ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




お陰様で、かつての僕のプロデューサーでもあります佐藤宣彦さんのライブへの参加も、楽しく無事に終了いたしました。

どうもありがとうございました。

今日は珍しいブランドのグランドピアノを弾かせて頂きました。

そして、初めましてのミュージシャンとも沢山お知りあいになれましたし、懐かしい再会もございました。

楽しい一日でございました。

 

・・・やっぱり、改めて感じましたが、

若い時にご一緒した方、つまりは、

昔の自分を知ってくれている人と一緒というのは、どこか、安心するところがありますね。

 

勿論、宜さんは大先輩ではありますが、

やはり、僕がまったくの駆け出しだったころの数年間、色々なことを学ばせて頂いた方です。

音楽の事、業界の事、プロのミュージシャンというもののあり方について。

今思い返しても、本当に、かなりの部分で僕の根っこになっている方なのだなあ、と思います。

「ヒヨコが最初に見た大きな鳥」なのです。

 

そして、今日の最大のびっくりは、

当時、SHADYDOLLSのレコーディングにも子どもの声として参加してくれた、

宜さんの息子さんが、29歳のギタリスト&ボーカリストとして、ステージに立っていたことでした。

あの頃、僕が、23歳でしたので、26~7年前ですから

彼は・・・2~3歳くらいだった、ということになります(笑)。

 

「初めまして」と言われて

「いや、初めてじゃないんだけど(笑)、はじめまして」的な。

 

今は、the Riskyosというバンドで、ボーカリストをされているのです。

 

で、このバンドのベーシストのshigeruさん(元PRESENSE)というのが・・・

僕が、SHADY DOLLSに加入する前、大学を出るか出ないかという頃にやっていたバンドのボーカリストなのです。

ちなみに、そのバンドの2代目ドラマーというのが、後にJUDY&MARYに加入するドラマーの五十嵐公太さんで、

今は、・・・S足学園音大で講師仲間だったりします。

 

もう、なんといいますか、狭い業界なのでございます(笑)。

 

さて、明日は、今月に入って4日目になります、GL〇YのTAKUR〇(←伏字になっているのか、という)さんプリプロでございます。

頑張ってまいりますー。

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ガムテープで... 出しまくり。 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。