ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




ハモンドオルガンは本来、二段鍵盤です

これだけでも大変なのにその原型でもあるパイプオルガンは、5段とか6段鍵盤、それ以上のもあります

 

僕はピアノで挫折した組ですが、といって、エレクトーンはまったくの未知の世界。

ということで、ハモンドオルガンの2段がようやくでございますが、これだってやっぱり大変な世界なのですよ。

いやはや、実際一段のコンボオルガンだけでも大変なのに、ねえ(笑)。

さらに本当は、足鍵盤まであるのですから

 

足鍵盤は、まあ、現世ではできるようになることは無いと思いますが(そもそも練習のチャンスすらないかも)、できたら来世では、是非やれるようになりたいですね。

 

パイプオルガンは足鍵盤もある上に、7段鍵盤とかですからね

これは

・・・来々来世くらいですかね(笑)。

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 飲めたとしても。 楽しみを作る。 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。