ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




遅ればせながら「この世界の片隅に」を鑑賞しました。

評判が凄く高く、早く観たいとずっと思っていたのですが、このタイミングで観れて良かったです。

この日常のその先にあるものを、その日が来ることを、知識として(だけは)知っていますので、

日付が出るたびに時を止めたくなりました。

 

今、テレビなどでも今は、戦争関連の特集などを目にします。

誰しも、・・・思うことは同じですよね。

戦争は愚かで、残酷で、僕なぞにはとても耐えられそうにない、とてつもない、悲しみを生みますよね。

 

併せて「戦争童話集」をお勧めさせて下さい。

「火垂るの墓」の原作者の野坂昭如さんの本の映画化です。

「この世界の片隅に」とは切り取り方が違い、こちらは、ストレートパンチできます。

どちらの作品も、今、アマゾンプライムで観れるので、よろしかったらです。

ウミガメと少年」「凧になったお母さん」「小さい潜水艦に恋をしたでかすぎるクジラの話」などGYAO!でもご覧になれるようです。

笑顔も出てきますが、その分と言いますか、胸が締め付けられます。

全然、楽しいお話ではないです。ハッピーエンドじゃないですから・・・。

・・・辛いですが、でも、日本が忘れてはいけない、そして、日本人として知らなくてはいけない、事実だと思います。

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 雨降って。 ネコ多し、じ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
コメントをするにはログインが必要になります

ログイン   新規登録