大江戸日記帳

ソウルから帰国して、人生で初めて東京での生活を始めました。きっと楽しいこともいっぱいありそうです。

ウエスティン東京(2日目)

2009-01-12 17:17:39 | 大江戸生活
翌日は、午前中はホテルのジムへ行く。WEBには、ジムはひとり1,000円と書いてあったが、実際には部屋番号を尋ねられることもなく、係員もいなかった。結局、無料でトレーニングさせていただきました。

トレーニングの後は、六本木のリッツカールトンの最上階にある和食レストランに昼食を食べに行く。これも頂き物のクーポン券があったので、贅沢することに。移動はもちろんタクシーではなく地下鉄。

この日は快晴で東京中がよく見渡せる。
まずは飲み物のリスト。「ビール1,400円!!!」

すかさず、「お茶でお願いします。」。
食事は松花堂弁当。4,900円。謙一郎にはお子様弁当。2,500円。

料理はおいしかった。期待以上。

まずは謙一郎弁当。お寿司、茶碗蒸し、さいころステーキ。お寿司は半分に切ってあり、子供でも食べやすくなっている。


お刺身も本格的。マグロにイカ。イカはお父さんの甘エビと交換したが。


大人の弁当は、本格的。






このほかにゆりね饅頭も出される。
ご飯と椀物、お漬物が出される。



最後はデザート。謙一郎はバニラアイス。




味付けは、出汁がしっかりしていて好感が持てた。玉子焼きも出汁味で甘くなくてよかった。満足、満足。

東京ミッドタウンの公園で謙一郎は遊ぶ。冬で人も少なく、ブランコ、滑り台、探検と楽しみ、再び恵比寿へ。
午前中、トレーニングを既にしていたので安心して、恵比寿ビール博物館へ。見学もそこそこに早速エビスビールを試飲。なぜか日本人率は低い。外国人、安く飲めるスポットをよくご存知なようで・・・。

こうして2日目も贅沢したが、あまりお金を使わずに終わった。翌日に帰らないといけないと思うと少し悲しくなってきた。





コメント   この記事についてブログを書く
« ウエスティン東京 | トップ | ウエスティン東京(3日目) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大江戸生活」カテゴリの最新記事