ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




今日は、都内某スタジオにてレコーディングに呼んで頂きまして、こちらのヤマハのグランドを弾かせて頂いて参りました

こちらは、もう数年前になりますが、GLAYさんの「Eternally」のレコーディングで弾かせて頂いたピアノです。

業界では有名なスタジオですので、色々なピアニストによって、大変よく弾き込まれたピアノで、音もタッチも「非常にこなれた」一台です。

サウンドも、優しく弾けばバラードにも、激しく弾けばブリリアントに鳴ってくれて、レコーディングで使いやすいピアノとは、やはり、こういうピアノなのだと思います。

クルマやバイクなども、同じ型式であっても、ドライバーによって全然違ったものになりますが、ピアノも同じなのですよね。

勿論、エンジニアさんの腕によるところがさらに大きいのですが、それも相まってのことだと思います。

さすがの音でした。

最終的な仕上がりが、とっても楽しみです。

 

といいつつ、本日の楽曲が、どなたのレコーディングだったのかという事に関しましては、また改めて、告知させて頂けるタイミングでお知らせさせて頂きますね。

いつか皆様にも聴いて頂ける楽曲で、こうしてピアノを弾かせて頂けたことは、大変光栄なことです。

僕なりに、精一杯、心を込めて演奏させて頂きました。

そしてまた、大変よい経験、勉強になりました。

また、精進しましょう

 

夕方には、わずかな時間ではございましたが、元S足学園の教え子のキーボーディストに会ってまいりました。

今や、沢山のアーティストのツアーにもひっぱりだこで、全国ツアーは勿論、大きなアリーナなどでも演奏するキーボーディストになっております。

会った時は、まだ18歳の初々しい若者でした。

「ケンさん、オルガンってどうやって弾くんですか?」

と聞いてきてくれた日のことを、今でもよく覚えています。

 

そんな彼も、いまでは立派なプロのキーボーディストとして、

今をときめく、あの、あい〇ょんさんのツアーサポートなどまでしているのですから。

教え子の成長というのは、本当に嬉しいものです。

さて、明日は一日、緑ちゃん倶楽部デーでございます。

 

お陰様で、今日も素晴らしい音楽の一日でございました

明日も、張り切ってまいりましょうー

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 血まなこには... ポタポタする... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
コメントをするにはログインが必要になります

ログイン   新規登録