一身二生 「65年の人生と、これからの20年の人生をべつの形で生きてみたい。」

「一身にして二生を経るが如く、一人にして両身あるが如し」

すみれ

2014年05月18日 | 

Baner Course1


奄美 黒糖 焼酎

2013年10月12日 | 
味彩
所在地:東京都目黒区自由が丘2-14-19
電話番号:03-3717-4919

自由が丘駅前より徒歩3分。
洋酒や国産ワインなどのほか、全国の蔵元を訪れ厳選した80種類以上の焼酎・泡盛などを提供している。
メニューには奄美の酢たまご、奄美のツキアゲなども。

Kokutou1

Kokutou


菊水 純米酒「節五郎元禄酒」

2012年10月28日 | 

菊水「節五郎元禄酒」より

P015_02

元禄と言えば、江戸時代中期のはじめ、町人文化が発達した時代で、松尾芭蕉、井原西鶴、近松門左衛門などの名前がすぐ浮かんできます。

が、食文化の発展もめざましく、鯉のあらい、うなぎの蒲焼、いかや貝類の焼物は言うに及ばず、高野豆腐ほかさまざなな野菜類の煮物、吸物が登場しました。また、柚子や山椒などの香辛料も食膳に顔を見せています。料理に砂糖が使われるようになったのもこの時代です。

酒も、室町時代に奈良の僧坊で現代の酒造りの原型がつくられてから、江戸時代に入ると摂津の池田、伊丹、灘で清酒が造られるようになり、江戸へも大量の酒が送られて、酒文化も多様に花開きました。


高砂酒造 純米吟醸「大雪」

2012年08月24日 | 

道産酒米「吟風」を45%まで精米し、丁寧に醸した純北海道の吟醸酒。やさしく甘い芳香とすっきりした飲み口の淡麗辛口酒です。飲み口の綺麗な、飲みやすいお酒でした!

原料米/吟風・きらら397
精米歩合/45%
日本酒度/+3
アルコール度数/15~16
酸度/1.3
300ml 720ml 1,800ml
Taisetu