ゲストハウス・プリ / Guest House Puli

日月潭や廬山温泉に向かう拠点になる町・埔里に住むゲストハウスオーナーの個人日記です。

3千m級の山越えで花蓮へ行って来ました。

2020年07月16日 | 名所案内

花蓮へスクーターで1泊旅行に行って来ました。
目的は、『久しぶりの山超え(東へ抜ける)』と『花蓮在住の二十年来の友人(日本人)に会う』事です。
埔里を出発した時は快晴でしたが、山エリアに入ると霧が立ち込めていました。
因みに気温は十度ぐらい...。けっこう冷えました。


この辺りで標高が2500m程です。
既に雲の上を走っています。


だんだんと天気も回復して来て良かったです。


新車はやっぱり良いですね。
以前のバイクと違って、故障の心配が少なくて済みます。


最高地点の武嶺(3275m)を超えて、30分ぐらい進んだ場所です。凄まじい景色が続きます。
この辺りまで来ると観光客もほとんど訪れない(殆どが武嶺で埔里方面へ引き返す)ので運転しやすいです。
このまま、下り道をひたすら進みます。


標高が二千メートル以下になると植物の種類が極端に増えます。
山の中をグネグネと、この様な道が永延50kmぐらいは続きます。



この辺りには台湾でも珍しい動物たちが生息しています。
私はまだ遭遇した事がありませんが、台湾黒熊(台湾の固有亜種:タイワンツキノワグマ)も生息しています。



ああああ.....。台湾最大のクワガタ虫、『鬼艶鍬形蟲』が車に轢かれていました。残念。
私のバイクの走行スピードは、速い時は80キロ以上出しますが、道端にいる虫たちを瞬時に見つける事ができます。
(仮面ライダーの様な特殊能力と皆さん絶賛してくれています  



やっと人間が住むエリアに到着しました。





道端では、この辺りで収穫された果物類が売っていました。



『天祥』を超えると『タロッコ渓谷』の始まり(正確には山から下っているので’終わり地点’)です。
『タロッコ渓谷』は ’ 渓谷 ' ですから、メインは川が流れている下の方の風景です。
《以下、風景》







東エリアは、山を超えると海が広がります。
お昼ごろに到着したので、漁港へ直行して久しぶりのお刺身を味わいました。















コメント (5)   この記事についてブログを書く
« スクーターでウロウロと。 | トップ | 午前中に『烏龍茶の畑』に行... »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しん)
2020-07-18 03:30:42
こんにちは
おー、新車。 良いですねぇ

私も、また山越えの花蓮に行ってみたい。
行けるようになるのは、何時になるんですかねぇ...
残念でなりません。
Unknown (渡部健作)
2020-07-18 08:45:39
今年は仕方ないですよ。又次回来られる時は一緒に何処か行きましょう!
Unknown (アッチ)
2020-07-19 15:56:43
山越えで花蓮ですか。羨ましい限りです。私も死ぬまでに一度は越してみたいですがそれまでに新型コロナは終息するかなぁ?
Unknown (渡部健作)
2020-07-19 23:56:27
アッチさん
何を縁起でもない事を言ってるんですか~
山超えの方法は自分で運転しなくても、タクシー等のチャーターやバス乗り継ぎ等でも行く事ができますよ。私の妻も数年前に私と一緒に車で埔里から花蓮へ行きましたが、台北に住んでいるので戻りは電車で花蓮から直接台北へ戻っていました。片道だけ山超えで、戻りは電車ならそんなに疲れないと思いますよ。
懐かしい (温泉日和)
2020-07-22 10:40:47
天祥から有名な海岸線への写真は2年前に花蓮にいった旅行を思出ださせてくれました。タロコ渓谷を散策したり、20kmほど離れた有名なお寺で話が弾んだ方たちが花蓮の中心地のホテルに無料で送ってくださったり(もちろん固辞したのですが)と台湾の人たちの暖かさを感じた旅でした。花蓮からプリにバスで行けるんですか?豊原発のバスが廃止になったと聞いてますが。

コメントを投稿

名所案内」カテゴリの最新記事