ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




つい、いつもの調子で「大盛りで」と頼んで、

これが運ばれてきて「あっ、このお店は」でございました。

 

「大盛り」の概念というのは、お店によってまちまちですよね。

「ご飯大盛りで」と頼んでも足りなくて「特盛りで」という事にしている、某大学の教員食堂。

おそらく、デフォルトユーザーが僕のような人間では無いのだと思います。

 

パスタ屋さんなどでも、大盛りを頼んで、やっと「普通かな」と思う事しばしば。

かと思えば、つけ麺屋さんなどでは、大盛りというと600gなどという「きーたーなー」的な量のお店もありますよね。

 

「超大盛り」とか「メガ盛り」とか「富士山盛り」とかならイメージしやすいです。

そういうネーミングではない場合、ちょっと賭けですよね(笑)。

 

ということで、大盛り→何グラム、とか、〇人前とか書いていてくれるお店ならよいのですが、

そうでない場合には、稀に、こういうことになるのです。

(まあ、このお店の場合は、ちゃんと思い出せば良かったわけですが)

 

でもね。

なんといってもお蕎麦屋さん。

普通に頼むと、そんなにお上品な少なさでははないですが、まあ普通です。

お腹ぺこぺこで頼むには、普通の成人男性ならちょっと、ね。

僕にはおやつ位の量なのですから、やはり、大きく出たい。行きたい。

しかし、このお店では

 

「中盛り」で良かったのでした。

 

食べましたけどね(笑)。

年越し蕎麦を食べなかった分、気持ち的に、その分も合わせて。

 

おそらくですが、

中盛りで普通×2.5人前。

大盛りで4人前くらいではないかと推測致します。

測ったわけではありませんが、高さ的に(笑)。

 

でも時々、お蕎麦を鱈腹食べたくなる時ってありませんか?

「もういいや、入らないー」ってくらい、首まで食べたくなる時。

 

こちらのお蕎麦、つるっつるで、コシがあって、とってもとっても美味しいのですよ。

気になる方は、大盛り、お蕎麦などで検索して頂ければー。

 

さて、明日からは緑ちゃん倶楽部も新年のスタートでございます(近く、お知らせもさせて頂きます!)。

来週からは学校も軒並みスタート。

そろそろ、お正月モードから切り替えてまいりますよー

 

はいっ、そこっ(笑)。

 

ではー。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« え~っと~。 スイッチ。 »
 
コメント
 
 
 
大盛り、お蕎麦! (シクピン)
2019-01-06 17:06:43
ケンさんのブログを読んで思わず検索してしまいました「大盛り、お蕎麦」
大盛りのお蕎麦の写真がたくさん出てきました…そして富士山盛りが本当に存在するということを初めて知りました
…ブログを読んだ時点では、ケンさんが作り出した言葉だと思ってたんです
◯十年生きていても知らないことって色々ありますね
今年もケンさんのブログを毎日楽しみにしております
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。