HAYASHI-NO-KO

唐松岳からの五竜岳

ウンナンサクラソウ(雲南桜草)

2021-02-28 | 冬 赤・桃色系
久し振りにこの花を見た。何度か須磨駅前の花屋で見かけた花だけれど久しく見ることは無かった。急逝した弟の娘・めぐみさんは、自宅から斎場までずっとこの鉢植えを運んだ。もう13回忌も済ませたし、彼女の子ども大きくなった。遠い日々だけれど、やはりこの花には格別の思いが残っている。雲南桜草(ウンナンサクラソウ)サクラソウ科サクラソウ属 Primula filchnerae(2021.02.25 上の丸)-- . . . 本文を読む
コメント

アオキ(青木)

2021-02-28 | 木本 冬芽・葉痕
場違いな雰囲気になっている。周囲の高木が無くなってしまったからアオキは所在なさ気だ。伐採の基準は何なのかわからないのだから、見た目には手当たり次第に伐り倒しているとしか思えない。この周辺は全て伐ることになっています…とはチェーンソウの手入れをしていた若者の言葉。▲ 雌株 ▲☆▼ 雄株 ▼アオキ(青木) ガリア(←ミズキ)科アオキ属 Aucuba japonicaAPG提案を . . . 本文を読む
コメント

ナツツバキ(夏椿)

2021-02-28 | 木本 冬芽・葉痕
今年の冬、寒くは無かった京都でナツツバキの冬芽を撮った。その折に果実殻も撮った。ところが結局はその花を撮ってはいない。咲く場所は幾つもあるのだろうに…。今日同じように冬芽を撮っている。次の年、ここで花を撮らないといけない。2017-12-02のページにそう書いたのだけれど、結局翌年に花は撮っていない。そして今日も同じ場所で花殻と冬芽を撮っている。いつもの事だけれど、その時になるまで覚 . . . 本文を読む
コメント

ナワシログミ(苗代茱萸)

2021-02-28 | 冬 樹木 果実・葉
あれだけ花が咲いていたのに…と思わせる。剪定されている葉の下にも新しい葉。果実も幾つかぶら下がっている。ナワシログミ(苗代茱萸) グミ科グミ属 Elaeagnus pungens(=E.pungens f. angustifolia、E. pungens f. megaphylla)(2021.02.25 明石公園)☆ ▲ ナワシログミの未熟な果実 花 ▲-------------- . . . 本文を読む
コメント

ニワナズナ(庭薺 スイート・アリッサム)

2021-02-28 | 冬 白色系
ナズナにそっくりの花だから、ニワナズナだったのに何時の頃からかスイートアリッサム。ニワナズナ(庭薺/sweet alyssum) アブラナ科ニワナズナ属 Lobularia maritima(=Alyssum maritimum)(2021.02.25 明石公園)--------------------------------------------------------------スイートアリ . . . 本文を読む
コメント

センダン(栴檀)

2021-02-28 | 冬 樹木 果実・葉
本丸跡広場のセンダンは二本。どちらもたわわに果実を付ける。果実殻も白い種子も殆ど無くなってしまった枝先に、まだ葉柄が残っている。遠目には幾つかの見慣れた葉痕。▲ 干からびて残っている果実。▼センダン(栴檀) センダン科センダン属 Melia azedararch var. subtripinnata(2021.02.25 明石公園)--------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

ハゼノキ(櫨の木)

2021-02-28 | 冬 樹木 果実・葉
何も無くなった櫨の木。赤く色付いていた小葉もすっかり散って、葉柄だけが残っている。その葉柄も落ちてしまった後には葉痕が残るのだけれど高木だから良くは見えない。ハゼノキ(櫨の木) ウルシ科ウルシ属 Rhus succedanea(2021.02.25 明石公園)☆ ▲ 左はこの場所の緑の葉の頃  右は須磨のハゼノキ ▲----------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

マツ ハクショウ(白松 シロマツ)

2021-02-28 | 冬 樹木 果実・葉
明石公園の二の丸に育つハクショウ。一時期、白松と表記されていた気がするのだが今は無骨な木製板に白骨松とペンキ書き。大きすぎて不粋な看板は願い下げだ。▲ 普通、松葉は二本、これは全て三本。この葉を「三鈷の松」などと持て囃して売る人たちもいるそうだけれど、さすがにここにはそんな解説など無い。▼ハクショウ(白松 シロマツ) マツ科マツ属 Pinus bungeana英名 white bark pine( . . . 本文を読む
コメント

ニホンズイセン(日本水仙)

2021-02-28 | 冬 白色系
2021.02.25 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

番外 明石公園周辺

2021-02-28 | 冬 樹木 果実・葉
石垣だけが景観重視の目的で見渡せるようになって何年もの間生長し続けて来た樹木は惜しげも無く伐採された。石垣保全の為の重機では無く、伐採の為の機材がこちらも方々に停まっている。それでも大方の印象は、明るい公園になって良かった…なのだそうだ。鬱蒼とした森では、何かが潜んでいて気味が悪い…。本来の森とは違って作り物だとはわかっていても長い年月で自然に出来た自然。人工物の城跡を . . . 本文を読む
コメント