ゲストハウス・プリ / Guest House Puli

台湾ゲストハウス紹介。日月潭に近く綺麗なドミトリー完備http://www.guesthousepuli.com/

ブノン族部落・法治村

2018年10月04日 | 名所案内

【人口600人程の法治村】
日本統治時代、この辺りは広範囲に渡って『卓社』と呼ばれていたエリアで、何ヶ所も原住民部落がありました。
『法治村』は比較的大きな村で、インフラもかなり整えられていて、警察署や日本人が駐在する診療所なんかもありました。
今では、道路もしっかりと整備されているので、埔里市内から車で40分程で行ける山間にある部落です。


埔里から向かうと先ずこのゲートを通過する事になります。





農作物を栽培して鶏を飼う。時々イノシシやキョン等の狩を行う。皆さんすごく素朴な生活をしています。
ほぼ自給自足の生活。特に何があると言う様な部落ではありませんが、いつ来ても景色だけは良いので気分が良くなります。
因みに部落には電気は通っていますが、ガスが無いので、今でも薪(まき)を利用している家庭がたくさんあります。


崖の中盤に以前の道の痕跡があります。いつも見る度に、すごい所を歩いていたんだなと関心させられます。



日本人が住んでいた『日本人村』の痕。
今では川の底に沈んでいて、当時の吊橋の橋桁だけが川から突き出しています。(写真右の方に吊橋の橋桁あり)。

法治村へ行かれる方へ:埔里市内からもバスが出ていますが、便数が非常に少ないで事前に調べて行った方が無難です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 密林で『ヘゴ』探し。 | トップ | 台湾最大のクワガタ虫 注意... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

名所案内」カテゴリの最新記事