ゲストハウス・プリ / Guest House Puli

日月潭や廬山温泉に向かう拠点になる町・埔里に住むゲストハウスオーナーの個人日記です。

『蘇澳』の漁港で魚の浮き袋を食べました。

2020年11月21日 | 日記

【漁港で見かけた’フカヒレ’。】
お店の人に「お前の国の人たちが大好きだから買え!」と押し売りされたフカヒレ。(PS:買っていません。)
昨日のブログの続きです。
埔里から羅東の更に先にある冬山郷に到着後、早速’私の宿の常連客(現在冬山に長期で滞在中の日本人)’と
合流してから漁港へ向かいました。私達が向かった場所は、炭酸泉の冷泉で有名な『蘇澳』と言うエリアです。
本来私の目的は新鮮なお刺身でしたが、結局理想どおりの食材が見つからず最終的に道端の海鮮料理店
へ入って珍しそうな料理を注文しました。


で、注文したのがこの写真左上の『魚の浮き袋』を炒めた料理でした。
以前私は小琉球で炒めたスズキ(魚)の胃袋を大量に食べた事がありましたが、今回は’魚の浮き袋’です。
味付けは甘辛くしてもらったのですが、独特の食感で美味しかったです。
それと、宜蘭一帯で有名な「鴨賞」と呼ばれている鴨肉もたくさんいただきました。


『私のパーソナル遊び友達のN氏』と久しぶりの再開! 元気そうで何よりでした。来月又私の宿に戻ってきます。
今回の東北旅行で色々と訪れたのですが、N氏には全てお供してもらいました。



夜は私が年に数度は訪れている『礁溪温泉』へ行って来ました。
こちらの裸風呂の入浴料金は70元だけ。夜中の1時まで営業しています。



コメント   この記事についてブログを書く
« 二泊三日で遠出をして来ました! | トップ | 鳩之澤温泉(太平山)に行っ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事