ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




今日はS足学園音大で、レッスン、授業、レコーディング(これも授業ですが)、そして夏の個人面談後半、という、

いつものことではありますが、なかなかな一日でございましたが、お陰様で無事に終了いたしました

 

3年生の夏ですから、色々考える時期ですよね。

「将来がー・・・」

という学生は、当たり前ですが、まだ20歳だったりするわけですので、

「そうだよね。わかるよー」

と話を聞きつつも、

(まだまだ、3回くらいは人生やり直しがきくよなあ・・・)

と思ったりします。

 

実際に、これを、そのまま言ってしまう時もありますが(笑)。

 

でも、本当に、未来があと60年、70年とある学生たち。

もう、成人はしていますが、・・・なんといいますか、未来ある若者という言い方が適当だとは思いますが、

まだまだ、社会に出る前の、社会を知る前の”子どもたち”なのですよ。

 

できれば、いい先輩でありたいな、と思いながら、面談をしておりました。

 

こちらのレッスン室には沢山のキーボードがございます。

全部キーボードですが、これも全て、一台一台、全部違う、個性ある楽器たち。

傍から見たら、「音大生」

でも、本当に、一人一人、全員、まったく違う個性、感性をもった、個別の子どもたち。

全員に、親がいて、家族がいて、誰とも違う歴史があって、そして、誰とも同じではない、未来があります。

 

いっぱい頑張っていると思いますが、これからも、頑張って欲しいです。本当に。

 

先輩は、ちょっと練習したら、ビール飲んでぐーすか寝ますが(笑)。

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ちょうど良い... 大盛り&ライ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。