一身二生 「65年の人生と、これからの20年の人生をべつの形で生きてみたい。」

「一身にして二生を経るが如く、一人にして両身あるが如し」

人生の流儀

2018年01月14日 | 社会
内容紹介
一世を風靡する作品、芸能、学識など、私たちの生活に潤いをもたらす「文化」は、どのようにして生まれるのか――。作家、脚本家、映画監督、俳優など、各分野で活躍する14人の文化人が紡ぐ滋味深い言葉には、人生をより豊かにする確かなヒントがつまっています。人間の文化、命の尊厳、平和な社会への想いが溢れる、全世代必見の一冊!
内容(「BOOK」データベースより)
私たちの生活に潤いをもたらす「文化」は、どのようにして生まれるのか―。人生をより豊かにするヒントがつまった、日本を代表する文化人14人の滋味あふれるエピソード。
著者について
萩本欽一=1941年東京都生まれ。コメディアン。/加古里子=1926年福井県生まれ。絵本作家。/高村薫=1953年大阪市生まれ。作家。/稲川淳二=1947年東京都生まれ。タレント、工業デザイナー、怪談家。/降旗康男=1934年長野県生まれ。映画監督。/市原悦子=千葉市生まれ。女優。/倉本聰=1935年東京都生まれ。脚本家、作家、劇作家、演出家。/鈴木瑞穂=1927年中国東北部生まれ。俳優。/村山斉=1964年東京都生まれ。理論物理学者。/田沼武能=1929年東京都生まれ。写真家。/山川静夫=1933年静岡県生まれ。元NHKアナウンサー、エッセイスト。/橋田壽賀子=1925年韓国ソウル生まれ。脚本家。/益川敏英=1940年愛知県生まれ。理論物理学者。/辰巳芳子=1924年東京都生まれ。料理家、文筆家。/那須正幹=1942年広島県生まれ。児童文学者。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 都電 | トップ | 人生の気品 »

社会」カテゴリの最新記事