night garden > reboot
by Kenny Seed





 
 ※注意
 以下の作業は root権限を獲っていることが前提になります。
 また、安易に作業して失敗すると回復不能になることも考えられるので、細かい手順はあえて書いていません。
 内容については、なにがあっても、Kenny Seedは一切関知しません。
 
 <><><><><>
 
 ConnectBotはオープンソースであるので、これを修正/リコンパイルして LifeTouch NOTE 専用バージョンをつくるのも一つの手段。
 しかし、LTNのキーボードが非標準である以上、根本的な解決にはならないと思い、システムのキーマップを変えることにした。
 
 /system/usr/keylayout/nvec_keyboard.kl
 これが、LTNのキーマップの設定ファイル。 
 
 まず「A」の横の Menu(位置的に Ctrl)を「トラックボールのクリック」に。
 key 56 の MENU を DPAD_CENTER にする。
 
 Esc を 「戻る」ボタンにする。
 key 1 の ESCAPE を BACK にする。
 
 これで、Android Terminal Emulatorで、
 Back button behavior → Send ESC to terminal
 Control key → jog ball
 に設定していれば、ごく普通に ESCと CTRLキーが使えるようになる。
 
 瓶詰堂様版 ConnectBotも同じ。
 Backに入れ替えたはずの Escが ESCとして働くのも妙な感じだが、まぁよしとする。
 (Ctrlキーが入れ替わらなかったのと同じく、静的なハードのコードを読んでいるからではないかと思う)
 
 他のアプリでも Escキーが Backとして動くと、これがむしろ Androidでは自然なキーボード配置なのだと感じる。
 Escキーが消滅したので Fn + Escで ATOKの ON/OFFが出来なくなるが、これは「変換」キーで出来るので問題ない。
 
 同じ要領でかなり大幅にキーの入れ替えをしている。

・無変換 → Ctrlキーに。
 無変換キーを Ctrlにすると「親指CTRL」が出来るので Macintoshと同じ感覚になって便利。
 
 この LTNでは ALTを挟んで Ctrlが二つ、Aの横に「UNIX用 Ctrl」、計3つも Ctrlが有ることになる。
 普段 knoppixで使っている ThinkPadも同じ状態なので、自分的には問題ない(笑)

・Deleteキーを Backに、Insertキーを Menuに。
 これで暗がりで操作しても迷わない。
 
 他にも色々入れ替えて、キートップを入れ替えられる分は入れ替えてある。
 
 <><><><><>
 
 巷にあふれる Windows用の変態みたいなキーボードよりはるかにマシとはいえ、LifeTouch Noteのキーボードは詰めが甘く残念。
 開発時期が Androidがハードウェアキーボードを正式サポートする前後だったから仕方ないのか。
 とはいえ、一般のキーボードとコードを揃えるぐらいの配慮は欲しかった。
 

読んだよ!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« LifeTouch NOT... Android: ある... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。