ゲストハウス・プリ / Guest House Puli

日月潭や廬山温泉に向かう拠点になる町・埔里に住むゲストハウスオーナーの個人日記です。

廬山温泉

2020年08月06日 | 名所案内

久しぶりの温泉浴です。
廬山温泉郷は、十数年前の大雨で町中を流れている川が大氾濫を起こしてしまい壊滅的なダメージを受けた温泉郷です。
山間にあるこの温泉郷は、正直いつ山崩れに遭遇するか分からない様な場所にあります。
それと九割以上の業者は、無登録で営業を続けていました。
この天災を境に、政府は同時にこのエリアを危険地帯に指定して厳しく不法業者を取り締まる様になりました。
結果、当時あった温泉業者の九割以上が廃業に追い込まれました。

現在ではほとんど廃墟と化している状況の温泉郷ですが、温泉自体(泉質)は素晴らしいので私は通い続けています。





埔里から先ず霧社まで二十キロほどの道のりを進みます。
そこから廬山温泉までは、およそ6キロの道のりです。



冷水池。一年中18度の水温を保っています。

冷水を浴びながら上を仰ぐとこんな風景が広がっていました。



休憩できるスペースもあります。





実は数週間前の高重量トレーニングで右肘靭帯を損傷していて(大谷選手みたい!)今でもコップがやっと持てる様な状況なんです。 
だから本日はちょうど良い湯治になりました。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 台風が北部を抜けました。 | トップ | 道端で『黄金果』を見つけま... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (温泉日和)
2020-08-06 10:54:46
初めてプリを訪れたときに行った温泉です。懐かしいー。このコロナ禍が収束したらまたお世話になります。ご自愛ください。
Unknown (渡部健作)
2020-08-06 15:43:23
本当にコロナがいつ収まるかわからない状況になってきましたね。台湾でもこの数日で何人か感染者が出ていますが、感染経路が分からない人もいる様で政府も必死になって感染経路の追及を始めています。

その点、日本政府の対応は明らかに非常事態だと思うのですが、’本当の能天気’だなと感心させられますよ。

私の予想ですと、政府は将来的にもロックダウンには踏みきらないはずなので、ワクチンの開発が成功しないとコロナ禍は終わらないと思います。

コメントを投稿

名所案内」カテゴリの最新記事