筑井孝子の毎日日記

絵を描き 教え 頑張る毎日

考察 「種」について考える。。。2

2018-12-27 09:16:07 | 日記
ゴミの最後の日ってことで

昨日大掃除したので
それを捨てていた

その中に大切な星野富弘さんからの手紙がはいっているのを教室に持っていこうと父の家からだした

父は耳が聞こえない

だから

「どいて」っていってもどかないので

大きなゴミ袋をもっていたわたしは

そこにおいて

違う人からの電話を受け
ゴミをだしていた

すると
父がわたしの宝をゴミに出そうとまとめていた。。

あ。。

美術館クラスのすごいものなのに。。(富弘さんからの直筆です)




なんとか

よかった。。






きょうも「種」について考える

今回の種は

「植物種子」が主に考えるんだけど。

で。。。


種子だけは
ちゃんと位置があるってことを今回は語りたい


シダの「胞子」もま。。種子のなかまっておもったらすごい

きれいんだ。


もう 「なんで並んでるの??」っていうくらい




種は

きちっとしてるって観点から


スイカは

こんな感じ

だから

そこを切れば
なんともきれいに
タネが取れるってことだね


柿のも ここだね





ミカンは中央だから
タネがいやなら真ん中を切るんだ





包丁かった。。
まな板も。


すごいんだ

のせるだけで物がきれていく。


あ。。ちょっと話がずれたね。




ひまわりとかイチゴはフィボナッチだね。



タネだから
芽がでるってこともあるんだね。

すごい




わたしは

そのルールを見ながら
天井画を描く







仕事なんて終わりやしない

でも

昨日はみんなを高崎に












展示もChristmasからお正月に。

がんるよ。。


人は
新しい挑戦をすることで
自分のスキルがあがるんだよ

がんばろう

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 考察 「種」について考える... | トップ | 考察 「種」について考える... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事