ゲストハウス・プリ / Guest House Puli

台湾ゲストハウス紹介。日月潭に近く綺麗なドミトリー完備http://www.guesthousepuli.com/

『霧社事件』の末裔が住む『川中島部落』へ行って来ました。

2019年09月27日 | 名所案内

【川中島(現:清流部落)】
私が年に十数回は訪れている部落です。
埔里からバスで一時間ほどで行けるこちらの部落には、今でも霧社事件を起こした人たちの末裔たちが住んでいます。
【第二の霧社事件と呼ばれている惨殺事件の生き残りたちが、当時強制的にこちらへ移住させられた場所です。】

私の宿には今までに『霧社事件』の軌跡を辿ってみたいと言う方たちが大勢訪れました。
『事件現場』『部落』『花岡一郎、二郎のスクレダン(花岡山:大量自殺現場)』『モナ・ルダオの孫娘』『雲龍橋』...。
この町でゲストハウスの営業を始めてもうすぐ九年。
皆さんの要望(ほとんどガイドで同行。)に答えている内に、私自身霧社事件関連の知り合いができたり、たくさんの体験ができました。
『霧社事件』、知れば知るほど面白いですよ。




私の友人が経営(?)しているお店です。
自分の畑や近所で採れたものを直売しています。


私がいつもこちらへ行く度に買っている放し飼いされている『地鶏の卵』。
たぶん丁寧に温めると孵化する可能性大です(笑)


埔里から川中島へ行く途中に通過する『大坪頂』と言う場所は、台湾全土の90%以上のパッションフルーツが栽培されています。



『刺葱』香辛料の一種です。台北エリアの烏来に住むタイヤル族の人たちも食べていますが、ちょっとすごい味ですよ。


『馬告』。山の胡椒と呼ばれている香辛料で、原住民の人たちは肉料理によく使っています。



『馬告の葉と茎』。太陽干しにした’葉や茎’です。こちらでは’卵の煮付け’に使っていました。

良い感じに味が染み込んでいて美味しかったです。1コ/十元(35円ほど)。

『川中島部落』、いつ来ても気持ちの良い場所です。









コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 『馬告(山胡椒)』を探しに。 | トップ | コーヒーの収穫時期の様です。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
霧社事件 (温泉日和)
2019-09-30 15:54:48
若き日のモーナ・ルダオは北部タイヤル族の討伐に日本軍に参加して協力していたのですね。マラリヤ蚊の多い川中島への強制移住、第二霧社事件、高砂義勇隊など読了しました。複雑で気持ちがまとまりませんが、また寄らせて頂ければと考えております。

コメントを投稿

名所案内」カテゴリの最新記事