Kanazawa Jazz days

引っ越しました:
http://kanazawajazzdays.hatenablog.com/

[ECM2459] 菊地雅章: Black Orpheus (2012) ある奏者のLast Date

2016年04月07日 | 菊地雅章

 (何はともあれ、発売に漕ぎ着けたこと、をよろこびたい、と思う)

 誰もが知っている場所で、だけど誰も見たことがない場所へ行ってしまった、ある奏者のLast Dateを捉えた、ドキュメンタリーである。それだけで、価値はあり、またその内包するcontextは強すぎて、言葉でイイとかワルイとか、そんな戯言を跳ね返してしまう、と思う。そして、間違いなく音が持つcontextを抱きつつ聴くものに悪いものはない、いや、あり得ない。そんな皮肉な気持ちを持ちながら聴いた。

 聴いてみる。スピーカから溢れ出る音は、凄まじく美しい。コトバで捉えようとするようなつまらない行為が空しい。ただ美しいのである。キースのような天上から降りるような音でも、ハーシュのように人肌を感じさせる暖かい音、でもない。この世の中にあって、近づいている「もう一つの世界」への怖れ、や諦念、そして自分を包み込むもの全てが光り輝いているような、それも淡い光りで、そんな幸せとも不幸せとも分からぬ光陰のなかに、彼は既にいたこと、を感じてしまう。そんな、ドキュメンタリーなのだ。

 それまでの彼のソロにあったような、少ない音を畳み込むような、出てしまった音を追いかけて、更に新たな音を足していくような、そんな音の作りはあまり見られない。だから、音数は彼のソロ・アルバムとしては多い。彼のピアノ・ソロの魅力、寡音で空間を作っていくような世界は案外愉しめない。妖しい音の群が流れていく、その儚くも美しい時間を愉しむ、ような感じ。だから、大半のトラックでは、ECMでの「やや過剰な」残響付加は十分絶え得るものである。なくても、いいけれど。

 しかしながら、黒いオルフェと小さなアビイ、については明らかに残響過多だ。彼の弾き方が、彼の本来の味を出しているから。多分、「モンクの奇妙な味」から出発し、彼が到達した彼独自の音、それがこれら2曲に集約されている。強い残響によって、音の輪郭が緩くなっている、と思う。彼が意図して畳み込んだ音以上に干渉しているように感じる。

 是非、彼が遺したAfter Hoursの2枚を聴いて欲しい。残響をも喘ぎながら制御する彼のピアノの凄み、を味わうことが出来る。間違いなく、日本のスタッフのほうが菊地さんの理解者だ。

---------------------------------------------------------------------------

[ECM2459] 菊地雅章: Black Orpheus (2012)
1. Tokyo Part I (Masabumi Kikuchi) 5:52
2. Tokyo Part II (Masabumi Kikuchi) 3:57
3. Tokyo Part III (Masabumi Kikuchi) 5:33
4. Tokyo Part IV (Masabumi Kikuchi) 7:27
5. Tokyo Part V (Masabumi Kikuchi) 5:05
6. Black Orpheus/Manhã de Carnaval (Antônio Maria, Luiz Bonfá) 8:17
7. Tokyo Part VI (Masabumi Kikuchi) 6:38
8. Tokyo Part VII (Masabumi Kikuchi) 7:38
9. Tokyo Part VIII (Masabumi Kikuchi) 6:30
10. Tokyo Part IX (Masabumi Kikuchi) 7:09
11. Little Abi (Masabumi Kikuchi) 7:43
菊地雅章(p)
Recorded live October 26, 2012 at Tokyo Bunka Kaikan Recital Hall
Recording Director: Satoshi Takahashi
Recording Engineer : Masatoshi Muto
System Engineer: Shinya Tanaka

Mixed at Rainbow Studio, Oslo
Mixed by Manfred Eicher, Jan Erik Kongshaug (Engineer)

Cover Photo : Fotini Potamia
Liner Photos : Abby Kikuchi
Design: Sascha Kleis
Album Produced by Manfred Eicher

Liner Notes [English] : Ethan Iverson
Piano Tuner: Norihito Onuma
Released: 01 Apr 2016

 

 

菊地雅章のソロ

[菊地雅章] Victor Modern Jazz Sextet: Matrix (1969) 彼のラストアルバム(発売予定)との不思議な一致

菊地雅章: After Hours (1994)

菊地雅章: Aftert hours 2 (1997) 僅かな音の引力、のようなもの、そしてLittle Abi

[菊地雅章] 渡辺貞夫: Songbook (1969) 70年代の熱気に向けて

菊地雅章: 2012年10月26日 東京文化会館小ホール

[菊地雅章] Paul Motian: On Broadway Vol. 5 (2009) 浮遊するジャズ

菊地雅章: Kikuchi/Street/Morgan/Osgood (2008) 彼が生きていた時間を

日野皓正、菊地雅章:HINO-KIKUCHI QUINTET (1968) 僅か数年のことだけど

[菊地雅章] 山本邦山: 銀界 (1970) 音の少なさ

[ECM2096] 菊地雅章: Sunrise (2009) ECMとのこと、そして冥界からの便り

[菊地雅章] Gary Peacock: Eastward (1970) 耳から入る瞬間

[菊地雅章] Gary Peacock: Voices (1971) 電気・ピアノとアコウスティック・ピアノでの彼の音の流れの違い

[菊地雅章] ススト(1980) ボクのリアル・タイムの菊地雅章体験

[菊地雅章] Miles Davis: STUDIO SESSION 1978(1978) 存在で主張するのでなく、存在を消して主張する

菊地雅章: Poesy (1971) 吸い込まれるような音の奥行き・そして音だけ残った

コメント (5)