頑張れ!じゃがいも3兄弟!自分に甘く、子供に厳しい親父の日記パート2

この日記は、子供達の日々の成長や反省を書き綴り、子供達の成長を真に願う方々と熱く語れる場になればと思い作成しました。

いざ、さらば。

2017年03月31日 | 日記

昔の事を思い出さないようにしている。

何だか申し訳なくなるし、何より寂しくなるから。

あれだけ一緒に悔しい思いをしてきたはずなのに、不思議と悔しかった事なんて忘れてしまっている。

今はただ、

よく、ここまでついてきてくれた。

よく、ここまで成長してくれた。

という感謝の気持ちしかない。

大晟よ、お前は、

結果をもって親に恩返しをする。

と言っていたが、何も結果だけが恩返しではない。

お前らしく、一生懸命、努力する。

お前らしく、練習や試合の結果をマメに連絡する。

怪我をしなかったり、病気にならない。

これだけでも十分なんだ。

お前達なんて、とっくの昔に恩返しなんてしてしまってるのだ。

だから何も気負うことはない。

お前も、大悟と同様、自分の夢や目標に向けてやっていけ。

ふ〜〜〜〜・・・。

これまで、大悟の時で慣れてるからと平静を装ってきましたが、実は全く慣れるものではない。

いよいよ明日、私の相棒が旅立ちます。

だぁ〜〜辛っ・・T^T




コメント

おかえり

2017年03月30日 | 日記

大晟が比叡山、天理合宿から帰って来ました。

まぁ〜行ってる間、ラインで事細かく報告してくれるもんで、久しぶり感はないんですが、充実感が伝わってきます。

大悟とも一緒だし、そりゃ楽しいだろうな。

大悟の時は、こちらから連絡するのは極力控えておこうと考えたもので、どんな相手と練習試合をし、どんな内容だったか気になりましたが、大晟の場合は、

次、〇〇県、〇〇高校 〇年 〇キロ級
選手権出てる奴 なかなか強い 全中も出てた。
〇〇は引き分けてた。でも、俺は〇〇で勝った。

と事細かく教えてくれます。

兄弟でもえらい違い。苦笑

ただ、この情報量の多さで、逆にびびってしまったりしてしまうんですけどね。

大悟に誰と対戦したん?と聞いても、大抵は、

全然知らんわ〜〜・・。

としか返ってきませんからね。

ちなみに、今日、明日と家にいて、いよいよ土曜日から入寮です。

今日の強化練習では後輩達に送り出して貰い、素晴らしい手作りの贈り物も頂きました。







本当に幸せな奴だなお前は。

いろんな人から受けた感謝の気持ちを力に変えて、比叡山で精一杯努力しろ。

そして、一生懸命頑張る姿をもって、送り出してくれた皆さんに恩返しをしろ。

ま、きっとお前は言わずともだけどな。









コメント

疲れが・・

2017年03月29日 | 日記

年を取ると、やたらと疲れが取れにくい。

おまけに花粉症の薬は、強烈な眠気を誘う。

今日もきつかった・・。

ま、この時期、毎年言うてますけどね。

で、今日の大晟は、天理で練習試合をさせて貰い、全中入賞者や軽量級中心の相手とさせて貰い5勝2分。

今は、楽しくて仕方がなさそう。

たくさんの知り合いがいるみたいだしね。

でもって、大悟は団体メンバーや重量の1年生とともに神戸国際に行ってたみたいです。

ったく・・勤務先さえ変わってなけりゃ間違いなく休み貰って見に行ったんですけど、これだけはしゃ〜ないす。

1日、ゆっくりと昼寝したいなぁ〜。

明日も何とか乗り切ろう。



コメント

無理

2017年03月28日 | 日記

ひっさし振りに早朝出勤。

でもって、ひっさし振りに寝不足。

腰痛に加えて、こんな日には愛想笑いや適当な会話をする気力はない。

ま、それはいつものことか・・。

体調が悪いし、遠征の取りまとめも大変だし・・。

あかん・・やっぱり今日は無理、早よ寝よ😪
コメント

スタート

2017年03月27日 | 日記

今日から新たなスタートです。

新転地は姫路。(転勤ではありませんが・・)

兵庫県の西播で勤務するのは約10年振りであります。

久し振りに姫路駅で降りましたが、すっかり開けてしまってびっくりしました。

帰宅時間が15分程遅くはなりますが、自分の時間を確保する為、しっかりやるべきことはやらんといけません。

さて、明日から兄貴2人は比叡山合宿から天理合宿に移動します。

大晟が、毎日バンバンLineで状況報告してくれるのでありがたいもんです。

今日は大悟からも、

T岡はデカいし、強いわ〜〜!

と珍しく電話がありました。

何だか2人一緒になってから大悟も楽しそうで、親としては何よりです。

ま、子供達も楽しそうに頑張ってるこっちゃし、親父も頑張らにゃあきません・・。

また明日も大晟からの報告を楽しみに1日乗り切りましょかな。



コメント