一身二生 「65年の人生と、これからの20年の人生をべつの形で生きてみたい。」

「一身にして二生を経るが如く、一人にして両身あるが如し」

おじいちゃんの口笛

2018年01月19日 | 社会

ぼくらは、老人ホームでおじいちゃんをみつけたんだ。それから、きゅうにいそがしくなった。やさしさとユーモアと、ヨーロッパで幅広い共感をよんだ物語。1994年ドイツ児童図書賞受賞。

たこを作ったり、口笛を教えてくれたり、ほんとうの孫のように仲よく遊んでくれた養老院のおじいちゃん。そんな素敵なおじいちゃんが誕生パーティーのあと亡くなってしまう…。少年と老人のふれあいをユーモラスにさわやかに描く。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘンリーブラウンの誕生日 | トップ | 奴隷とは »

社会」カテゴリの最新記事