一身二生 「65年の人生と、これからの20年の人生をべつの形で生きてみたい。」

「一身にして二生を経るが如く、一人にして両身あるが如し」

ヘンリーブラウンの誕生日

2018年01月18日 | 社会
奴隷は、家具や家畜とおなじように、だれかの持ち物としてあつかわれ、主人が売ると決めたら、本人の気持ちなど関係なく売られてしまいます。家族が売られていくのを見ても、どうすることもできないのです。ヘンリーは、そんな奴隷のひとりでした。ヘンリー・ブラウンは、秘密の組織「地下鉄道」の助けをかり、自由への脱出を試みました。ヘンリーが立てた計画は、だれも思いつかなった方法でした。2008年コールデコット賞オナー賞受賞作。
著者略歴
レヴァイン,エレン
アメリカ合衆国生まれ。ブランダイス大学卒業後、ニューヨーク大学法学部で博士号を取得。テレビ局での勤務や移民への英語教育などを経験した後、教育と執筆活動に力を注いでいる。『ヘンリー・ブラウンの誕生日』で、2008年コールデコット賞オナー賞受賞

ネルソン,カディール
アメリカ合衆国生まれ。画家、イラストレーター。プラット美術大学卒業。多方面で活躍するかたわら、1999年からは、絵本の絵も手がけ数々の賞を受賞。『ヘンリー・ブラウンの誕生日』で、2008年コールデコット賞オナー賞受賞

千葉/茂樹
北海道生まれ。国際基督教大学卒業。出版社で児童書の編集に携わった後、北海道に居を移し、英米作品の翻訳家として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« Nike Air | トップ | おじいちゃんの口笛 »

社会」カテゴリの最新記事