さくら日記でございます。

うれしいこと、楽しいこと、わたし的オススメ品などなど
書かせてもらってます。読んでいただけたらとっても幸せです。

★野菜の精霊が話しかけてきた!奇跡の野菜「フィンドホーン」

2018-10-13 10:00:34 | 「本」


お疲れ様です。
今日は「フィンドホーン」です。
みなさまご存知でしょうか?

イギリススコットランドの北部
フィンドホーン村にある共同体です。

最初は先輩からお借りした本で
この場所を知りました。

時は1960年代です。
登場人物はアイリーン、ピータキャディの夫婦
そして友人のドロシーマクリーン
この3人がトレーラーハウスで
共同生活を始めたことからスタートします。

場所はスコットランド北部、北海につきでたところ
吹き荒れる風、小石、砂混じりのやせた土地
まわりには、大きな樹木はありません


こんな場所に、
なんと、18キロもあるキャベツ
2メートル半もあるヒエンソウ
雪の中にバラが咲いている
などなど、信じられない話が起こっている
というのです。

現在では
「フィンドホーン財団の日本語ホームページ」
も用意され、実際に現地に行って
体験することもできるようです。

では、なんでこんな奇跡が
という話です。

その指針は
アイリーンが迷走中に受け取った
神からのガイダンス

それには、三人が毎日どのように生きればよいか
ということが愛に満ちたメッセージで
伝えられました。
そんな中で、厳しい環境の中での生活が始まります。

そして、ドロシーマクリーンもメッセージを受け取ります。
「すべては ひとつの生命である。
生命をふたたび一体化するため、
あなたの役割を演じなさい。私の助けをもって」


次の日は
「あなたは園で協力することになるが、
そのとき自然の精霊たちのことを考えて働きなさい」

さらに数日後
ためしにエンドウ豆の声に耳をすませると
「人間よ、私はあなたと話すことができる。
私は自分に与えられた摂理にしたがい、
植えつけられ、形作られ、それを結実させるだけだ。
あなたは私の意識性に気づいた。
私は自分の働きをよく心得ている」


さまざな植物の声に耳をすませると
そら豆は
「最初の区画は種まきが深すぎたし、
園のいろいろな力が十分強くなるまえだった。
だからできはよくないだろう」


トマトは
「トマトには寒気がひどすぎるが、
護ってやろうと思う。
いま、液体肥料を与えなさい。
実がすこし形を成すまで、
風よけはいまのままにしておくように」

などなど、みんなの声がきこえてきます。
その結果が
考えられない、植物のみのりにつながったんですね!
農薬なんかもいらないそうです。

実際に自宅で瞑想に挑戦しても
いまのところ、私には声はとどきません。
ですが、実際に植物が実っているということは
現実にありえる出来事ですよね。

そんな声を聞けたとすれば
さらに、グットな人生を描けるのかもしれません。

他の人の話でさえも、しっかりと
耳を傾けることができない
そんな、いっぱいいっぱいの気持ちでは
こんな世界には程遠いのかなあ
なんて思います。

そして、もっとクリアでピュアなスピリットに
気持ちがなったとすれば
現実に声がきこえるかもしれませんね

憧れてしまいます。

あなたはどのように感じますか?

フィンドホーンの魔法
 
日本教文社


フィンドホーン愛の言葉
 
日本教文社


フィンドホーン セイクレッドスペース 100mlスプレー フィンドホーン フラワーエッセンス 日本国内正規品
 
ハートサポート


フィンドホーン ホーリーグレイル 30ml コンビネーション フィンドホーン フラワーエッセンス 日本国内正規品
 
ハートサポート

コメント

★幸せの原点かも、「がばいばあちゃんの笑顔でいきんしゃい!」

2018-09-28 22:30:01 | 「本」


お疲れ様です。
今日は本です。
「がばいばあちゃんの笑顔でいきんしゃい!」
1980年代、お茶の間を賑わした
漫才ブームそのパイオニアである
漫才コンビB&Bのひとり島田洋七の本です。

話の島田洋七の少年時代、佐賀で過ごした日々の
8年間の思い出が描かれます。

時代は戦後の動乱期。
もともと昭広(島田洋七の本名)は
広島で母親と生活してましたが、
その当時、女手一つで、働き、そして子育て
なかなか簡単にはいきません。

なので、昭広は佐賀のばあちゃんの家に送られ
生活することになりました。

行ってみると。ばあちゃん家は超貧乏
なかなか厳しい環境です。
ですが、ばあちゃんのアイディア、ユーモア
のなかで、すくすくと育っていく
その中でのいろんな出来事が綴られてます。

今と昔、時代が違う
なんて言ってしまえば、それまで
なのかもしれませんが、

貧乏生活の中を生き抜くなかでの
さまざまな知恵。
ユーモア。


もしかすると、物が無いけれども
こころは今よりも豊かだったのかもしれません。
そして、大切にすべきことがシンプルに
はっきりしていた
のかもしれません。

ちょっとだけ紹介すると
「人に気づかれないのが本当のやさしさ」

物が無い時代、近所の人が
俺たちに負担をかけないように
「買いすぎちゃって」とか
「腐らせるよりも」などと
「食べてもらうのがありがたい」
と言わんばかりの理由をつけて
いろんなものをくれたのだ。

また、ばあちゃんも
「これは、親切のお礼です」
などと言うことなく、ご近所の前を掃いたり
水打ちしたり、正月には餅を配ったり、
自分のできることで感謝の気持ちを表していた。
・・・

最近は近所とのつながりも
少なくなってきているように思います。
そして、あれこれ人に詮索されないのが
快適だって方も多いかもしれません。

現代の社会では
なんとも言えないかもしれませんが

生きていると人と人のつながりは
必ずあります。
みんなで仲良くやっていくには
ばあちゃんのようなやり方は
的を得てるなあ

なんて思いながら読みました。

まだまだ、いろんなエピソードがたくさん
なかなか面白かったです。

検索してみると、
映画やテレビドラマでも
やってたみたいです。

この本は、わたし的になかなか
オススメです。
興味があるかたは是非!

がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい! (徳間文庫)
 
徳間書店


佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)
 
徳間書店


島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん
 
メーカー情報なし










コメント

「愛の空間」

2018-06-07 20:50:18 | 「本」


お疲れ様です。
今日は「愛の空間」
最近ハマってる本です。
前回書いた「アナスタシア」の3冊目です。

こちらは
愛の次元における
真の子育てとは・・・?
といことで、子育てが語られてます。

といっても、私は独り者
実際の子育て体験も無いので
真実はわかりません。
なのて無責任な発言で大変申し訳ないですが
わたし的にグットな内容だなあ
って感じたので少しご紹介です。

まずは新生児は「天使」のように扱う
これは、言われなくても
私でも、天使だって思います。
なっとくです。

そして、お次がミソなんですが
「子供の思考プロセスを妨げることは
決して許されません。」
子供が遊んでいるときに
こうしなさい、ああしなさい
と言わずに
見守って
ということだと思います。

とはいっても責任ある親の立場ならば
しっかりとした躾も
必要と考えると思います。

ですが、それが逆に
こどもの自由を知らず知らずのうちに
奪い、型にはめている
そんなことも、あるんでしょうか?

おとうさん、おかあさん
どう思われますか?

私たちも親に育てられて
沢山のことを学びました
そのおかげで、現在元気にやってます。
ですが、世の中を見渡すと沢山の問題に
ぶち当たります。

すべての原因が子育てにある
なんてことはありませんが
つながりもあることは事実では
ないかなって思います。

小さい子供が無邪気に
そして考えながら、自然とふれあい
自分で学んだこと
その中に問題解決の鍵があるかもしれません。

その他にも沢山のことが書かれてます。
そして、私たちの常識と逆転した内容です。

ファンタジーなのか
実話なのか
ぶっとんだ内容です。
なので、どう感じるかは
読む人の気持ちに委ねられます。

今と違った角度の意見にも
興味があるかた
ぶっとんだお話が好きなかた
そして、
子育て中の
おとうさま、おかあさま
興味がありましたら、一読をオススメします。

コメント

「アナスタシア」

2018-05-23 09:17:32 | 「本」


お疲れ様です。
今日は本です。
ロックバーのスタージスのマスターから
お借りしました。
古本屋で見つけたということです。

メッチャ凄い内容でした。
できれば一読をオススメしたい
というか大推薦です。

「アナスタシア」とは女性の名前で
厳しいシベリアの杜で生まれ育った人です。
私たち人間はどのように生きるべきか
いろんなメッセージが書かれてます。

現代の社会のいろいろな問題の原因
それは私たちの生き方にある
日々感じているのですが
斬新に変化していくことは
とても難しです。

この本に書かれていることは
我々の一般的な常識を超えた話ばかりです。
なので、現実問題に置き換えてみると
夢物語だなあっ
という気がしてますが
現在私たちの置かれている状況は
そこから一歩踏み出す必要がある
時期に来ているのでは・・・

なんて漠然と考えてしまいました。

アナスタシアは
家も持ち物も一切持たず
厳しいシベリアの森で暮らしています。
自然と完全に調和しているのです。

野生動物と話ができます。
テレパシーで離れた場所にいる人と交信します。
複数言語を瞬時にマスターする

種を舌の裏に置いて9分間唾液に浸し
30秒手のひらの上に載せてから撒く
そして、畑に素足で入る
毎日足を洗った水を畑にまくと
自分の病気を癒す植物ができる・・・

すべて一般の常識では理解不能です。
ぶっ飛んだ話ですよね

ですが、わたし的には真実であると
感じでしまうのです。
少し頭がおかしくなってきたかな
という感じですが
興味があるかたは、
読んでみてはいかがでしょうか?

≪AI朗読≫アナスタシア: 響きわたるシベリア杉 シリーズ1[ウラジ ミル・メグレ]
コメント

★そんな事が可能なのか?20年間無敗の雀鬼が語る「運を支配する」

2018-02-05 21:59:45 | 「本」


お疲れ様です。
今日は先日図書館から借りてきた本
「運を支配する」です。

凄いタイトルです。
そんな事ができるのでしょうか?
目に見えない世界のお話ですね

「桜井章一」さんは、20年間無敗の雀鬼
「藤田晋」さんは、サイバーエージェントの社長
「Ameba(アメーバブログ)」で有名ですね
「麻雀」のタイトルもお持ちだとか

内容はなるほどって思うことが
沢山書かれてます。
「運を見方についける」ために必要なことが
いろんなエピソードとともに紹介されてます。

わたし的には、3つのキーワードが
ひっかかりました。

★一つ目は「答え」です。

小さいころから学校で習ったことには
答えがありました。
それを、こたえることができると評価されます。

ですが、
”人間が生きている世界には「答え」などない”
これが大きなメッセージだと思います。

答えがないから試行錯誤する
そして、現在の状況に最適な判断を行う
当たり前ですが、意識する、しないで
判断が違ってくるように思います。

★二つ目は「変化」です。

これも、当然です。
世の中は常に変化してます。
ですが、これは、こうしなければなりません。
って答えを決めてしまっていて
周りの観察を疎かにしている
なので、変化に対応できず、思った結果にならない
そして運が悪いと愚痴る

★三つ目は「感覚」です。

二つ目とも繋がりますが
「変化」を感じとる「感覚」
これもとうぜん、「感覚」が鈍って
状況を性格に把握できなければ
最適な判断など、できませんね

今の生活に不満がある
ってわけではないのですが
わたし的に三つのキーワードを
意識すると、もっと楽しみが広がるかなって
思いました。

はたして、今からの
人生、楽しみが待っているのでしょうか?

雀鬼 桜井章一 講演会


運を支配する (幻冬舎新書)
幻冬舎


「自然体」がいちばん強い
日本実業出版社


負けない技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「逆境突破力」 (講談社+α新書)
講談社


体を整える ツキを呼ぶカラダづかい
講談社

コメント

★芸術的な美しさと言えるのでは?「MAZDA DESIGN」

2018-01-31 21:35:32 | 「本」


お疲れ様です。
今日は「MAZDA DESIGN」の本を
図書館から借りてきました。

他のメーカが好きな方、
今日は申し訳ございません。
完全わたしの趣味に走ってしまいました。

わたしの愛車も古いですが
マツダのユーノスロードスターです。
なので最近なんだかカッコよく
なってきたマツダに興味ありです。

この本を読んで、納得です。
車創りのコンセプトが美しい。
日本の文化と最新のテクノロジーが
合体して表現してる
感じです。

コンセプトは「魂動」
愛車に「魂」を与え、人馬一体となって「動」く
そして、鼓動を構成する要素として
「凛」「艶」
「凛」はとぎすまされた品格、刀のイメージ
「艶」は命あるものが放つ色気、花のイメージ

それに「余白」「移ろい」「反(そり)」「間」
自然や、目に見えない「心で味わう美」
創り出す・・・

そんなコンセプトを車を通して表現
しているんですね。
細かいデザインは当然
ボディへの光や景色の映り込み
までこだわっているそうです。

この本を読んでると
創り手の気持ちが伝わってくるようです。
なので、興味のあるかたは
一読をオススメします。

2016 Mazda RX-VISION - Paris


MAZDA DESIGN
日経BP社


仕事がうまくいく7つの鉄則 マツダのクルマはな ぜ売れる?
日経BP社


デザインが日本を変える~日本人の美意識を取り戻す~ (光文社新書)
光文社



コメント

★究極のテーマ「老いと死について」あなたは向き合えますか?

2018-01-26 21:47:52 | 「本」


お疲れ様です。
今日は本です。「老いと死について」
すごいタイトルです。
この言葉、あんまり考えたくないですよね

生きていれは必ずやってくる現実です。
こんなテーマについて
「さわやかに生きる智慧」ってサブタイトル
がついてます。

内容については、
納得できてしまうことばかりでした。

なかでも
「人生は虚しく苦しく最後は死ぬだけ」
って言葉です。
がんばっても出世しても何も残りません
どんなにがんばっても
しわくちゃになって終わるのです。

考えたくない現実を突きつけられます。
だから自爆自棄になればいい
そんなことではありません。
力を抜いて、もっと気楽に生きていいすよ
ってことを言いたいそうです。

わたしの場合、いつもあれをしなければ
これをしなければ、もっとこうしなければ
意識せずとも、いろんなことを
勝手に考え、自分で自分を追い込んでます。

それって絶対に考えるべきこと
なのだろうか
という問の答えは
いや、考えなくてもよい
力を抜いて気楽にやっても
大丈夫そうだ
ってのがわたしの心の声でした。

アニメのワンピースの主人子の
ルフィの言葉、「気楽に行こう!」
って言ってたのも思い出しました。

ストレスの多い社会
上手く生きる秘訣は
いがいと、単純明快だったのかも
なんて感じた次第です。

興味があるかたは
この本を一読されることを
オススメします。

老いと死について
大和書房


中村元「老いと死」を語る (麗沢「人間学」シリーズ)
麗沢大学出版会




コメント

「五次元ライトボディ化に向かうあなたへ」

2017-09-13 08:28:44 | 「本」


お疲れ様です。
今日はお借りした本です。
2015年の本ですね
いろんな神様、宇宙からのメッセージです。
その当時の予言も載ってます。

まずは、タイトルに書いてある
ライトボディって?を検索してみると
「周波数の違う見えない身体」のことをいうそうです。
見えなので、これが活性化すると
いろいろな事が理解できるようです。

私たちの感じ取る能力では
なかなか理解するのは難しいかもしれません
なので、真実かいなかを
判断することはできませんが
この本の内容を通してのメッセージは
人として生活するうえで当然
大切にすべきことが書かれていました。

その中の一つ、あとがきより一文を
メモっておいきたいと思います。

--------------------------------------
自然という偉大な先生をお手本とすれば
そこに行き詰まった我々の文明を救う
隠されているヒントがあるように思います
人間は自然の一部であり、共存共栄の中にこそ
救いがあることに。
--------------------------------------

毎日の生活に流されていますが
たまに、山に登ったりすると
言葉ではなかなか表現できませんが
何かよかったって感じがあります。
それが、自然からの大切なメッセージ
かもしれないなあ
なんて、この本を読みながら感じました。

コメント

「恐山」の続き

2017-02-21 08:40:28 | 「本」


お疲れ様でうす。

今日は先日読んだ本
「恐山」の続きです。

本はもう返却してしまったのですが
ちょこっとメモった事を書いておこうと思います。

「なぜ人は死者の供養なんてことを考えるのか」

引用です。

「死者を想うと、どこか懐かしい感情が喚起される
でしょう。それは欠落したものが死者を前にして
一瞬埋まる、感じたために生じるものではないでしょうか?
私たちは生きている他者の前に立つとき、
彼らからなるべく多くのものを得たいと
思うでしょう。このとき、死活的なそれは
物などではありません。
それは好意であり
愛情であり、優しさであり、共感だあり、
尊敬であり、結局のところは、
他者から自己の存在をみとめられることです。
欠落を埋めるものとはそれなのです。

忘れられない死者とは、かつてそれを
私たちに与えた人です。

自己とは自己そのものによって
立ち上がるものではない。
それは他者によって課せられているものである。
それは名前を付けることから始まり、
誰かの子にとなり、だれかの兄弟姉妹になり、
誰かの生徒になり、だれかの友人になり、
部下になり、夫や妻になり・・・」

考えてみると
他からみとめられたい
と思うきもちは大きいです。
認められるとメッチャうれしい

でも、それがなくなってしまうと
それを埋めることができません。
すごく苦しい
なので、これを死者にあづかって
もらうってことなんでしょうか?
難しいです。

今日の金沢は雪模様、
写真は先日の晴れた日のものです
家の向かいにある梅の木でしょうか
待ち遠しいです。春よ来い!

コメント

★これが出来たら絶対に幸せ!「怒らないこと」

2017-02-19 08:32:13 | 「本」


お疲れ様です。
今日は「怒らないこと」です。

「怒り」が生まれると「喜び」を失う
といわれるとどうでしょうか?
私的には納得です。
怒っている時に喜ぶことはできませんからね

そして、「喜び」って凄く幸せな気分にみたされる
感情だと思います。

だったら「怒り」がなければ「怒らなければ」
凄くグットな人生ですね

ですが、「怒ってしまうのです」

この本では
怒りとな何かを分析し
怒りが幸福を壊すことを認識
怒らない人とはどんな感じか
そして、怒りの治め方を紹介しています。

怒りが発生したら
まず、怒りが発生した事を気づくことが第一歩
そして怒りを我慢したり抑えたり
発散したりせずにこれを観察する
これが極意みたいです。

怒っている時に冷静に観察することは
メッチャ難しいです。
ですが、幸福な人生を送りたいならい
やるべきだと感じました。

欲ばらないこと (役立つ初期仏教法話〈13〉)
サンガ


怒らないこと 2―役立つ初期仏教法話〈11〉 (サンガ新書)
サンガ


怒らない、落ち込まない、迷わない 苦を乗り越える宿題
幻冬舎
コメント