ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




2月27日のことになりますが、GLAY・TAKUROさんのソロアルバム「Journey Without a map ll」がリリースされました。

僕も1曲目、7曲目でピアノを弾かせて頂いております。

また、その他数曲でアレンジのお手伝いをさせて頂きましたことから「co-arranged(共同アレンジ)」ということで、pianoとは別にクレジットを入れて頂いております。

前作に引き続き、またこうして録音に参加させて頂けましたこと、本当に光栄なことだと嬉しく思います

GLAYさんだけにとどまらない、TAKUROさんの探求心溢れる音楽的なチャレンジは、この先もどんどん続いて行くことでしょう。

新しいことに挑戦する方って、素敵ですよね。僕もいつも、とっても刺激を受けております

 

今日、クルマで聴いていたのですが、

ちょっと行く場所に近くなっていたので、そちらに集中して運転していたのですが、

なんとはなしに、

「・・・あ、このピアノの感じ、好きだなあ」

と思ったら、恥ずかしながら、自分のピアノだったので、思わず苦笑いでした。

 

わずか、3秒くらいのこと。

 

「そりゃそうだよな、自分なんだもの。」

ある一つの音を選んで、その次の音はこれで、その次はこれで。

選ぶ音も、その順番も、その一つ一つのタッチも、馴染みがあるわけですよ。

だって、自分なんですから(笑)。

 

勿論、他の曲のピアノもめちゃめちゃ素敵です。最高に素晴らしいです。

ただ、自分のフレーズって、なんだか、親近感がわくものなんだな、と改めて思ったのです。

普段、ライブ音源なんかを聴いている分には、自分のプレイしか流れないですからね。

あるいは、他の人のプレイだけ。

こうして、突然、他の方のプレイに混じって自分の音が流れるという経験は、そんなに無いのですよ。

ですので、なんだか、自分で可笑しかったです。

 

決して、自分のプレイを褒めているのではないのです。

ただ、自分って、やっぱり、自分なんですよね。

どこまでいっても、自分からは逃げられないし、それゆえ、それなりの愛着も持っていないと、それはまた辛いわけですよ、きっと(笑)。

 

そんなことが瞬時に頭の中が駆け巡り、思わず、苦笑いしたのでした。

ある意味、自分らしさ、僕らしさ、というのが、良くも悪くも、

・・・”良く”も”悪く”も、ですよ(笑)、

もう、出来てきてしまっているのだなあ、と思うのです

 

 

「無くて七癖」と申します。

そういうものなのでしょうね

 

TAKUROさん、本当にありがとうございます。

平成の最後に残せた僕の小さな足跡を、TAKUROさんのアルバムの中に残して頂けたこと、心から感謝すると共に、本当に誇らしく思います。

よろしかったら、是非に。

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 緑の電子、電... 春を待つ。 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
コメントをするにはログインが必要になります

ログイン   新規登録