要だ。愛情には多くの形態があるからこうあるべきというものが何とは言えないが、少なくとも結婚している二人を結びつける力となるものは愛情だ。逆に愛情を育むために結びつくのが結婚なのかもしれない。百人だろうが四千人だろうが、多くの異性と関係を持っても、そういうことのできる人と出会うのは難しいようだ。

ミスマッチで愛情が湧いてこない、これ以上育たない、消えてしまったというのであれば、離婚というシステムもある。無理をして結婚を維持する必要はない。

モテない男のひがみか

ブログランキング・にほんブログ村へ←いいね!のかわりに→

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 休みをとって教えを請いに | トップ | こんなことに税金が使われて... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コンバンワ (リディア)
2018-06-12 23:34:53
コロ健先生、お疲れ様です。
血圧は、その後、如何ですか?
女性目線から言えば、4千人とか聞かされると、
全員を愛することは、不可能なので、
女性を軽く見られているのかな?と思ってしまいます。
それと、コロ健先生、
奥様にモテていらっしゃるだけで、
十分じゃないでしょうか?
それが一番、大切かと。
奥様を大事に、、、。
そうですね (コロ健 to リディアさん)
2018-06-13 09:45:57
世の中には男女が半々でいるということを忘れていました。モテない(と勘違いしている)男が羨ましいと思っても、女性からは必ずしも支持されないということでしょうか。
その、モテるモテない、というのも何がそうなのか、まったくよくわからない言葉ですね。
考えさせてもらって、よかったです。ありがとうございました。
あと、血圧ですが、おかげさまで下がってます。緊張しないでいるのがいいようです。

コメントを投稿

コロ健の恋愛、女性、ジェンダー論」カテゴリの最新記事