一身二生 「65年の人生と、これからの20年の人生をべつの形で生きてみたい。」

「一身にして二生を経るが如く、一人にして両身あるが如し」

河野千鶴子(1946年-2013年5月23日)

2013年07月28日 | 登山家

河野千鶴子(1946年-2013年5月23日)は日本登山家七大陸最高峰8000メートル峰5座に登頂した。日本勤労者山岳連盟理事も務めた。2013年5月23日ダウラギリで遭難死した。

Kouno
残された手記には、病院で管理職として働き、家庭では妻、3人の子どもを育てる母親から、山で解放された心境が綴られていた。男尊女卑の気風の鹿児島で育ち、生きにくさを感じながら、自分を模索していたところ、旅行で行った尾瀬から始まり、岩登り、雪山、ネパールの海外登山と、努力が男女平等に報われる世界に魅せられてのめり込んでいった。山岳会で体力を不安視されアタックから外されたのを機に、単独で登るスタイルに切り替えた。

感想
ヒマラヤの美しい映像を見たかったが、下界での生き方がメインだった。
山に求めるものは、人それぞれだが、河野さんの場合は女性の解放が動機だった。山に急激にのめり込む裏側に、それまでの人生の鬱屈があったかと思うとやるせないものを感じる。
50代女性で少人数スタイルでも8000mも7サミットも行けたのは、登りやすい環境になっているのも背景にあるのだろう。1996年のエベレスト大量遭難を描いたジョン・クラカワーの「空へ」に、「ピート・ショーニング(1953年のK2遠征の"The Belay"、ガッシャブルムIと南極ヴィンソン・マッシーフ初登頂で有名)のようなクライマーをメジャーリーグのスター選手に例えれば、わたしの仲間の顧客たちは、わたしも含めて全員、小さいけれど礼儀正しい町のソフトボール選手の寄せ集めみたいなもので、それが賄賂でワールド・シリーズにのこのこ出かけてきたようなものだ。(文庫版p.144)」とあったのを思い出す。


植村直己

2013年07月17日 | 登山家

植村直己はよくこんなことを言っていました
   『不安な時は、小さなことでもいい、今できる行動を起こすこと。』
   『あきらめないこと、どんなときでも決してあきらめないこと。』

Uemura3 Uemura1 Uemura2 Uemura6


植村直巳(1941-1984)

2012年10月03日 | 登山家

1 Naomi_uemura

Naomi Uemura (植村 直己 Uemura Naomi, February 12, 1941 ? c. February 13, 1984) was a Japanese adventurer. He was particularly well known for doing alone what had previously been achieved only with large teams. For example, he was the first person ever to reach the North Pole solo, the first ever to raft the Amazon solo, and the first ever to climb Mount McKinley solo.

な登山・冒険歴


竹内洋岳「覚悟を決めてほしいですね」

2012年09月14日 | 登山家

竹内 洋岳(たけうち ひろたか、1971年1月8日 - )は、日本登山家で、世界で29人目で日本人初の8000メートル峰全14座の登頂者。身長180cm、体重65kg。東京都出身。立正大学卒業。株式会社ICI石井スポーツ所属。

Everest_1 Pict0184q

登山については、「ほかのスポーツだったら、普通に行なわれていることが登山ではそうではないことがあるじゃないですか」という言葉のように、スポーツとしての側面を認めている。

登山の「無酸素」「単独登頂」といった単語の意味が独り歩きしている現状は、水泳陸上競技のような「タイムを競う」といった明確な目的のもとに、ドーピング禁止といったルールが明文化されている他のスポーツの現状とはあまりにかけ離れている。

好事家の間でしばし議題となる「登山はスポーツか」という問いについては、「登山はスポーツでなくてはならないと思うんです」、「スポーツとは記録が伴うものだけれど、登山は、それがあいまいなところがある。『スポーツではないのだから』という考えが、逃げになってしまう」と続けている。

この考えを反映させてか、2012年のダウラギリ登頂の際にはSPOTサテライトメッセンジャーというGPSを使用しインターネット上にリアルタイムで位置情報を発信。万人に見える形で登頂のプロセスを公開し透明性を高めている。