けんけんブログ -guide diary-

国際山岳ガイド近藤謙司の冒険案内記!
“ハイキングからチョモランマまで”

新・ドロミテ・ヴィアフェラータウィーク!<前編>

2009-08-15 07:57:31 | ヨーロッパアルプス
8月の第一週は、私のミッションも第4ステージに入り、
イタリアのドロミテ地方コルチナ・ダンペッツォに行って来ましたが、
PCを接続するのが難しく滞在中にアップできませんでした。
メインフォトは、トーレ・トブリーノ山頂のAGヴィアフェラータチーム!
バックに見えるのは、右奥がドライ・チンネ、左奥がモンテ・パテルノです!


アルプス山脈の南側、イタリアの明るく暖かい雰囲気の中で毎日岩を登りました。

僕は今から25年も前に今井通子先生のお供として、ヴィアフェラータのメッカ、
ここドロミテに来て、登山のスタイルに大きな衝撃を受けました。
「岩山なんて、限られた人だけのものじゃないんだよね。」って!

ハーネス&ヘルメット、そして専用のデバイスと多少の知識があれば、
誰でも名峰へ登頂することができるようになっていて、受け入れ体制も整ってる。

通常の岩登りだと、ガイド一人に対して、2名程度しか案内できませんが、
このヴィアフェラータのシステムがあれば1対8も可能といわれています。
ワイワイと共通した時間を皆で過ごすことができるのも魅力のひとつだと思います。
とってもOPENで、明るく、気軽に、山を楽しめる姿勢。大好きです!

第1日目は、ファルツァレーゴ峠に聳えるラガツォーイの岩壁!スタートはラガツォーイ小屋。
ほとんどトンネルなのでライトが必要です。帰りに寄り道してチンクェ・ト-レでランチ!


第2~3日目は、ドライチンネエリアへ。初日は、オヴェスト、グランデ、ピッコロの岩峰群の
下を歩き、モンテ・パテルノへ。出だしはここもトンネル!残雪もあるのでロープも用意!


圧倒的な高度感を体験して山頂へ。雲行きが怪しく、下山中に雷雨に追いつかれましたが、
タイミング良くトンネルを通過して小屋まで縦走。皆の鼻歌はインディジョーンズ!(笑)


ドライチンネ小屋の夕食は3種のメニューから選べるコース!泡の出るモノや赤い液体も。
翌日は、テクニカルなトーレ・トブリーノに絶叫を響かせて登頂~!コルチナへ凱旋です。



凱旋後の宴の写真は、楽しさビームが強すぎるので残念ですがお見せできません。
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 新・ウガちゃんアルプス登山日記 | トップ | 新・ドロミテ・ヴィアフェラ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KTMのミキ)
2009-08-16 17:53:36
おおーw(゜o゜)wワオ!!

カッコいい~っ!

けんけん、みなさん、楽しい日々をお過ごし下さい。カトマンズから、応援を続けます。
懐かしい~。 (son)
2009-08-17 09:11:58
近藤さん、お久しぶりです。
去年の今頃は…と、写真を見て懐かしく思い出しています。
あの時出会った皆様は今年もいらっしゃるのでしょうか???
もう1年経つのですね~。
素敵な時間をありがとうございました。
剣岳 (ばんばん)
2009-08-17 12:47:35
先週、剣岳に登ってきました。
妹も頑張って前剣まで登れました。

今回の剣は沢山の人にアドバイスを受け、登る事が出来ました。

来年はモンブランに登りたいのでよろしくお願いします。
Dankeでした~ (Umi-zo)
2009-08-19 00:19:07
ウガちゃんさんもとぉっても楽しそうでしたが、僕もめっさ楽しかったです~
美味しいご飯もたくさん食べれたしっ
隊長!ありがとうございました。
またね~。
有難うございました (おかあさん)
2009-08-22 22:25:31
2度目の挑戦。 昨年と違って セイ! セイ!ヤッホー! とっても楽しいでした。 
30歳になったばかりの方をはじめ7,000メートルの山経験の方、ドライチンネ直登等々すごい
メンバーに迷い込んだ 最年長71歳。  
隊長 メンバーの皆様 有難うございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ヨーロッパアルプス」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事