ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




今日で、S足学園音大の”2018年度”の授業、レッスンが全て終了致しました

来週からは試験期間に入るのですが、実施時期は授業によってまちまちで、僕の担当授業では、一足お先に昨日、今日と試験を行いました。

試験があれば、採点。

赤エンピツを持って、半ば、祈るような気持ちで丸つけをいたしました。

本当に、願うことなら、全員が100点だったらいいのに、と思うのです。

勿論、試験ですから、簡単に100点が取れるようなものではないのですが、でも、でも。

授業で言っていないことは、出ないのですよ(勿論、出せないです)。

ならば、それが頭に入っていれてくれたら、・・・100点が、可能なのですよ。

 

・・・ふと我に返り。

 

そう、今まで僕たちが受けてきた、学校内での試験、いわゆる「中間試験」や「期末試験」というのは、これだったんですよね。

先生からしましたら「授業でやったよね」という内容が出ていた・・・のだと思います。

でも、小学生レベルならさて置き、中学以降では、100点なんて、そうそう取れるものではありませんでした。

 

「〇〇!95点!」とかだと、

「すげー!」パチパチ、ヒューヒュー。

 

でも、丸付けをする側になって思うのは、やはり、

全員が100点だったら、どんなにか嬉しいだろう、ということなのですよ。

これ、ほんとです。

 

また、頑張りましょう。

学生にも頑張ってもらいたいですが、

僕も頑張ります。

夢の「全員!100点!よくやったー!」を、目指して

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« バネァーナー... アイスべき梅。 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
コメントをするにはログインが必要になります

ログイン   新規登録