ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




お陰様で、緑ちゃん倶楽部のセッションイベント「みどり部屋」、

本日もとても盛り上がりまして、楽しく終了いたしました。

ご参加下さいました皆様、どうもありがとうございました

 

写真は、会員様が作って下さっ手作りのチョコクッキーです。

めちゃめちゃ美味しかったです。ありがとうございました!

 

しかし、毎回思う事ですが、本当に人の成長って凄いな、と思うのです。

”全員”が必ず、このわずかな3時間の間に、成長しちゃうのです。

きっと誰もが、昨日までやったこともないプレイが、出来てしまうのです。

 

これは、魔法でもなんでもなくて。

 

 

引っ張り合うからなのです

 

人との人のコミニュケーションというのは、単に、「誰かに会う」とか「話をする」とかではなくて、

人同士が「影響を及ぼあう」ということなのだと思っています。

 

セッションの面白さは、音を合わせることだけでなく、

他の人がいることで、自分が変われる面白さ、を実感できる場だからなんです。

 

いつだって、コミニュケーションから影響は及ぼし合っていても、でも、

これが、音楽だと、

あからさまに、顕著に出る、分かるのですよ。

 

これは、僕たちプロのミュージシャンでも同じです。

 

以前、武沢さんに

「どうして、こんなに長い間、ずっと玉置さんと一緒にやられてるのですか?」

と伺ったことがあります。2010年か、11年のことだったと思います。

「玉置と一緒にいると、自分が、自分でも思ってもいないことが、出来るから。自分の音楽が、自分じゃないと思うくらい、凄いものになるから」

仰いました。

 

今、本当に良くわかるのです。

 

誰かと音楽を一緒にやるというのは、

自分で、知らなかった自分に、会える、魔法のような瞬間なのです

 

(家に帰ると、その魔法は解けて、ほとんど元に戻るのがまた面白い(笑)。でも、”経験”は蓄積はされますからね!)

 

ではー。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« みどり部屋 ... 盛り上がりた... »
 
コメント
 
 
 
久々にのぞきにきました! (kitose)
2020-02-27 14:12:01
連日、感染のニュースで心が折れるばかりで主催側も私たちファンも大変な時期になり…楽しみを減らさないでほしいですね、、早く収束の見込みが立ってほしいものです。
セッションでの武沢さんの一言。メディアでは玉置さん視点の番組が多く、、武沢さんはあまり話す印象ってなかったです。けれどオンオフを長く近くで見ているからこそなれ合い過ぎずに、本人にしか分からない音を信頼する、信頼される感覚的なもの、バランスの上にいるんだろうなと思いました。なかなか築けるものでもなく、むしろ難しい。でも人を介してやること、バンドが続くのには理想的な関係性なんだろうと思います。メンバーさんからぽろっと出てくる言葉こそグッときたりして

遅ればせながらコメントしてしまいました!
 
 
 
Unknown (yamaz312)
2020-03-04 16:44:41
「自分が知らなかった自分に会える‥‥」
ケンさんの質問への武沢さんのコメント、いいですね。

自分じゃ開けられない自分の中の扉を誰かにバーンと開けてもらう。そんな感じでしょうか。

願わくば
もしあなたが私と一緒にいたならば
「あなたの知らないあなたに会える」
誰かにとっての自分も、そんな存在であったなら

音楽は、本人が知らないあなたや私を引っ張り合う魔法

ならば緑部屋のセッションは、誰もが現実としてそれを体験出来る、
奇跡のような、魔法の夢の部屋。
しかも一流の魔法の使い手により、その世界へといざなわれる

緑部屋にしばらく参加できていないが、
あの緊張感と開放感、嫌いじゃない。
是非またお邪魔させて頂きます。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。