ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




盛大な式でございました。

なんといっても圧巻は、各コースの教授、講師陣と一部選りすぐりの在学生による祝賀演奏。

ご興味のあられる方は、昨年度までのものでしたら「洗足学園音楽大学 卒業式」と動画検索して頂けますと、フル尺のものがご覧いただけます。

まさに式全体を収めた2時間ほどの動画ですが、祝賀演奏はラスト40分くらいですね。

今年も、趣向を凝らした演奏が聴けまして、会場もとっても盛り上がりました。

クラシック、邦楽、ジャズ、ロック、電子オルガン、そして、バレエ、ミュージカル・・・etc

こんなに様々なジャンルの音楽を生演奏で一挙に聴け、舞台を楽しめるなんて、なかなか無いと思います。僕も、終始身を乗り出して拝見させて頂きました(笑)。

 

何度も同じことを書いてしまいますが、あっという間の4年間。

小、中、高の12年を足して、16年(もっと長い学生もいますが)。

それまでの22年間のうち16年といいますと、随分な割合を学校で過ごすのですが、

社会に出てみますと「なつかしいなー、学生時代ねー」となりますよね(笑)。

 

これからが、本番。

そして、どんどん一年があっという間に過ぎるようになりますが、

といって、10年は10年。

20年は20年です。

 

今、22歳の彼らに、40歳、50歳の自分なんて、どうしたって想像はできないでしょう。

僕ですら、10年後の自分には、まだまだフィルターが掛っていますもの(もやもやと)。

 

でも、これもまた、過ぎてしまえば、あっという間。

でも、いまから全部やり直せるかといいますと、あまりにも膨大すぎて、絶対無理(笑)。

面白いものですね。

 

日記をつけておられる方は多いかもしれませんが、

毎日、結構コツコツ自分史をつけたりしたら、どのくらいものになるのでしょうね。

誰しも、百科事典全集くらいにはなりそうですよね。

しかも、全文、オリジナルの、コピー不可の、ですからね。

 

人生って、凄いですね。

ということで、誰しも、まだまだこれからでございます。

頑張りましょう。

 

明日は、卒業ライブパーティでございます。

僕も学生に混じって、2曲ほどオルガンと、ピアノを弾いてまいります。

楽しみです

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 毎月の食堂とも。 リアルがリア... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
コメントをするにはログインが必要になります

ログイン   新規登録