動物占いでは小鹿です。

遠くにいる家族と知り合いへの近況報告ブログ。
鋳物の鍋集めが好きです。錆びた鉄瓶とか。
あとは食べて呑む話です。

手作りピザ講習会。

2010-08-31 12:08:00 | Weblog
南部小麦を使ったピザを作る。

小麦粉と塩とイースト菌と水、オリーブオイルと砂糖。

混ぜる捏ねるを続けるとまとまります。

ラップをして30分寝かせます。



その間にソース作り。

湯剥きしたトマトを刻むーのニンニク潰して刻むーの。



鍋にオリーブオイル入れてニンニクの香り移す。

あとはトマト入れてバジル入れてローリエ入れて汁けがなくなるまで煮込む。



伸ばして焼いて完成の一枚目。



二枚目は丸く出来ました。



そして試食会。

夏野菜のスープとデザートのオマケつきである。

これで500円は申し訳ない。

本当に美味しかった。

週末にまた作ってみたい。
コメント (2)

お礼。

2010-08-30 17:19:51 | Weblog
玄関の水槽にいるメダカが欲しいという方が現れた。

今年の稚魚を大中小取り混ぜ浮き草いりで二人の方にあげた。

そのお礼の刺し子です。

ありがとうございます。

直接会うことが出来なかったので餌の種類と浮き草の注意を伝言で伝える。

まだまだおりますので欲しいという近所の方をお待ちしております。
コメント

またも水キムチ。

2010-08-29 19:13:25 | Weblog
きっと今年最後になるであろう水キムチを作った。

週末に初号機が来るらしいので冷麺を作ろうという魂胆である。

美味く出来ますように.....。
コメント

紫蘇巻き。

2010-08-29 17:14:16 | Weblog
酒のつまみになるかと思い茄子の紫蘇巻きを作った。

これに使った青唐辛子が辛い。

犯罪に近い辛さだった。

でもあとひく味なんだよねー。

あーーなんか胃がヒリヒリする。

今日の晩御飯は17時だった。

信じられない早さだろ。
コメント

仏蘭西食堂。

2010-08-29 12:30:21 | Weblog
私は感覚で文字を判断する癖がある。

この文字を見て「あ~~フランス西か。フランス西食堂ね。」と思っていた。

ブログをかきながらフランスを返還したら仏蘭西。

あーー西はスだったのね。



ランチは肉が2種類と魚が1種類。

シーザーサラダと白金豚の何かのパテ。



鰆のタバスコ風味のソース。



ティラミスとアイスクリーム。

ソフトドリンクとパンか御飯で1200円。

安いと思う。

混むけど推薦の店。
コメント

いつもの日曜日。

2010-08-29 11:02:57 | Weblog
暑い。

今日もC級ライセンス取得に向けて練習に励む。

スタートして30秒は動けるがあとはスタミナが切れる。

このスタミナをどうつけるかが問題のようだ。

周りを見てコンビネーションを真似する。

何時も以上に汗がでる。



今日もヘロヘロになるのだった。
コメント

そろそろスイカも終わる。

2010-08-29 09:20:17 | Weblog
そろそろスイカも終わりになると思ったので産直で買った。

家のスイカも美味しかったが次々に畑で割れてしまった。

中の膨張に皮がついていけなかったのだろうか。

お店の肩に勧められるままに大きいのにした。

16キロ。

車の中で割れても困るのでシートベルトで固定する。

これからジム。

どうか車の中で割れませんように....。

コメント

おおおおおー。

2010-08-28 14:08:27 | Weblog
眠い目をこすりながら帰宅。

するとバアチャンが「宅急便が来たよ」と教えてくれた。

どうも宅急便イコールインターネットでいらないものを買っているという雰囲気になっている。

しかし開けてみるとサントリーの懸賞に当たったようだ。

サントリーさんありがとう。

美味しく頂きます。

コメント

帰路。

2010-08-28 10:16:55 | Weblog
今日も助手席。

川井の道の駅でトイレ休憩。

おおおー黒豆ソフト。

これは食べなくては後悔すると思い食す。

小豆のアイスって感じで美味しかった。

ここから花巻まで二時間。

寝てはいけないのに睡魔が襲う。

ガクンと首が倒れるほどの眠気。

それでも寝てない振りして話し出す自分。

運転手さん すいませんでした。
コメント

朝の散歩。

2010-08-28 06:14:59 | Weblog
熟睡できないまま朝を向かえた。

風呂は5時半から。

暇なのでホテルの後ろを散策する。



さすがリアス式海岸は綺麗である。

蚊に食われながら蛇に会いながら松林を歩く。



柵の側に道があったので歩いていくと崖。


ちん寒な場所である。
コメント