筑井孝子の毎日日記

絵を描き 教え 頑張る毎日

父におしえられ

2018-12-29 09:39:22 | 日記
きょうは年末だよ言うのに

けんちゃんは
仕事です。


きょうは

これから
50枚は絵をしあげたいです




今朝の話です


父のこと

父は私の父ではありません。
でも小学校3年で私の父がなくなり5年生の時に亡くなった母と結婚しました。

父はその後わたしが高校の時大きな病気になり
母とクリスチャンになりました。
真面目な父は聖書を今も毎日読んでいます。

今朝いつものようにごはんをもっていくと

「ユーグリナ」って知ってるかい?

って

もちろん知っていました。もう何十年も前にマンガでよんだことがあったのです。

で。。

「ミドリムシ」もすごさも知っていました。

植物でありながら
動物でもある
ほんとうに希少な生物であること。



父が違う本を持ってきて
こういうのです

「聖書の教えは無償で人に優しくする」って
そしてその開発者のことを語るのです。

話は私のことになるのですが

今朝
もと生徒から

「生徒から巻き上げ合お金で遊んで楽しいですか?」って
メールがきた

その前に「お正月はなにをしてるか??:」って内容があったのです。。が

わたしは

教室のお金はほとんどすべて従業員のお金と教室の材料
そして家賃(ローン)で終わっていて
マイナスなくらいです

すごい心が落ち込んだなか

父のところにいきました。

あ。。

わたしは「無償の愛」なんて
ないな。。って

父は本当に
優しい人です。私達をそだて
本当に怒ったこともないです。



心が本当に嫌な思いのまま
朝ごはんを届け

父に教えられました。

人に優しくしたいは

私も思ってるのに。
なんで不機嫌になっってしまうのだろう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 考察 「種」について考える... | トップ | 今年もありがとうございました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事