けんけんブログ -guide diary-

国際山岳ガイド近藤謙司の冒険案内記!
“ハイキングからチョモランマまで”

ラスト・カトマンズとなりました。

2010-10-12 21:11:52 | マナスル2010
日数がかかりましたが…、

BCよりサマガオンを経由して、全ての装備とともに
下山のトレッキングをしていたプラチリ率いるAGチームが
やっとカトマンズに到着しました。

みな疲れもみせずに、テントを乾かしたり、荷物を整理したり…
彼らの笑顔と明るさに癒されます。

ネパール登山協会にも最終のレポートを提出して、
『AGマナスル登山隊2010』が終了した報告をしました。

登頂者は、高ちゃん、kumiちゃん、ラクパ・チリ、タルケ、
そして、僕の5名となりました。

全員で山頂に立てなかったのは残念ですが、
とても楽しく、お互いに敬意を持った、気持ちの通じ合うメンバーで、
素晴らしい登山隊だったと思っています。

高ちゃんがネパールスタッフとBCに辿りつくのを、
本当に本当に心の底から待ち続けてくれ、BC帰還を喜んでくれました。


しかし、悲しい報告もあります。

僕達と共に行動し、トレッキング中は常にトップを歩き、
BCではユーモアのある話題を提供してくれたシンメイさんが
9月24日、ベースキャンプ生活中に倒れ、この世を去りました。

夕食の時間に、自分のテントから食堂テントに歩いてくる、
わずか15mくらいの間に倒れ、帰らぬ人となりました。

シンメイさんのご家族の意向もあり、
登山隊の終結がみえるまで、触れないできましたが、
本日ここにご報告させていただきます。


9月24日に『壁』というタイトルでブログアップした夜に…
登山隊は大きなショックを受け、
さらに大きな壁にぶつかる事になってしまいました。

しばらくブログを書くこともできませんでしたが、
全員でミーティングをし、登山を継続しようと決定しました。

隊員たちは、この悲しく辛い出来事の中でも、
しっかりと自分を見失わずに、超高所での生活を
本当に頑張って過ごしてくれました。

本当に感謝しています。


隊員たちは、帰国フライトの予約が次々にとれて、
今朝の段階で高ちゃん、
そして、これからメラピークを目指すトシさんが残っているだけになり、
かなり寂しくなりました。

トシさんは、夕方最後のフライトでルクラにとんだそうです。
そして、私達も明日のフライトで日本へ向かいます。

皆さんの応援や居合わせた世界中のチームたちに支えられ、
無事に帰国できる事に大きな感謝をしています。

『AGマナスル登山隊2010』に
たくさんの声援、応援、本当にありがとうございました。

隊員たちは、それぞれの次のステージに向かいました。

皆さんの応援が必要な時がまた必ずきます。
そのときには、是非、また大きな力を貸してください。

ありがとうございました。
けんけん@カトマンズ
コメント (13)   この記事についてブログを書く
« カトマンズにて… | トップ | 東京かぁ。 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Zem Stone)
2010-10-12 22:53:59
皆様お疲れさまでした。

『AGマナスル登山隊2010』の全てがこれからに繋がっていくと思います。

ずっと応援していますよ
お疲れ様でした! (Misumismile)
2010-10-12 23:01:14
栗城さんのツイッターから来ました。 栗城さんの他にも日本人で8000m級の山に登頂頑張ってる登山家の皆さんが、いらっしゃるのを知り、 応援したいと思いました。また、困難に挑戦している勇気ある皆さんが、私たち一般の地上にいる人の応援でも力になるんだと知り、誰かの力になれることに感謝したいです。 気をつけてご帰国ください。これからも冒険苦しみ困難も乗り越え楽しみながら頑張ってください。
Unknown (彩)
2010-10-12 23:15:40
そんな悲しい事があったなんて。。。
確か、クライミング講習でご一緒させていただいた、シンメイさんですよね。
一生懸命ロープのかけかえの練習して、めげずに何度も何度も頑張っていた、シンメイさんですよね。
あんな一生懸命な方が、なんで。。。。
悲しい。。。。

皆さん、そんな悲しい出来事の中で、頑張っていたんですね。
想像を絶する、悲しい出来事、、、聞いただけでこんなに悲しいのに。。。。
全然知らずに、頑張れとか言って、ごめんなさい。

シンメイさんのご冥福をお祈りします。
ご家族や登山隊の皆さんの悲しみが、ゆっくりでも、少しずつ、消えていきますように。
Unknown (aya)
2010-10-12 23:21:52
シンメイさんの御冥福をお祈り申し上げます。

隊員の皆さん、カジさん、けんけん隊長、シェルパの皆さん、飯田橋留守番隊のみなさん、本当にお疲れ様でした。
皆さん、 (イイオカ)
2010-10-13 04:44:08
おつかれさまです~!
Unknown (たくや)
2010-10-13 07:17:53
「お疲れ様でした。」

何度も何度もこの言葉をかけ、そしてかけられた事と思います。

お疲れ-様は、神-様と一緒なのかもしれませんね。
尊い思いでできていると、思います。
沢山沢山沢山の思いがそこにあるとき。
本当のお疲れ様が、ひょっこり、そこに顔を出してくれるんだって。
時にうれしく、時にはかなく、時に悲しく、時に誇らしく。
お疲れ様は、それを与えに僕らの前に現れるんだって。
そう思います。

近藤さん、古谷さん、飯田橋留守番隊、AGマナスル登山隊の皆さん。

全員に。


遠くからですが。
心から。

「お疲れ様でした!!!」


色々な事を思いを大切にしている近藤さん。
家に帰って、少しゆっくりしてください!!
皆、そう願ってます。

冬に、会いましょう!
シンメイさん (Miyoooki)
2010-10-13 10:04:07
シンメイさんの訃報をご家族から聞いてから毎日の様にブログをのぞいて応援させてもらっていました。シンメイさんのご冥福を心よりお祈りいたします。
Unknown (t-runner)
2010-10-13 11:25:27
ダウラギリで本田さんが遺体で発見されたということをウェブのニュースで知りました。
亡くなった方々のご冥福をお祈り申し上げます。
お疲れさまでした (TZ)
2010-10-13 15:31:04
唯唯、シンメイさんのご冥福をお祈りいたします。

心より哀悼の意を表します (アライ)
2010-10-13 17:03:34
隊員の皆様、ケンケンさん、お疲れ様でした。そして、亡くなられたシンメイさんに、心より哀悼の意を表します。
ケンケンさん、本当に大変でしたね。辛く、悲しい旅でしたね。その中で、よく皆さんを引っ張って下さいました。
東京に戻りましたら、タカさんと豪徳寺の寿司屋鯛斗で、一緒にたらふく食べましょう。タカさん、ケンケンさんを頼みますよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。