Kengoの将棋 実戦・研究ノート

私、Kengoが普段指している将棋や研究したことなどを書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10月に行われた棋匠会例会から

2020-12-25 00:20:44 | 日記
メリークリスマス!
何故かそんな夜に久々の投稿です(笑)
多分、今年最後の投稿です

とにかく今年はほぼ全部の主要大会が流れてしまい仕方ないとはいえ散々な一年でしたね。
そんな中でもローカル大会、それも東海地区のそれぞれの会の方はフットワークがよくて
緊急事態宣言が終えてからはほぼ定期的に大会が行われていました。頭が下がります。
最近では棋匠会(豊橋)の方と仲良くさせていただいているのですがとにかくここは小中学生の伸び
が半端ない。幹事の前田さんの人柄も含めてみんなが切磋琢磨している雰囲気が伝わって
きます。

10月に行われた棋匠会例会から取材します。
相手は伸び盛りの中学生S君。
ここまで対戦成績は1勝1敗ですがここでは見事な指し回しでやられました。

こちらが先手で相横歩取りでスタート
↓この▲7七歩は過去にponanza―村山慈戦で現れた手で一度自分も後手を持って
やられており一度使ってみたいと思っていた




この図までの進行は定跡通の方なら一目だろう
ここでS君が指した△6二玉が腰の入った手でこちらにぱっとした手が浮かばない…

とりあえず飛車を取った局面でかなり考えたがこちらから飛車を打ち込むスキが少なく
逆に馬を作られてゆっくり指される展開を見せられた。
馬を作らせない▲3八金も考えたが△8七歩~△8八歩のようにこちらから攻められると
壁になるのでとても指しきれなかった。

以下、図のように進みこちらが敗勢。
直前の△3八歩▲同銀の利かしが絶妙でこちらはどうにも収拾がつかない
以下66手で負け

それにしても自力で指したと思われる△6二玉には感心しました。
やはり予備知識だけで勝とうと思ってはいけませんね。
相横歩取りでは▲7七歩は好んで指すべきでないかもしれません。
▲7七銀か▲7七桂でゆっくり指す展開、または▲7七銀から一番激しい変化に
飛び込んで勝ちにいくか…
まだまだ後手としても捨てたものではないかもしれませんね。

この日は1勝4敗とボコボコにされましたがとてもいい勉強になりました。
また来年も伊勢の子供を連れて行きたいと思います。

来年こそはまたいろんな場所でみなさんとお会いできるようになることを
祈って…メリークリスマス&よいお年を!
コメント

第1回伊勢支部ネット将棋大会より取材

2020-09-03 23:39:15 | 日記
こんにちは
この間の日曜日は初めての試みでしたが伊勢支部にて初のネット将棋大会を開きました。
伊勢近辺の方に加えて県外で交流のある方も出ていただき22名とそこそこの規模の大会になりました。
ありがとうございます!
この大会の特徴は伊勢支部の伝統?を引き継いで手合い割(駒落ち)制でありオール平手派の方には
物足りないかもしれませんが幅広い棋力の方も楽しんでいただけること、駒落ち将棋独特の感覚を
楽しめることがセールスポイントとなっています。
この記事を読んだ方で面白そうだな、出てみようかなと思った方はぜひご参加ください。
次回は9月27日(日)13時~ 詳細はこちら⇒http://lixy.jp/mie-shogi/ise/pl2/

あとネット大会の欠点は
①臨場感がない
②感想戦がしづらい
③不正が入り込む余地がある
④進行をスムースにするためスタッフに一定以上の力量がいる
などがありますが、見逃せない利点として
①移動費がかからず自宅で参加できる
②普段ではなかなか対戦できない方と将棋が指せる
③会場の手配、機材の準備・片付けをしなくていい←これがかなり大きい
があります。
これからはリアルのよさは当然としてもネット大会のインフラが整ってきたら
より将棋を楽しむ幅が増えるのではと思っています。
将棋を普及するための手段はコロナ渦の中でもまだまだあるなと感じます。

今大会の注目の一戦(最高段の五段同士)をご紹介します。
先手は地元強豪の高木基晴さん、後手は愛知県強豪の村山周平さんです。
この二人はずっと前に東海リーグで対戦しておりこれが二局目。
終盤は二転三転の大熱戦となりました。

先手三間飛車vs後手急戦エルモ囲いから睨み合いが続いて下図

居飛車側も振り飛車側も両桂が跳ねるという珍しい展開
さらにその桂が全部交換になり迎えた下図

ここで手番を握っている先手がどう攻めるかですが単に▲4五桂は食いちぎられて
△9九角成で悪いのですが、先に▲6六桂と飛車取りを入れてから▲4五桂が
堅実な手順で先手がリードしたようです。しかしその後も後手から△2三桂と
粘り強い手も出て形勢が微妙に揺れ動いたまま終盤に突入しました。

下図は後手が△1三玉と逃げた場面

ここで先手は▲5三竜と銀を取ったのですが、これが意外と緩手で後手から△3五角(下図)
と打たれて形勢が混沌としてしまいました。正着は▲3四竜でこれが▲2四角成からの
詰めろと3一の金を睨んで受けにくい。後手は△4二角とこの一手の受けを披露しますが
▲2四竜△1二玉▲1四竜と平凡に王手をかけるのが理外の好手で先手勝勢となります
(ご確認を)

数手進んで下図、途中先手に誤算があってここでは後手有望になっています。
先手が4七の銀を5八に引いて受けに回った局面、ここがクライマックスでした。

後手は△5七角成と銀を取ったのですが、これが悪手で▲2六桂が入ってからは
先手が勝勢になりました。
ここでの正解はじっと△3六金(下図)と玉頭を厚くしておく手でこれで先手からの追撃が
難しかったようです。


それにしても終盤で先手から▲5三竜、後手から△5七角成と銀を取る手が悪いとは
本当に難しいですね。それもその正着が▲3四竜、△3六金と符合までそっくりですね(笑)

オープニングの一局で内容のある将棋を披露してくれた両者に拍手です。
この将棋を勝った高木さんはこの後も勝ち続け全勝優勝。
見事、第1回の覇者となりました。おめでとうございます。

こんな感じで毎月最終日曜日を基本としてネット大会を開いて行こうと思います。
参加希望の方は冒頭のリンクを確認して河村まで申し込みください。
今後ともよろしくお願いいたします。
コメント

ネット将棋大会から

2020-07-26 23:49:35 | 日記
みなさま お久しぶりです

コロナ禍で全国大会に繋がる三重県大会も軒並み中止。
6月までは道場も閉鎖でネット将棋しか将棋ができる環境がなかったというのは
全国の将棋ファンも一緒だったと思います。

ありがたいことに東海繋がりで熱心な方からネット大会のお誘いを受け何回か
参加できたのはとてもよかったです。
7月からは県内のレーティング大会も少しずつ復活しているので感染に気を
つけながらもやっていきたいです。

今回の将棋は木曜日にやったネット大会の将棋から。
相手は全国的に有名な(どなたかはわかりませんが)2800点超の方。
なかなかこういう強い方と指せる機会はないので思い切ってぶつかっていった。

こちらの先手相掛かり模様に力戦モードで受けてこられたが、この▲4八金と立った手が味よく
うまく立ち回ったかと思っていたが…

図からの指し手
    △5六歩
▲同歩 △8六銀
▲5五桂

この▲5五桂が疑問だったか?
受けるなら▲8七歩、攻めるなら▲3五桂とこちらから打つべきだった。
なぜそうなのかは本譜の後手の攻めが示します。

図からの指し手
    △8七歩
▲7九銀 △7七歩成
▲同桂 △同銀成
▲同金 △同桂成
▲同玉 △8六角
▲6六玉 △6五桂

この桂打ちをうっかりした。
これでほぼこちらの玉は受けなし。
つまりは▲5五桂で▲3五桂だったら図で▲5五歩がありむしろこちらが面白い形勢
本譜だと▲4三桂成としないと▲5五歩が突けずそれだと△6四桂と打たれてしまう。
以下、王手ラッシュをかけながらこちらの玉周辺の緩和を試みたが正確に指され敗北…

もっとも激指君にこの局面をかけたら△8六角と打たれてはじめて局面が悪いのを悟った。
激指君、もうちょっと終盤強くなって欲しいです(笑)
コメント

昨日のネット練習将棋

2020-04-19 11:37:46 | 日記
みなさん こんにちは

何もなければ今ごろは春の大会に向けて準備してるところですが、
コロナウイルス拡大によって将棋大会は全部白紙に。
それでも連合会幹事長の松岡さんの声かけにより少しでも子供たちに
将棋の場をということで主に週末になると道場の常連の子たちでネット
将棋をやってます。

そこで昨日のネット練習将棋から取材
相手は伊勢の期待の星M君(小5)
戦型は珍しく相矢倉に
相矢倉指したの何年ぶりだろう?(笑)
便宜上、後手側(私)を手前に



序盤からいろいろ駆け引きがあったがなんとかこの局面に持ち込んだ
これは一般的にこちらが指せる局面で以下、銀交換後、M君が▲7四歩と突き出したのが下図



この突き出しを見てハタと気付いた
確か定跡では1枚目の図で△6九角▲4七角△同角成▲同銀を利かせてから本譜の順なら
この歩突きがない
自分としては3六の馬のほうが好位置と見たのだがその判断が間違いだったかと思ったくらいだった
以下は非常手段的?に△7二飛と指し混戦となったが後で激指君にかけてみた

上図からの激指のおすすめ手順
△4六馬 ▲3七角 △同馬 ▲同桂 △4七角
(下図)



こんなボンヤリした角でいいの?と思ったがよく考えてみると味わい深い
以下▲2四歩 △同銀 ▲4五歩 とされるのが直感的にイヤだが
△3六角成 ▲4四歩 △3三金寄としておいて先手は桂取りの処置に
困っている



昔はこういうまったりとした手も見えたんだけど最近は直線的な将棋ばかりだったので
どうもダメですね
結論としては△3六角成の場合でも銀交換に成功して馬を作った後手よしだが
その後の手順が大事なことを思い知った一局でした
コメント

支部名人戦三重県大会2020 敗退記

2020-03-07 23:38:00 | 日記
またも久々の投稿になります。
昨年の暮れから今年の2月にかけてまでとてつもない忙しさでした。
将棋にもしっかり打ち込みたいところでしたが、なかなか…
なんとか地味にトレーニングして挑んだ支部名人戦三重県大会
昨年は歓喜の10年ぶり代表を決めた大会でしたが今年は準決勝で敗れました。

相手は昨年西地区大会の予選1勝1敗同士で負けたH氏
今年は三重県の支部としての参加でここがヤマと思っていた

振り飛車党のH氏としては珍しく矢倉模様の出だし
こちらは左美濃急戦の駒組みだが果敢に横歩を取ってきた
(便宜上後手の私を下にしてあります)


後で斎藤先生の本を見たら咎める手段があったようだがあまりの経験のなさに手探りの中盤戦が続く。
それでも右玉にしてから攻める展開になりこの局面では手ごたえを感じていたが...



上図以下の指し手
▲6五同銀 △同銀 ▲5二歩 △8一飛 ▲4七桂



この局面が問題だった...
正解はどうも△4四銀と引く手だとH氏の開口一番だったが確かにそうだった
しかし、攻め120%の頭になっていた私は指摘されるまで1ミリも浮かばなかった
またも若気の至りを出してしまったか…

本譜は△5四歩と指し▲6六歩(銀が引けない!) 以下下図となり勝てない将棋となった



残念な結果となりましたが、最近では愛知方面でも輪が広がってきてとても楽しいです。
コロナ騒ぎで大変な世の中ですがウイルスにかからない範囲で将棋を楽しんでいきたいところですね。
コメント