賢太郎の物書き修行

IT系と政治関連の事件を中心にコラム風に書いています。趣味は舞台、だけど最近は殆ど観てないな~。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本の制度は追いついていない

2006-06-11 14:25:08 | 日記

On Off and Beyond 日本の夫婦別姓と辛子 という投稿より

 

国際結婚の手続きがどうなっているのか?というのは知らなかった。

戸籍に「備考」として載るだけなのか。いい加減なものだな~。

 

日本でも国際結婚の数は今後増えていくはずで、実際、結婚の件数は全体的には減っているのに国際結婚の数は逆に増えている。まあ、ご他聞に漏れず離婚も増えているのだが。。。

てことは、日本の戸籍制度や住民管理の制度も多国籍ありきで整備していくべきではないかと思う。

今後、日本では人口が減っていく傾向にある。出生率が下がる一方だし。人口を維持するためには海外からの移民受け入れは必須になってくる。

単純労働力としても勿論ながら、頭脳労働力としても移民の受け入れは必要になってくるだろう。そう考えると、外国籍の住民や納税者がいることを前提とした住民管理の政策が必要になってくると思う。

テクノラティプロフィール


コメント   この記事についてブログを書く
« 学ぶは真似る | トップ | 東証システムの脆弱性は確か... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事