稽古なる人生

人生は稽古、そのひとり言的な空間

長正館剣道定例稽古(2020年2月19日)

2020年02月20日 | 剣道・剣術
大阪市東住吉区の矢田中学校の体育館で毎週水曜日19時半から。
----------------------------------------


【長正館練習生募集中】
初心者、元経験者、有段者を問わず募集中。
レベルに応じて個別指導を行います。
詳しくは長正館ホームページまで。
http://doujyou.net/choseikan/
----------------------------------------

昼は暖かかったのに、日が暮れると急激に寒くなる。
本日も参加者は少ない。大人は6名。あと中学生2名+小学生2名。
いつもより早めに終了しようとしたが乗ってきたので20時を回る。

急いで準備をしたのでいつものカメラを忘れてしまった!
メモカメラではシャッタースピードが追い付かないし連写も出来ない!画質も悪い!












【感想・反省点】

面を打つことに重点をおいて稽古した。
相手が入ってこれないほどの威圧感のある構えは出来ない。
どうしても、よーいドン!的な面になってしまう。

卵が先か、ニワトリが先かのような話かも知れない。

攻め(威圧感)がある構えは、面が打てるから攻めになる。
いくら立派な構えでも、打てない構えなどハッタリにしかならない。

まずは面が打てること。面が打てれば攻めが生きるようになる。
生きた攻めが出来るようになれば仕掛け技も成功する。
コメント   この記事についてブログを書く
« №94(昭和62年10月23日) | トップ | 木曜会定例稽古(2020年2月20... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

剣道・剣術」カテゴリの最新記事