ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




授業、レッスンと続き、午後はレコーディング。

クラシックコース、ジャズコースから、生のブラスセクションを編成しての録音はなんとも贅沢なものでした。

ただでさえ、プロの作品であっても、ドラムやベースが打ち込み(コンピューターによる演奏)で賄われていることが大変おおい今、

こうして、ドラムにマイクを立て、ベースアンプ、ギターアンプにもマイクを立て、生のグランドピアノも使って、

「せーの!」で録音する楽しさ、そして、スリリングさ。

 

これを、少なくとも5週間に1回、4年間、行えるのですから。

この経験が、きっとミュージシャンになった後でも、どれだけの財産になることでしょう。

いえ、もしも、ミュージシャン以外の職業についたとしても、こうして、

気持ちを合わせて、リズムを合わせて、

自分のパートに責任をもって、かつ、人の音を聞きながら、できるだけ間違わないように慎重に、

しかし、熱が込もったエモーショナルな演奏になるように(←一番大切)、

それを4分、5分、と緊張感を持続して、

 

・・・そして、最後の一音がなって、無音になって、

赤いレコーディングボタンが止まった時の、あの皆の、感嘆とも、ため息ともつかない、深呼吸。

 

そして、皆で、プレイバックを聴くのです。

自分の歌が、演奏が、大きなスピーカーから大音量で流れてきます。

時には反省もあるものですが、でも、なんといっても、素晴らしい充実感と達成感が、そこにはあるのです。

 

皆で、一カ月にわたって練習して、ここで作り出したものは、目には見えない。空気の振動。

でも、それで笑い、涙して、感動して。

 

くりかえしますが、この経験は、

他ではなかなか味わえないものではないでしょうか。

 

音楽って、素晴らしいものです。

 

そして、その後のお弁当も、素晴らしいものです(笑)。

 

ではー。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 充電しないと。 きっとそう。 »
 
コメント
 
 
 
お堀も!櫓も! (zawakun)
2018-06-09 11:23:33
川村さん、こんにちは。
名古屋城本丸御殿が完成公開されました!
名古屋城は勿論のこと、お堀、櫓を眺めながらの
名古屋城の外周を散歩するのも良いものですよ。
歩道があってとても歩きやすく気分爽快でおすすめ
です!
僕だけかもしれませんが・・・(笑)。
7月の大相撲名古屋場所が開催される愛知県体育館も
近くにあります。
荒れる名古屋も注目で楽しみです。
名古屋にお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。

もちろん、締めはお楽しみの「名古屋めし」で。

名古屋には青柳ういろうと大須ういろの二大メーカーがあります。
川村さん、ういろう(ういろ)はお好きですか?

 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。