ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




夜、甲子園のBlue-rayを、ふと見始めてしまいました。

先月まで五か月くらいに渡って、緑ちゃん倶楽部のメルマガ「みどり通信」で、全曲解説を書きましたので、

勿論、観てはいたのです。

でも、改めて通しで観て、

なんでしょうねえ。

・・・何度も涙が

色々な思いがありますよね。

そして、本当に素晴らしい音楽でした。

玉置さん、そして安全地帯というバンドは、本当に宝物ですよ。

どこを探しても、比較するものがまったく無い、唯一無二の、孤高の存在だと確信しました

 

しかし。

それにしてもですよ。

これが今できないって、いったいどういうこと

 

コンサートって、本当に楽しいですね。

こんなに素晴らしいエンターテイメントを、皆で集まって楽しんじゃいけない世界ってのは、どうにもやりきれませんね・・・

 

人間だって動物。

 

猿山のサルに

「群れたらダメ。毛づくろいも禁止。一頭ずつ、離れて暮らしなさい。」って隔離したら、

多分、・・・狂うか、食欲とか無くして、早く死にますよね。

 

いや、生きるために、群れるのを禁止して隔離、ということなのでしょうけれども。

大丈夫なのかな、それで。

なんか、そんな風に考えてしまいました

 

勿論、だからこそ、いつかのその日のために今は我慢、って思うしかないのですけれどね

 

甲子園コンサート。

以前も書きましたが、この公演の翌日、2019年11月17日に、中国湖北省で、世界で初めてコロナウイルスが確認されたといわれています(中国はデータ未公開)。

 

せめて、できてよかったです。

本当に。

今思えば、奇跡的なタイミングだったかもしれませんね

 

ではー。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« さらに美しく... 暑いにもほどが。 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (nisizaka_2009)
2020-09-01 17:35:22
ケンさん こんにちは。
さよならゲーム、、素晴らしかったです。
演奏するすべての方々が
音楽を愛し 努力を積み重ねて来られ
あの空間で 才能が溶け合い
言葉に出来ないほどの感動を
与えてくださいました。
映像だけでも 涙が溢れました。
あの場所に居たかった、、、、
ケンさん ありがとう。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。